お役立ち情報

スポーツ整体 2022.2.25

スポーツトレーナーの将来性

国内や海外でアスリートが活躍するのをテレビなどで観て、将来、サッカー選手になりたい!とか、プロ野球選手になりたいとか、オリンピックに出場したいって思う子どもも多いと思います。

それと同じように、アスリートをサポートする仕事をしたいという方も増えているのではないでしょうか?

その中で、スポーツトレーナーと言うお仕事、スポーツの世界ではトレーナーと言う役割の方が、選手などをサポートしていることは知っている方も多いのではないでしょうか?

でも、スポーツトレーナーになりたい!でも、仕事ってあるの?将来性はどう?など不安を感じ諦める人もいらっしゃるのではないでしょうか?

スポーツトレーナーとしてトップアスリートを、今ではジュニアアスリート中心にサポートして30年弱の経験から、スポーツトレーナーの将来性などをお伝えしたいと思います。

そもそもスポーツトレーナーってどんなお仕事?

一言、これがスポーツトレーナーの仕事って言うのはなく、チームをサポートしているトレーナーさんもいらっしゃいますし、私みたいにチームスポーツでも個人サポートをしているトレーナーもいます。

主に、競技力アップのためにトレーニングメニューを考え、指導していたり、怪我をした選手のサポートをするということがメインではないでしょうか?

またサポートしている選手が、日本を代表するような選手やチームだったり、アマチュアや学生アスリートを対象にされている方もいらっしゃいます。

まだまだこれがスポーツトレーナーのお仕事だというようなものはなく、チームや個人が求めるトレーナー像と、マッチするような人がサポートしているような状況です。

スポーツトレーナーになるためにはどうしたらいいのか?

スポーツトレーナーになるためにはどうしたらいいのか?ってよくご質問を頂きますが、下記のような資格を取得されてトレーナーで活躍をされています。

  • 理学療法士
  • アスレティックトレーナー
  • 柔道整復師
  • 鍼灸マッサージ師
  • 整体師

などの資格を取得されていることが多いと思います。

私自身は体育大学を出ていますが、体育大学とスポーツトレーナーは少し違いますので、体育大学に入ってトレーナーを目指すのであれば、しっかり大学のカリキュラムなどをご覧いただければと思います。

資格取得はもちろんですが、現場での経験が大切なので、インターンとして経験が積めるところがあると良いと思います。

さすがに資格を取ったから出来るというようなものではないと思います。

スポーツトレーナーの将来性は?

まずはどんなレベルの人たちをサポートしたいかにもよると思います。

日本を代表するような選手やチームをサポートするためには、限られた数の中で、やりたい!と思っている人が多いので、長く活動し続けることが出来るかと言うと、少し不安を感じるかも知れません。

ただ、一昔前より、スポーツトレーナーの存在は、誰もが知っているような時代ですので、トップアスリートでなければ、例えば大学生のアスリートぐらいだと、一部を除いてはまだまだトレーナーさんがいる環境ではないチームも多いと思います。

また我々は、スポーツトレーナー育成スクールを2006年から行っておりますが、現場では小中学生のジュニアアスリートのサポートがメインで行っていて、必要性などの面から、2021年からはジュニアアスリートトレーナーの育成も行うようになりました。

スクールに併設の『レエール スポーツコンディショニング ラボ』では、小学4年生ぐらいから、膝や腰が痛いと来てくれていますし、トレーニング指導まで受けに来てくれます。

このラボだけでも、2006年からスタートしましたが、始めて来てくれた時は小学生アスリートでしたが、中学生、高校生、大学生になっても競技を続けている限り通ってくれたりします。

またジュニアアスリートからサポートしている方が、まだまだ少ないのか、ラボは横浜市青葉区にありますが、近くの子どもたちだけではなく、電車を乗り継いで1時間も、1時間半もかけてわざわざ来てくれています。

やはりスポーツトレーナーもお仕事です。

サポートするお客さまがいなければ活動は出来ません!

だからこれからスポーツトレーナーを目指す方は、まず自分はどのようなレベルの人たちをサポートしたいか?理想だけではなく、しっかりビジネスとして活動し続けることが出来る人たちのサポートをするためにはどのようにしたらいいのかを考えるべきではないでしょうか?

それによっても資格や学び方、現場での経験の仕方も違ってくると思います。

スポーツトレーナーの将来性は、自分で切り開く力があれば、競技者レベルではなくても、スポーツ愛好家のようなゴルフ、テニス、マラソンなど、長くスポーツを楽しまれている人でも、痛みやケガをなくしたいとか、よりレベルアップのためにトレーニングで筋力や体力を付けたいと考えている方も沢山いらっしゃいますので、一昔前より、将来性は自分次第で明るい兆しだと感じています。

スポーツトレーナーとしてのこれからの活動

今、スポーツトレーナーとして必要なスキルは、専門的なスキルだけではなく、時代の変化に合わせて行く必要があると感じます。

時代に変化とは何か?

2020年からのコロナ問題により、試合や大会、練習もなくなった時期があります。
それだけではなく、感染を予防するために外出を控えたりしています。

スポーツトレーナーとしては、アスリートの側でサポートする事がメインなため、近寄れない状態が続くと、お仕事にも影響が出てくる可能性もあります。

でも、今はネット社会で、パソコンやスマホを使えば、いつでも情報が出せる時代になりました。

そこで、これからのスポーツトレーナーに必要なスキルが、インターネットをかつ買ったビジネスモデルを導入すべきだと考え、当スクールでは、ネットでのビジネスモデル作りを指導しています。

インターネットでのビジネスモデルと言うのはどういうものかと言うと、当スクールで指導しているのは、「オンラインセミナー」や「オンライン個別サポート」などです。

2020年から一気にオンラインやリモートと言う言葉が当たり前になり、ZOOMなどのツールを使えば、遠くにいても画面を見ながら話が出来ることが当たり前になりました。

スポーツトレーナーの将来を考えると、取り入れるべきだと感じています。

スポーツトレーナーと言うお仕事だけではないですが、同じような仕事をされている方がたくさんいらっしゃれば、その中でビジネスとして活動し続けることを考えるのではなく、まだ誰も行えていないビジネススキルを身につければ、今ではどこにいても、どんな人でもつながることが出来るので、次の時代のスポーツトレーナーを目指して欲しいと感じています。

もし、スポーツトレーナーとして、インターネットを使ったビジネスモデルを作り上げたいという方は、ぜひ、個別のオンライン説明・相談会にご参加ください。

詳細をお伝えしています。

オンライン説明・相談会はこちら

どんなお仕事も同じですが、将来的に息詰まるのか?開けてくるのか? は自分次第ではないでしょうか?

関連記事RELATION