お役立ち情報

パーソナルトレーナー 2021.3.10

NSCA-CPTを独学で取れるのか?

こんにちは。
レエールSCTSの廣谷です。

当スクールは2006年より、NSCA認定パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)の資格を取得させるスクールを開講させましたが、よくご質問を頂くのが「NSCA-CPTは独学で取れるのでしょうか?」です。

 

NSCA-CPTは独学でも取れるのか?

結論から言うと、独学でも取れるという事です。実際に、NSCAジャパンサイトの要項に沿って申込みを行えば、NSCA-CPTの資格試験を受験することは可能ですので独学でも取得できるということです、。でも実際、NSCAジャパンが発表している合格率(75%2020年)を見ると厳しい数字だと思います。

NSCA-CPTの資格試験は出題範囲が広いので、独学では難しい、スクールに通う必要がある思われる人が多く、スクールで学ばれて受験をされているので、合格率は厳しいと感じるのも無理はないように思えます。

実際、独学でNSCA-CPTの資格試験を受けるまでに、どれぐらいの時間がかかってしまうのか?

そこで関係してくるのが、試験を受ける人の知識レベルです。全く知識がない方と、ある程度、知識がある方、もしくはすでにパーソナルトレーナーとして経験を積んでいる方では違いますので、一概に独学で摂れる、取れないとは判断できかねます。

それと、少し勉強してから受験されるのは厳しいので、受験される前までにしっかりと受験勉強が必要になります。そこで日々の勉強にどれぐらい時間を使えるのか?例えば、仕事もしていなくて、1日中家にいる人と、月~金働いている人では、勉強ができる時間の確保が違うと思います。

でもほとんどの方が「独学でNSCA-CPTの資格を取るぞ!」と思っても、何をどうやって学んで行けばいいのかわからないし、時間をかけて学べば合格できると思っていないのです。

大学受験、高校受験の時のことを思い出してください。

ただ単に勉強机に座って、ひたすら勉強をしていましたか?塾に行って学んだり、受験対策をされていたりしていませんでしたか?NSCA-CPTの試験は、全く知識がない人が、頑張って独学をしたとしても、途中で挫折をするのではないかと思います。

NSCAジャパンのサイトには、合格率が75.0%(2020年度)と書かれています。

10人のうち2人以上の人は不合格になっているのです。非常に難易度が高い資格だと思いませんか?ただ、独学で受験をされたのか、スクールに通われて受験をされたのかは定かではありません!

 

なぜ、独学でNSCA-CPTの資格が取得出来るのか?

なぜ、独学でNSCA-CPTの資格が取得出来るのか?と言うご質問をいただくと思いますか?普通なら余程の資格でない限り、スクールや学校に通って資格を取ると考えますよね。でも、一部の人からは独学でNSCA-CPTの資格は取れますか?とご質問を頂きます。

このようなご質問を頂く方の傾向としては、大きく分けて4タイプ

 

今現在、パーソナルトレーナーとして活動しているがNSCA-CPTの資格が必要
・トレーニングが大好きで、自分でも長い間、トレーニングをしているので知識はかなりある
・近くにスクールがない
・働いているからスクールに通う時間がない

 

もちろん上記に当てはまらない方もいらっしゃいますが、NSCA-CPTを独学で取得したいと考える人は、ただ単にパーソナルトレーナーの資格を取りたい!と言うより、すでにパーソナルトレーナーとして活動されていたり、ある程度、パーソナルトレーナーの資格にはどんなものがあって、やはり最高峰の資格を取得をしたいという方が圧倒的に多いです。

もしくは正社員等で働いていて、時間が取れないとか、住んでいるところがそもそも近くにスクールがないなどの環境的なものもあると思います。

今では2ヶ月、3ヶ月ほどで簡単にパーソナルトレーナーの資格が取れるというスクールが増えている中で、なぜ、わざわざ難易度の高いNSCA-CPTを目指すのか。

 

なぜ、NSCA-CPTを取りたくなるのか?

2006年からパーソナルトレーナー育成スクールをスタートさせ、すべての個別説明会で、参加者の方々に「なぜ、NSCA-CPTを取りたいのか?他にもパーソナルトレーナーの資格はあるのでは?」とご質問させていただいた結果をまとめてみます。

 

・知識と技術の差が広く深いから
・パーソナルトレーナーさんにアドバイスをされたから
・やっぱりNo.1を目指したいから
・お客さまの目的を叶えてあげることが出来るようになるため
・自分に自信をつけるため
・簡単に取れる資格は不安だから

 

などが資格取得を目指すきっかけとなったそうです。

その中でも多く聞かれるのが、ご自分がパーソナルトレーナーさんからトレーニング指導を受けている時から、「なるならNSCAの資格」と言われているケースが多く、自分の担当者のトレーナーさんから進められている方が多いように思えます。

あとその次ぐらいに多いのが、「お客さんから質問された時に答えられないと恥ずかしい」と答えられます。

トレーニングの知識があったとしても、お客さんからの質問って、どんなことを聴かれるのか不安になられると思います。浅い知識では質問の答えられないのでは?と言う不安があり、深い知識を学ぶためにNSCA-CPTを目指すきっかけにもなっているようです。

たしかに、一生、パーソナルトレーナーで活動するためには、少しの知識や技術を学んだだけでは不安になるのは当たり前のような気がします。

知識や技術を簡単に身につけても、いざ現場でお客さまにトレーニング指導をすると、いろいろな反応は、時にはご質問を頂くと思いますが、その時、即座に、的確なアドバイスって広い知識だけではなく、深い知識が必要だと感じるからではないでしょうか。

お客さまからすると、NSCA-CPTの資格などご存じない方の方が多いと思います。でも、お客さまは何かトレーニングが必要だと感じ、専門の方のトレーニング指導を受けてみようと行動されます。

その時のパーソナルトレーナーの人柄も含めて、良い悪いを判断されます。

そこで感じるのが知識や技術の奥深さだと思います。その為にはやっぱり最高峰のNSCA-CPTを目指す必要があると感じるからではないでしょうか?

このNSCA-CPTを独学について取れるのかについて解説をしたいと思います。
あくまでもこの記事は我々の考えにもなります。

NSCA-CPTの資格試験も知っておくべきだと思いますので解説をさせていただきます。

 

NSCA-CPTの資格試験

まず試験は3択だという事です。

試験は、3つの選択肢から解答を選ぶ3択式です。

NSCA資格認定試験はコンピュータベース試験を採用しています。これは、紙と鉛筆を用いて試験をおこなうのではなく、コンピュータ上で試験をおこなう方法です。コンピュータの画面上に試験問題と選択肢が表示されるので、画面上で解答を選択してすすめていきます。

NSCA資格認定試験は、米国の試験管理会社ピアソンVUE(ピアソン・ビュー)が代行します。全国のピアソンVUEテストセンターから、希望のテストセンターを選択して受験します。(NSCAジャパンサイトより抜粋)

 

NSCAジャパンのサイトをご覧ください。

 

3択だということで、なんとなくわかっていたら答えられそうと思いがちですが、この3拓が曲者で一つに絞り切れないのではと考えています。

しかも試験時間は3時間で155問です。

かなり速いペースで回答をして行く必要があります。

 

NSCA-CPT試験の出題範囲

NSCAジャパンのサイトに、出題範囲が発表されていますが

  • クライアントに対する面談と評価 問題数32 25%
  • エクササイズテクニック 問題数43 31%
  • プログラムプランニング 問題数45 31%
  • 安全性、緊急時の手順、法的諸問題 問題数20 13%
  • ノンスコアード問題  15%

 

NSCA-CPTの試験の詳細はこちら

 

 

とにかく出題範囲が広い!しかも深い!!

これを3時間で解いていくって大変だなと感じます。
155問で3時間なので、1問1分16秒ほどです。
余程、理解していないと迷っていては時間が無くなります。

 

NSCA-CPTの試験日程

以前は、NSCAの資格試験は春と秋の年2回のもでした。

しかし2016年から試験の制度が変わり、随時開催ですし、試験会場も全国どこでも受けることが出来るようになりました。

 

詳しくはNSCAジャパンのサイトをご覧ください。

 

2016年4月より、コンピュータベース試験を導入しました。これにより、これまでのように決まった日時に試験が実施されるのではなく、受験者が試験会場や日時を選んで受験することができるようになりました。(NSCAジャパンのサイトより抜粋)

試験制度が変更になったおかげで、受験生にとっては受験しやすくなったということです。NSCA-CPTを独学で取得する人にとってはチャンスが広がったと思って下さい。

試験の問題は無くなったと考えられるので、あとは独学で本当に試験で合格するまでのレベルまで上がるのだろうか?

 

≪お知らせ≫
2023年1月クラスより、当スクールのパーソナルトレーナーコースが大幅に変わります!

驚きなのがこの価格!業界最安値!しかもNSCA-CPT合格保証付き!詳しくは下記をクリックして専用ページをご覧ください!↓ ↓ ↓

 

働きながら独学でNSCA-CPTを取得する

将来、パーソナルトレーナーに転職をしたい。でも、今の仕事を辞めてまで資格を取って転職する勇気はないという方も多いのではないでしょうか?

仕事をしながら独学で学ぶのも時間との戦いにもなると思います。

となると、空いた時間をどのように学びにつなげられるかだと思います。

脳の仕組みからすると、人の脳の集中力は15分が限界だと言われていることを知っていましたか?

となると難関のNSCA-CPTの資格を取るには、余程の経験者、もしくは、知識がある方なら独学でも合格の可能性があると思いますが、知識や経験がない方には1日の勉強が出来る環境などを考えると、合格するまでに相当時間がかかると覚悟しておく必要があります。

働きながら独学で取得するための心得

働きながら独学でNSCA-CPTを取得するためのポイントと言うより、心得をお伝えします。

  • NSCA-CPTを取ってパーソナルトレーナーになると強く思う
  • 先に試験日を決める
  • 合格するための勉強の計画を立てる
  • 時間を確保するために時間管理をする
  • 言い訳をしない

独学は自分次第になるため、ついつい、試験日を後回しにしてしまう傾向にあります。特にNSCAの試験が自由に決められるようになったので、ズルズル行くようになりがちなので要注意です!

長期間をかけての戦いになりますので、その為にはしっかりとした計画と、強い意志が必要になると思います。

もし自分の自信がないと感じたら

  • パーソナルトレーナーになること自体を諦める
  • 簡単に取れる資格に変更する
  • スクールで学ぶ

諦めて欲しくないですね。一度、パーソナルトレーナーになりたいと思ったからにはその意思を貫いて欲しいです。

そんな働きながら、NSCA-CPTを独学で取得したいと強い意志がある方のために、オンライン授業と、動画で学ぶハイブリット式の講座をご案内したいと思います。

当スクールは2006年からNSCA-CPTの合格に特化したパーソナルトレーナー講座を開講しています。一度、下記のLINEにご登録いただき詳細をご覧いただければと思います。

 

 

結論

独学でNSCA-CPTは取得できますが、知識や経験があって、時間も確保でき、目標に向かって努力を惜しまず出来る人は独学でも大丈夫でしょう。

でも知識も経験もなく、時間も余り確保できない、まして自分に自信がない人は、先行投資をして講座に入り、あとで回収することをお勧めしたいと思います。

ちなみに当スクールのNSCA-CPTの合格率は約95%ですが、ここ数年は誰も不合格にはなっていません!しかもオンライン講座なので、一度もスクールに来て学ぶことはありません!

実技の授業は、スクールに来て受講も可能ですし、その授業をリモートでつないでいますので、ご自宅からでも受講が可能です

特別な人、もしくは知識や経験がある人だから合格したのでは?と思われても仕方がないので、ごく一部ですが合格された方の声をご覧ください。

当スクールの合格者の声

講座の詳細は、個別スクール説明・相談会でご案内をさせていただいておりますし、ご不安な点、ご不明な点などもご相談ください!

NSCA-CPTの合格は難しいからと言って諦めたり、簡単な資格にしようと思わないで欲しいです。

まずはご相談ください!

関連記事RELATION