スポーツ整体師の資格を取得し、アスリートの体をメンテナンスする

整体師だけではなく、治療家を目指そうと感じた時には、アスリートのサポートをしたいと感じて、治療や施術の資格を取得される方がいらっしゃいます。

 

実際、私もそうでした。

 

アスリートをサポートしたくて、最初はカイロプラクティックを学び、次に整体を学びました。

一般人の体をメンテナンスしていても、やはりアスリートの体をメンテナンスするのは違うと考え、整体とカイロ、スポーツトレーナーの知識と技術を融合し、スポーツ整体と言うものを作り上げました。

 

スポーツ整体師としてアスリートのサポートをする為には、何にポイントをつければ良いのか?

 

やはり怪我の予防と、パフォーマンスアップだと考えました。

 

スポーツ整体の技術

スポーツ整体の授業では、関節調整の『スポーツ整体』だけではなく、疲れた筋肉をほぐす『リラクゼーションケア』、少し痛みや違和感があり、動的アライメント不良の場合には『スポーツケア』や,『ジョイント・マニュピレーション・テクニック(以下JMT)』、軟部組織の癒着等には『軟部組織リリース』などのテクニックを教えており、どのテクニックを、どのような場面で使用するのかが問題になります.

我々はリラクゼーション系の整体師ではありませんので、硬い筋肉、強張った筋肉を、ゴリゴリ力づくでほぐすテクニックを教えているのではありません。

痛みや違和感などを抱えているクライアントさんのメンテナンスだけでなく、アスリートのコンディショニング調整をおこなっておりますので、痛みや違和感がないクライアントさんの調整も行つています。

アスリートであれば試合に向けての調整や、パフォーマンスアップ向上のために、怪我の再発防止にと様々なシーンでメンテナンスを行います。

それに、整体院での施術と、練習場や試合会場での施術ではメンテナンス方法が違ってきます。

痛みや違和感があるのであれば、その原因因子でもある個所のメンテナンスを行えばよいのですが、パフォーマンスアップや、試合前の調整をする場合は、クライアントさんであるアスリート本人に聞いてもわからないような不具合を、我々が見つけて調整する必要があります。

不具合を見つけたとしても、どの技術で調整するのかによって、結果は違ってきます。

例えば、前日が試合でハードに疲れきったアスリートで、痛み等がなければ、ただ単にリラクゼーションケアで、全身の筋肉の疲れを取ります。

大きな大会、目標とする大会などに向けて、身体の動きをアップさせたい時期のメンテナンスは、JMTで関節の動きをスムーズにさせます。

もちろんJMTだけで動きがすむ図になりきらない場合は、スポーツ整体で更に関節に動きを出します。

膝が痛い、腰が痛いなど少し練習等が思うように出来ない場合は、急性期出なければスポーツケアや軟部組織リリースで、筋肉の収縮力をアップさせます。

試合前で、試合会場で動きを良くする為には、ストレッチの間にJMTで、筋肉と関節を一気に緩めます。

症状や状況によって、どういう具合にコンディション調整するのが、スポーツ整体師としての役目でもあり、その技術次第でパフォーマンスが変わります。

その結果、クライアントさんが最高のパフォーマンスで、良い結果を出してくれた時は、最高の喜びを感じる瞬間です。

どの場面でアスリートをサポートするのか?
どんな症状や状況でサポートするのか?
スポーツ整体師として判断し、メンテナンスをします。

授業ではただ単に上記で挙げたテクニックを、マニュアルどおりで教えるのではなく、どのような場面で、どのようにメンテナンスをするのかまで教えています。

スクールの授業だけでは上手く伝えきらないと思っておりますので、併設のサロンやラボで、実際に現場研修を行ってみたり、アスリートの練習場や、試合会場に帯同させて経験させたりしています。

整体師になりたいけど不安を感じている人、アスリートをサポートする仕事に就きたいけどどんな仕事が良いのか迷っている人、是非、スクールにお越しください。

技術を体験していただくとはっきりわかります。

 

スポーツ整体と整体は別物なのだ、アスリートのサポートが出来ると言うのはこういうことなのだってわかりますよ。

アスリートサポートに必要な知識であり、技術ですのですので、整体師になりたい、アスリートのサポートをしたいと夢見ている方には、お勧めのテクニックです。

 

2018年より、スポーツ整体は通信講座でも学べるようになりました。
スポーツ整体通信講座の詳細はこちら

→関連コラム『スポーツコンディショニングバイブル』

contact02

サイトや資料ではご実感が難しいと思います。
当スクールでは随時スクール説明会を行っており
ご希望者には体験も行っております。

是非、実際にスポーツ整体を体験してみてください。

60.40.21.13

 

この記事を読まれた人は、下記のコラムも読まれています。

◎スポーツ整体と普通の整体の大きな違いはこれだ!

◎スポーツ整体師としてアスリートをサポートする方法

◎アスリートをサポートする!

◎軟部組織へのリリース

◎ジュニアアスリートのスポーツ障害予防!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です