スポーツトレーナー育成×ジュニアアスリートサポート

こんにちは。
レエールSCTSの廣谷です。

 

2019年のスポーツ界は、何と言ってもラグビーW杯で盛り上がりましたね。
裏でプロ野球の日本シリーズが開催されていましたが、ほとんどニュースにもならないぐらいでした。(笑)

2020年は東京オリンピック

益々日本中が、スポーツ熱で盛り上がる年になるでしょう。
今から楽しみで、楽しみで。。。。(チケットは当選しませんでしたが)

 

ラグビー日本代表の大活躍で、ラグビーを始める子どもたちが一気に増えたそうです。

スポーツは街の活性化にもなりますので、もっともっと盛り上がって欲しいですね。

 

さて、我々スポーツトレーナーとしては、小中学生アスリートのサポートを、10数年前から力を入れていますが、10数年前よりも小中学生アスリートがトレーニングを受けに、スポーツ整体を受けに来てくれています。

早い子で、小学4年生ぐらいから腰が痛い、膝が痛いで来店したり、姿勢が悪い、体幹が弱い、体が硬い等でパーソナルトレーニングを受けに来てくれています。

これは横浜に限った訳ではないと思います。

 

4年ほど前には、6年間月1で北海道の函館に行って、ジュニアアスリートを中心にサポートをしていたことがありますが、函館でも同じでした。

昔よりも子どもの体が、良い部分もありますが、悪い意味でハードな練習に耐えきれない状態のまま、練習い続けている子が圧倒的に多いのでしょう。

スポーツトレーナーのサポートが必要

頑張って練習をしている子の方が、ケガのリスクも高くて、結局、中学生の頃の成長期にバランスを崩し、痛みを抱えているような状態です。

本当にもったいない状況だと感じています。

やはり成長期の子どもだからこそ、メンテナンスやトレーニングが必要なのではないでしょうか?

まだまだ、痛いと言えば、練習を休むだけ
トレーニング言えば、腹筋、背筋、腕立て伏せ、ランニング。。。

子どもの成長期には、しっかりとメンテナンスが出来、トレーニング指導が出来るスポーツトレーナーの存在が必要不可欠になってきていると思います。

 

子どもの成長期に起こりやすいスポーツ障害で、皆さんもご存じなのが「オスグット・シュラッター氏病」(膝のお皿の下の痛み)や「シーバー病」(踵の後ろの痛み)、腰椎分離症など、まだまだ子どもの時期は、骨が柔らかい状態なので、上記の症状がおこりやすい状態です。

本来なら練習を休ませるだけではなく、予防のためのメンテナンスやトレーニングが必要になります。

 

しかし、保護者の方やコーチ、指導者の方々は、まだまだそれらの予防はご存じない方がほとんどです。

 

トップアスリートのサポートを見ていただけるとわかりますが、コーチや指導者とトレーナーは分業です。
長年、トップを目指すアスリートをサポートしてきましたが、体の専門家としてトレーナーの存在は当たり前になっています。

でも、小中学生アスリートのスポーツの現場では、よほどトップレベルでない限り、トレーナーの存在ははとんどないのが現状です。

スポーツトレーナー育成を通信講座でスタート

2006年より、当スクールは横浜市青葉区に開校しましたが、当時は通学コースのみで展開していました。

しかし、全国のジュニアアスリートが痛みで悩んでいたり、体の状態が悪いまま練習をし続けている状況を考えると、黙っていられなくなり、2018年より「スポーツ整体」「NSCA公認パーソナルトレーナー」を育成する通信講座をスタートさせました。

 

通信講座の詳細はこちら

 

スポーツ整体師+NSCA公認パーソナルトレーナー=スポーツコンディショニングトレーナーを、通信講座でも育成できるようになりました!

また2019年からは、コーチや指導者、保護者の方が、自宅等で子どもの体をケアできるような「スポーツ整体ベーシック通信講座」もスタートさせ、スポーツにおける怪我を最小限にまで予防できるように、また痛みが出た場合でも、自分たちである程度メンテナンスが出来るようにしました。

 

スポーツ整体ベーシック通信講座の詳細はこちら

スポーツトレーナー育成×ジュニアアスリートサポート

子どもの体をサポートするには、簡単にできることもありますが、より専門的に知識を付けないと、完全にはケガの予防にもつながりませんし、パフォーマンスアップにもつながりません。

だから我々講師人と、スクール受講生、卒業生等で、全国の子どもたちのサポートを、リアルサポートだけではなく、ネットでのサポートも行えるような環境を整えています。

 

2019年より、当スクールに併設の『レエール スポーツコンディショニング ラボ』でトップジュニアを目指す子どもたちに『コンディショニング塾』と言う名称で、リアルでサポートを始めました。

ただ単にNSCAの知識だけではなく「目と脳と体」の連携を高める当スクールのオリジナルメソッドで子どもたちのケガの予防や、パフォーマンスアップをスタートしました。

また、保護者の方にも、子どもの能力の高め方などのメールマガジンを発行したり、オンラインセミナーなども開催しております。

今後は、この『コンディショニング塾』を会員制にして、ネットで色々な情報をご提供したり、ご質問等があればお聞きできるようなサポートを行う予定です。

 

2020年からは、当スクールの通信講座等で学ばれた人たちの地域で、トレーナーの育成や、保護者向けのリアルセミナー、実際に子どもたちへのサポートを展開していきます。

 

実例を挙げると

受講生の中に、同じ神奈川県ですが、別の地域で小中学生のサッカー少年のお母さんがいらっしゃいます。
その方のサッカーチームの保護者向けのリアルセミナーを、その受講生の教育も合わせて展開します。

このパターンを、全国でできるように、まずはジュニアアスリートをサポートするスポーツトレーナーの育成を行い、併せて、その受講生の地域の子どもたちをリアルでサポートして行く予定です。

我々が出向いてリアルでサポート出来るには限界がありますので、ネットでもサポートをしながら、リアルでは受講生が行えるように指導をして行こうと考えています。

 

スポーツ環境を整える

子どもは少なくなったとはいえ、まだまだ子どものスポーツ熱は冷めるはずはありません!

逆に保護者の方々が、昔より熱心にサポートをされている方が増えているので、よりそういった保護者の方々のために、我々の知識や技術をご提供し、当スクールで育成した受講生をマッチングさせることをして、ジュニアのスポーツ環境を整えたら、もっともっとジュニア期の怪我や痛みは少なくなりますし、練習だけではなく体つくり、能力アップを行えばパフォーマンスアップにもつながるはずです。

 

将来、ジュニアアスリートをトップアスリートにしてみたいと思いませんか?

スポーツトレーナーになり、スポーツ環境を整えて、街の活性化委をしてみたいと思いませんか?

日本のスポーツレベルを、もっと高めるお手伝いをしたいと思いませんか?

ケガで苦しむ子どもたちのサポートをしたいと思いませんか?

 

そんな熱い方々がスポーツコンディショニングトレーナーを目指してくれることをお待ちしております!

 

当スクールの資料のご請求はこちら

 

とにかく話を聞いてみたいという方はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です