お役立ち情報

スポーツ整体 2021.3.18

スポーツ整体師になるためには?資格やスクールは?

整体師になりたい!整体師になってアスリートやスポーツをしている人をサポートしたい!と思われている方が、整体師を目指すのではなく、今ではスポーツ整体師として活動をされている方がいらっしゃるから、スポーツ整体師になりたい!と思うのではないのでしょうか?

スポーツ整体師とは一般の方だけの施術ではなく、アスリートやスポーツ愛好家の方などのカラダを調整する人がスポーツ整体師です。そんな整体師ではなく、スポーツ整体師になりたいと思っている方に、スポーツ整体師の資格や育成スクール、普通の整体師との違いなどについてご紹介いたします。

僕自身はスポーツ整体師として27年活動をし続けていますが、30年ほど前はスポーツ整体師と言う言葉さえなかったし、育成スクールなどもありませんでした。僕は体育大を出ていたり、スポーツトレーナーとして活動をしていて、整体の資格を取得して活動をしてきました。なので僕が経験してきてスポーツ整体師さんとはどういうものか?どんなお仕事をしているのか?どのようにするとなれるか?などをお伝えします。
スポーツ整体師と普通の整体師の違いなど、よく聞かれるのでその辺りもお伝えします。

 

スポーツ整体師は国家資格なのか?

スポーツ整体師は国家資格なのですか?と言うご質問を頂きますが、国家資格と民間資格の違いをお伝えします。

整体師でも一般の方だけの施術ではなく、アスリートやスポーツ愛好家の方などのカラダを調整する人がスポーツ整体師と言う資格をお持ちの方々です。

ただここで資格について、しっかりとした認識が必要になりますので、最初に解説をしておきます。

整体師、鍼灸師、マッサージ師、柔道整復師などの資格がありますが、まずは大きく分けると2つに分かれます。「国家資格」と「民間資格

  • 国家資格:鍼灸師、マッサージ師、柔道整復師など国が認めた資格
  • 民間資格:整体師、カイロプラクターなどスクールや団体が認めた資格

国家資格と民間資格には大きな違いがありますので、お間違えの無いようご注意ください。

 

資格の違いが分かった時点で。。。

アスリートと一般の方の施術と大きく違うのは、「パーフォーマンスアップ」です。

一般の方なら、痛みを取り除く、もしくはリラクゼーション的なことがメインになるかも知れませんが、アスリートやスポーツをしている人は、もっと上手くなりたい!などのご要望に応える必要があります。

もう少し言うと、ケガをしたくない!と言う方がほとんどなので、「ケガをしないカラダつくり」=「予防」が出来るような知識とテクニックがスポーツ整体になります。

このパフォーマンスアップをさせるテクニックと言うのが、難しい、専門的なテクニックで、一般の方々を施術していたら出来るようになるものではありません。

また整体院に行く人は、どこか痛みを抱えている人だと思われますが、アスリートは怪我をしたくないですし、パフォーマンスを向上させたくて身体の調整を行うために行くところがスポーツ整体院だと思ってください。

痛みがない状態で、カラダの動きを見たり、調整していきながら、どの部分を、どのように調整するか?

ここがスポーツ整体師の大きな武器になります!

その為に必要なスキルが、「カラダを診る力」です。

どの筋肉をほぐせば、より動きやすくなるのか?どの関節を、どのように動かせるようになれば、よりスムーズに動くようになるのか?

よりカラダの知識や、ケガの知識、痛みのメカニズムなどを理解する必要があります。

特に選手に付いて、練習場や、試合、大会会場等で施術を行う場合は、練習や試合前の調整になります。一般の方ではあまり調整しないタイミングになります。

要するに動きやすいカラダを作ることが出来るのがスポーツ整体のテクニックになります。

 

スポーツ整体師のお仕事

スポーツ整体師のお仕事は、整体師のお仕事とは変わらないと思います。(何度もお伝えしますが、スポーツ整体師の資格も、整体師の資格も国家資格ではなく民間の認定になります。)

ただ大きく変わるとしたら患者さん、お客さんがアスリート、もしくはスポーツをされている方の施術がメインになるのではないでしょうか?

一般人とアスリートでは身体は同じであっても、使い方が違いますし、痛みの調整はもちろんのことですが、試合や練習をして疲れた身体の疲労を取り除くこと、また怪我をしないためのコンディション作りが主なお仕事になると思います。

働く場所も、スポーツ整体院などの店舗での施術だけではなく、選手の練習している場所や、試合、大会などの会場でも施術することがありますので、一般人の施術とはかなり違いがあると思います。

また学生アスリート(大学生、高校生、中学生など)のサポートを学校に出向きサポートすることもできると思います。

競技にもよるとは思いますが、大学生などの部活動ではトレーナーとしてスポーツ整体師のサポートを受けているところもありますので、直接、連絡をしてみても良いかも知れません。

ちなみにですが私もスポーツ整体師として、今までに大学の部活のサポートだけでも4校、高校の部活のサポートだけでも3校ほどサポートしてきました。

意外に探していたりしますので、うまく情報をキャッチするか、情報を出し続けると出会える可能性は高いです。

今の大学生であればSNSを活用されているので、近くの大学のSNSを検索してみて、直接交渉してみてはいかがでしょうか?

また将来、トップアスリートになるかもわからないジュニアアスリートのサポートもこれからますます需要があります。あとで詳しく述べますが、スポーツの業界ではスポーツトレーナーの存在は知らない人がいないぐらい認知度が高まっています。

スポーツ整体師としてトレーナー活動もできますので、試合会場や練習場所に行ってのサポートが出来るのもスポーツ整体師のお仕事の一つになります。

 

スポーツ整体師のなるためには

スポーツ整体師も整体師と同じで、独学でスポーツ整体師になるということはできません。

その為にはスポーツ整体師を育成するスクールや学校で学び、スポーツ整体師の資格(民間の認定)を取得してから活動できると考えてください。

ではスポーツ整体師の資格を取得するためには、どのようなことを学ぶ必要があるのか?

  • 筋肉や骨、関節などの解剖学
  • スポーツにおけるケガや痛みの種類
  • 競技別のスポーツ傷害
  • ケガをした時の処置法
  • ケガの予防法
  • 姿勢評価法
  • 練習、試合前のケア法
  • 練習、試合後のケア法

実技以外でも、このようなことを学び必要があります。

アスリートやスポーツ愛好家の方は、やはりケガをしたくないので、予防の知識やテクニックを身につける必要があります。

しかも競技別で。

サッカーはサッカー特有の、ゴルフにはゴルフ特有の、マラソンにはマラソン特有のスポーツ傷害がありますので、お客さまの競技種目に合わせて予防が出来るのか?が大きなポイントになります。

それと、競技力をアップしたいと依頼されることがあります。

例えば、もっと早く走りたい、もっと高く跳びたい、勝ちたい、上手くなりたいという願望がありますので、スポーツ整体師としては、普通の整体師と違った学びが必要になります。

 

スポーツ整体師と整体師との違い

簡単に言うと、一般の方の施術を行うのが整体師、アスリートやスポーツ愛好家の方を施術するのがスポーツ整体師と思っていただいてよいと思います。

何が違うのか?

今では整形外科と、スポーツ整形外科があるように、スポーツをしている人のカラダの使い方と、一般人のカラダの使い方では全く違う部分があります。

先程も述べましたが、特にスポーツをしている人なら、勝ちたい、上手くなりたい、速く走りたい、遠くまで投げたい、柔軟性を高めたいなど、またやっぱり怪我をしてリタイヤしたくないという考えが強く、一般の方の要望とは違う要望がありますので、一般人の方を沢山施術していたから、アスリートやスポーツ愛好家の方のカラダを調整できるとは思えません。

カラダの事だけではなくて、スポーツの種目の特徴、例えば長時間走り続けるとか、スピードやパワーが必要とか、瞬間的にカラダを鵜が貸す必要があるなど、その競技やポジションなどを理解していないと、中々、アスリートからの信用は得られないと思います。

アスリートのレベルにもよりますが、レベルが高くなると選手とのコミュニケーションを重要なスキルになってくると思います。

痛みの施術だけではなく、予防のための施術、パフォーマンスアップのための施術が出来るのがスポーツ整体師の役割なので、一般的な整体師と比べて大きく違うところです。

だからスポーツ整体師のほとんどの方が、元アスリートや、学生時代までバリバリスポーツをされていた人が多いです。

ちなみにですが、私は専門競技はハンドボールですが、実は27年スポーツ整体師として色々な競技の選手をサポートしてきましたが、ハンドボールの選手は意外にもサポートしてきていません。

これは私自身の考えですが、専門種目の競技選手をサポートすると、やはり少し整体師と言うより、指導者的な選手のサポートをしてしまう気がしていますので、あえてサポートはしてきていません。

ただ逆に、専門競技の選手しかサポートしないという考えもあると思います!

 

スポーツ整体師とスポーツトレーナーの違い

スポーツトレーナーとして活動したいために、スポーツ整体師を目指される方もいらっしゃるので、ご質問にも「スポーツ整体師の資格を取得し、スポーツトレーナーとして活動が出来るのでしょうか?」と聞かれることがあります。

スポーツ整体師も、スポーツトレーナーも資格ではなく、団体の認定になりますので、スポーツ整体師でありながら、スポーツトレーナーとしても活動することも可能です。

ただスポーツトレーナーの場合は、サポートする選手やチーム、団体がイメージするトレーナーと、スポーツ整体師として身につけた知識や技術が違う場合がありますので、どのような競技やレベルなどの選手やチーム、団体をサポートするのかは事前に情報を入手しておいた方が良いと思います。

例えばチームからのスポーツトレーナーの要望に、「テーピングを巻いて欲しい」とか「選手たちにウォーミングアップをお願いしたい」などがあれば、やはりスポーツ整体師以外の知識や技術が必要な場合がありますし、もしくはスクールでそれらまで学べるのかを確認しておく必要があります。

スポーツ整体師とスポーツトレーナーでは、多少、選手やチームへの役割が違ってくると思いますので、まずはご自分でトレーナーとしてどのような技術や知識のスペシャリストなのかを明確にする必要があると思います。

27年、スポーツトレーナーとして活動をしていますが、色々なことが出来るというより、これの専門!と言えるようなトレーナーの方が、選手やチームはわかりやすいのでサポートのご依頼を頂けるようになります。

余り良くないのが、施術もできる、簡単なトレーニング指導もできる、栄養のアドバイスもできる、テーピングも巻ける、ストレッチもできる。。。何でもできますよ!と言うより、施術だけは誰にも負けません!とか、選手のパフォーマンスアップのトレーニング指導は任せてください!等と言えるトレーナーの方がサポートさせていただけることが多くなると思います。

ようするに、スポーツ整体師だろうが、スポーツトレーナーであろうが、より専門職になれるように技術や知識を取得する必要があると感じています。

今や学生の間でもトレーナーのサポートを受けている時代です。

スポーツ整体師として、スポーツトレーナーとして選手やチームから必要な人になる必要があると思ってください。

 

スポーツ整体師に資格はあるのか?

最初にも述べましたがスポーツ整体師は、一般的な整体師と同じで国家資格ではなく、民間の資格、認定になりますので、団体やスクールが認定しているものになります。

人のカラダを調整しますので、資格や認定もなしに施術を行うことはできません!

団体やスクールによって、考え方や技術などが違いますので、各団体のサイトをご覧いただければと思います。

資格取得までも、3ヶ月や半年間で取得できるものから、1年、2年かけて取得するものまでありますので、自分に合ったスポーツ整体の資格を取得するようにしましょう!

ちなみに、私自身はこの「レエール スポーツコンディショニングトレーナーズ スクール」を作り、スポーツ整体師の育成や、トレーニングも合わせて出来るスポーツコンディショニングトレーナーの育成を行っています。

詳しくは各コースのページをご覧ください。

スポーツ整体師育成コースの詳細はこちら

スポーツコンディショニングトレーナー育成コースの詳細はこちら

ジュニアアスリートトレーナー育成コースの詳細はこちら

 

スポーツ整体師の資格が取得できるスクール

アスリートやスポーツ愛好家の方を施術するためには、スポーツ整体師の資格が必要だということはお分かりいただけたと思います。

でも、一般の整体師に比べて、専門的な知識や技術が必要なので、スクールや学校があまりありません。

かと言って、整体師の資格を取得し、スポーツ整体師と名乗る訳にも行きませんので、将来、アスリートやスポーツ愛好家の方の施術を行いたいと考えるなら、スポーツ整体師を育成するスクールや学校で学ぶ必要があります。

ちなみに当スクールは、2006年からスポーツ整体師の育成を行っております。
現場で27年、一般人も含めて、スポーツ愛好家からアスリートまで、小中学生から大人まで色々な競技の選手や団体、チーム、学校などをサポートしてきた理論や知識、技術を、これからスポーツ整体師として活動をされたい方々を教育しております。

2020年からはコロナ問題の影響で、通学しなくてもご自宅で学べるように専用のサイトでいつでも、どこでも、何度でも学べるように動画での授業と、定期的にオンラインでの授業も行っていますので、動画とオンライン授業で指導しています。

また可能な方は、オンライン授業を、スクールで実際に学ぶことが出来ます。

受講生のほとんどが、働きながら将来、スポーツ整体師として活動したい方が多いので、働きながらでも純分学べるカリキュラムの内容や、サポートを充実させています。

スポーツ整体師育成コースの詳細はこちら

 

スポーツ整体の資格を通信講座で取得する

スポーツ整体師の資格を取りたいからスクールに入ろうとしても、近くになかったり、働きが成ら資格を取りたいと思っても、なかなか、スクールに通いながら厳しいと考える人も多いのではないでしょうか?

スポーツ整体師育成のスクールは、専門学校のような月曜日から金曜日、朝から夕方まで授業があり、毎日、通わなければいけないというようなものではなく、英会話スクールのような、働きながらでも、空いた時間を利用して学ぶスタイルのスクールがほとんどです。

また、2020年からコロナ問題で、出来る限り外出をしたくないとか、人込みは避けたいという方が一気に増えました。

そのため、スクール側も、通学と言うスタイルからオンラインスクールと言うスタイルに変更しているところが出てきました。

ちなみに当スクールも、2020年から以前の通信講座をオンライン授業と、動画で指導するスタイルに切り替えました。もちろん、通っても学ぶことも出来ます。

スポーツ整体師の資格を取得するために、スクールで学ぶスタイルも、以前より大きく変わってきているので、どこに住まれていても、お仕事を続けながらでも、自分の都合に合わせて学べるようになってきています。

 

スポーツ整体師としてジュニアアスリートをサポートする

私自身がスポーツ整体師として27年活動をしてきました。
また小中学生のジュニアアスリートを16年サポートしてきました。

これからスポーツ整体師として、アスリートをサポートしていきたいと考えているあなたに伝えたいことがあります。

全国にジュニアアスリートが、将来を夢見て頑張っています。

この全国のジュニアアスリートをサポートするために、2021年には「ジュニアアスリートコンディショニングクラブ(JACC)」を発足しました。

JACCの詳細はこちら

スポーツ整体師として、将来、アスリートのサポートを目指されているなら、我々と一緒にジュニアアスリートのサポートからしませんか?

ジュニアアスリートをサポートするメリット

  • ジュニアアスリートは全国にいる
  • 競技をやめない限り、長年サポートが可能
  • ジュニアをサポートしている人が少ない
  • ジュニアが痛みや怪我で困っている
  • ジュニアの保護者が病院や接骨院などを探している
  • ジュニアの保護者は他の保護者や学年が違う、競技が違う保護者とのつながりがある
  • 遠方からでもわざわざ来店してくれる
  • リピート率が高い

当スクールに併設の「レエール スポーツコンディショニング ラボ」には小学1年生のアスリートから通ってくれています。

また現在、大学2年生ですが、小学4年生から通い続けてくれています。

ジュニアアスリートの場合は、近くの子どもさんもいますが、7割以上は電車を乗り継いで、30分~1時間ぐらいかけてわざわざ来てくれています。

保護者の方から言われるのが「小学生からしっかりと見てくれるところがなくて。。。」

そうなんです。本当にまだまだジュニアアスリートをしっかりとサポートできる整体師さんは少ないと思いますので、これからスポーツ整体師を目指す方には、ジュニアアスリートトレーナーと言う認定の資格がある子とも知っていただきたいです。

 

ジュニアアスリートトレーナーの詳細はこちら

 

最後に・・・

我々は、整体師とスポーツ整体師では違う資格だと考えています。

ようするに一般人のカラダと、アスリートのカラダが違うということと、施術を受ける目的が違うと感じています。

一般人の方の場合は、膝や腰が痛いという場合に、整体院に行こう!と思われて来ていただけます。

これはアスリートのような競技者も同じです。

でも一般人の方は、痛みが治まれば、通うことをやめる方がほとんどですが、アスリートのような競技者は、痛みがなくなったとしても、痛みが再発しないようにと通い続けられたり、次の試合や大会で、より競技力が上がるように調整に来られます。

よくテレビなどでアスリートの方が「行きつけの整体院」「お世話になっている整体師」などとご紹介されているのを見たことはありませんか?

スポーツ整体師として30年近く活動をしていますが、一般人の方よりも、圧倒的にアスリートの方の方がリピートの確率は高くなりますし、長く通っていただけています。

これから整体師を目指したいとお考えの方で、整体のスクールを検討されている方もいらっしゃると思いますが、そのような方で、整体師になる理由の一つが、アスリートや、スポーツをしている人のサポートがしたい!と思って資格を取ろうと考えている方は、しっかりと整体師とスポーツ整体師の違いを理解し、スクール選びのポイントにしていただきたいです。

長年、アスリートをサポートしてきていますが、やはり一般人の方の施術を長年経験したから、アスリートの方の施術が出来るということにはならないような気がします。

ご参考までに!

 

関連記事RELATION