パーソナルトレーナー

NSCA認定パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)とはどんな資格なのか?

パーソナルトレーナーになりたい!と考えた時、実際、資格が必要なのか?どうすれば、その資格が取得できるのか?などを調べられると思います。

そんな中、NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)と言う資格があるのを知って、気になったと思いますので、今回はNSCA-CPTの資格について解説をしたいと思います。

パーソナルトレーナーとして資格は必要なのか?

パーソナルトレーナーの資格は、国家資格ではなく民間の認定になりますので、極端に言うと、認定を持っていなくても活動はできる。資格がなくても活動は出来ます。

ただ、別の記事にも書かせていただいているので、その記事を参照していただけるとありがたいですが、長く、活動し続けたいと思うなら、資格を持つことは当然だと考えて欲しいです。

今では沢山の資格を持ったパーソナルトレーナーさんが活動をされているので、これからパーソナルトレーナーになって活動をしたいと考えているなら、資格を取得する壁は、まずは乗り越えるべきだと考えています。

パーソナルトレーナーにはどんな資格があるのか?

この記事に辿り着いた方なら、NSCAの他に、NESTAやJATIなどがあることぐらいお分かりだと思います。

今ではパーソナルトレーナーの資格ではなく、理学療法士(PT)や、アスレティックトレーナー(AT、ATC)などの資格も持った方も、パーソナルトレーナーとして活動をされています。

また最近では、新しい団体を立ち上げ、新しいライセンスを発行しているところもあるので、パーソナルトレーナーの資格を取得したいと思っても、色々あると迷われたりしますよね。

今後はよりパーソナルトレーナーさんのスキルの差が、売上、収入の差になってくると思われますので、簡単に、短期間で取れる!という甘い言葉に惑わされないようにしてほしいです。

NSCA-CPTとはどんな資格なのか?

NSCA(National Strength and Conditioning Associationの略)はストレングストレーニングと、コンディショニングに関する国際的な教育団体として1978年に設立されました。

現在では世界88の国と地域において会員が活動しており、この膨大な会員のネットワークをもとに、ストレングストレーニングとコンディショニングの実践と研究から得られた最先端の情報を、論文集、ジャーナル、ウェブサイト等を通じて世界中に配信し続けています。

NSCAは他の多くのスポーツ関連団体と異なり、スポーツ科学、各スポーツ競技、医療分野、フィットネス分野などの様々な専門家グループと共に、スポーツパフォーマンスとフィットネスの向上を目的とした、適切なストレングストレーニングとコンディショニングの活用という共通のゴールを目指して活動しています。

NSCAの使命の中心は、科学者とスポーツ現場の指導者との橋渡しです。ストレングストレーニングとコンディショニングの分野に関する新しい研究の実用化を目指すことで、トレーニング指導の専門的職業としての発展を促進しています。(NSCAジャパンサイトより)

先程挙げたNESTAやJATIに比べると、NSCAの資格は取得するのにはハードルが高いです。

だからついつい、NSCA-CPTを取得したいと考えても、難しそう、自分には無理かも?と思って諦める人もいると思います。

でもやっぱりパーソナルトレーナーになるためには、NSCA-CPTの資格を取りたいと思うのはなぜだと思いますか?

研究に基づいた知識と現場での応用を広く普及する人材の育成》それがNSCA認定の資格です(NSCAジャパンサイトから抜粋)

NSCAの資格認定者数は、2018年8月末時点、全世界で延べ46,000名を超えています。
その中で、CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)とNSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)は、日本語で受験することができます。

CSCSは、1985年に認定試験が開始され、ストレングス&コンディショニングの認定資格として唯一、1993年より全米資格認定委員会(NCCA)の承認を受けている資格です。

NSCA-CPTは、1993年に認定試験が開始され、米国内はもとより、国際的に最も信頼性の高いパーソナルトレーナーの認定資格として、1996年よりNCCAの承認を受けています。(NSCAジャパンサイトより)

NSCAの資格は2つある

NSCA認定の資格には2種類あります。

NSCA-CSCS]と「NSCA-CPT

NSCA-CSCSは

傷害予防とスポーツパフォーマンス向上を目的とした、安全で効果的なトレーニングプログラムを計画・実行する知識と技能を有する人材を認定する資格です。
指導対象は主にアスリート、スポーツチームです。筋力トレーニングや他の体力要素の指導だけでなく、施設を運営、管理することも重要な職務となります。また、栄養、ドーピング、生活習慣に関する指導など、教育者的側面も併せ持っています。

ストレングスコーチ、アスレティックトレーナー、パーソナルトレーナー、医師、フィットネスインストラクター、研究者などがCSCSの資格を取得しています。(NSCAジャパンサイトより)

NSCA-CPTは

健康と体力のニーズに関して、評価・動機づけ・教育・トレーニングやコンディショニング全般の指導を行う、優れた専門的能力をもつ人材を認定する資格です。
指導対象者はアスリートだけでなく、年齢・性別・経験を問わず幅広い層に対してトレーニング指導を行います。そのため、NSCA-CPTはトレーニングの知識に加え、医学的、運動生理学的な専門知識とトレーニングの指導技術が必要となります。

パーソナルトレーナーのほか、フィットネスインストラクターやスポーツ指導者、理学療法士、柔道整復師などがNSCA-CPTを取得しています。(NSCAジャパンサイトより)

でも残念ながら誰もが受験できるという訳ではありません!

NSCA-CSCSは

  • NSCAジャパン会員である
  • 学位(学士・修士・博士)取得者、または高度専門士の称号の保持者
  • 有効なCPR/AEDの認定者
  • CSCS認定試験 基礎科学セクションに合格
  • CSCS認定試験 実践/応用セクションに合格(NSCAジャパンサイトより)

NSCA-CPTは

  • NSCAジャパン会員である
  • 満18歳以上
  • 高等学校卒業者または高等学校卒業程度認定試験(旧:大学入学検定試験)合格者
  • 有効なCPR/AEDの認定者
  • NSCA-CPT認定試験に合格(NSCAジャパンサイトより)

CPTは高校を卒業していれば受験できますが、CSCSは4年生の大学を卒業していないと受験が出来ませんのご注意ください!

少しレベルが高いというのがわかっていただけたと思います。

どうすればNSCA-CPTが取れるのか?

2016年から試験方法が変わり、コンピューターベースの試験になりました。なので、これまでのように試験日が決まっているのではなく、自分で試験日を決めることが出来るようになりました。

また試験会場も、これまでは全国で7か所での受験でしたが、全国で受験することが出来るようになりました。

選択できる試験会場は、試験管理会社ピアソンVUEのテストセンターです。また、各テストセンターの営業時間や予約状況によってはご希望の日時で受験ができない場合があります。

試験日も会場も自分で選ぶことが出来るようになったので、地方都市に住んでいる人にとっては、わざわざ試験を受けに行くために時間や交通費を使って行かなくても、近くで受験できるようになったのは大きいねですね。

NSCAの試験を受けるためには

試験を受けるまでの流れを解説します。

出願

  1. NSCAの会員になる
  2. 公式サイトの右上にある「マイページ」にログイン
  3. 受験料のお支払い
  4. 学歴証明書の郵送
  5. 出願手続き完了後、試験案内のメールが届き予約する

会費

NSCAの会員になる必要がありますが、年会費は下記の通りです。

  • 正会員:13200円(対象 個人)
  • 学生会員:11000円(大学生、大学院生、専門学校生、高校生、中学生)

受験するためには、会員になることが必須になりますので、必ず公式サイトをご覧ください。

受験料

NSCA-CPTの受験料は46000円(税込み)になります。

受験料は安くないので、まずは自分に自信が出来てからお手続きを行うようにしてください。

NSCA-CPTの出題範囲

とにかく広い!とにかく深い!

しかも試験時間は3時間です。3時間で155問あります。(うち15問はノンスコアード問題です)

*ノンスコアード問題とは、将来の試験問題を評価するために試験問題中に点在する、採点されない問題の事。

  • クライアントに対する面談と評価
  • エクササイズテクニック
  • プログラムプランニング
  • 安全性、緊急時の手順、法的諸問題

かなり広い範囲から出題されるので、広い知識と深い理解が必要だと感じています。

パーソナルトレーナーを目指すには、この難関のNSCA-CPTを取得したい!と考える人は、やはり広く、深い知識を身につけたいからだと思います。

 

NSCA-CPTの試験勉強

何となくNSCAがわかり、受験方法がわかってきたと思います。
肝心なのは、試験を受けるまでにどのようにして知識を付けて行くのか?です。

  • 独学
  • スクール等で学ぶ

ここで参考にして欲しい記事があります。
「NSCA-CPTを独学でも取れるのか?」をご案内させていただきます。

中には自分で学んで受験される方もいらっしゃいます。

ただ、全く知識や経験がない方はお勧めしていません。上記の記事にも書かせていただきましたが、しっかり学んで、早く資格を取って、いち早く現場で活動するようにしたら、スクールで学ぶ代金も回収できると思います。

自分に先行投資ですね!

パーソナルトレーナーで独立を目指す!

NSCA-CPTを目指す人なら、やはり将来的にはパーソナルトレーナーで独立したい!と考えていると思います。ちなみに当スクールの受講生の7~8割は2,3年のうちに独立したいと考えています

では、この難関のNSCA-CPTを取得すれば独立が出来るのか?

資格を取得し、知識や技術を身につけ、現場で経験を積めば、誰もが独立できるのか?

答えはYesでもあり、Noでもあります。

パーソナルトレーナーで独立するためには、税務署に開業届を出せば、誰もが独立出来ます。だからYesとも言えます。

でも独立出来たからいいのではないですよね?

お客さまが来て、トレーニング指導が出来てこそ、売上、収入が得られます。でも、そのお客さまをどうやって集めるのですか?

『NSCA-CPTのパーソナルトレーニングジム」と看板やチラシにうたえばお客さまは来てくれるのでしょうか?

だからNoにしたのは、独立出来るけど、一生、其れで食べて行けるのか?と考えたら、余程、テレビに出たり、本やDVDを出版し売れなければ、お客さまは知ってくれません。

一生、パーソナルトレーナーで独立し、一生食べていくには、パーソナルトレーナーとしての専門的な知識や技術だけではなく、ビジネスとしての知識や技術をが必要になってきます。

下記の記事をご覧ください。
『パーソナルトレーナーで独立するためにはどうしたらいいのか?』

当スクールは2006年からスタートし、現在では独立する人たちの支援も行っています!