スポーツ整体師としてカラダを診る力を養う

こんにちは。
レエールSCTSの廣谷です。

 

スポーツ整体師の育成を行っておりますが
やはりアスリートをサポートするために重要な事は

 

「怪我をさせないこと!」

 

当たり前の話です。
でも我々スポーツ整体師は
カラダを診る力を養い、
実際に現場でアスリートのカラダをチェックする必要があります。

 

 

どんなに筋肉や骨、関節などの解剖学の知識があったとしても
どんなに色々な手技療法の技術があったとしても
クライアントさんのカラダが診れなければ
予防はできません!

 

ただ単に、筋肉をほぐしたり
関節を調整したりするだけで
予防になる可能性もありますが
しっかりと予防の知識と技術を身につけて
ケガから体を守らなければなりません!

 

 

下記の動画をご覧ください。

 

スクール生に、自分で授業で教える体の動きを
実際に動画で撮らせて、皆で見るということを行っていますが
その為の解説動画です。

 

1人だけの動画だとわかりませんが
沢山の人の動画を観比べると
なんかここが変だな?
って気が付くようになります。

 

スポーツ整体師としては
そのおかしな動きを見逃さないために
カラダを診る力を養っています。

 

 

ケガの予防が出来るようになるということは
カラダの動きが良くないところを見つけ
スポーツ整体の技術で改善させるので
それはパフォーマンスアップにもつながる場合がほとんどです。

 

  • もっと上手くなりたい
  • もっと速く走りたい
  • 高くジャンプできるようになりたい
  • 遠くに投げれるようになりたい
  • 素早く動けるようになりたい

上を目指すアスリートなら誰もが思う気持ちです。

 

我々スポーツ整体師はトレーナーと言う立場で
アスリートのカラダを預かっています。

 

ケガを予防することは
パフォーマンスアップにもつながるということを認識して
知識や技術を身につけるのと同じように
「カラダを診る力」も高めて欲しいです。

 

スポーツ整体通学コースの詳細はこちら

スポーツ整体通信講座の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です