パーソナルトレーナーのSNS集客術

こんにちは。
レエールSCTSの廣谷です。

 

昨年から通信講座で
パーソナルトレーナーを志望しているスクール生に
「起業塾」としてSNS集客術を教えています。

 

起業塾通信講座の詳細はこちら

 

何故、パーソナルトレーナーにSNS集客術を指導しているのか?

何故、パーソナルトレーナーを目指す人に
SNSでの集客術を教えているのかというと
理由は2つ

 

  1. 差別化が必要だから
  2. ほぼ無料で宣伝できるから

 

パーソナルトレーナーとして活動している人が沢山います。
パーソナルトレーナーになりたいと思っている人も沢山います。

 

ますますパーソナルトレーナー人口は増え続けると思います。

 

そんな中で
フリーで活動をしようと思ったり
パーソナルトレーニングジムを開業したいと
思っていても
お金、収入、売上に不安を感じ
パーソナルトレーナーになるのを諦めてしまう人も沢山いらっしゃると思います。

 

その為には他のパーソナルトレーナーさんとの
差別化が必須になります!

 

差別化の方法も
色々と考えがあると思いますが
知識や術を身につけることも大事ですが
どうお客さんに知ってもらうのか?
気に入ってもらうのか?
も大切な要素です。

 

宣伝広告費を沢山掛ければ
認知度もアップすることもできる可能性がありますが
スモールビジネスの我々は
広告宣伝費を出来る限りかけたくありません!

 

そんな人たちに
絶対必要なのがSNSを使った集客術だと
感じているので、別の講座で教えるようになりました。

SNS集客のメリット

Facebook、YouTube、Instagram
などSNSも色々とあります。

 

SNSを使った集客術のメリットをお伝えしたいと思います。

 

  • 誰もがいつでも始めることが出来る
  • ほぼ無料で始めることが出来る
  • 24時間365日情報を出すことが出来る
  • ファン化させることが出来る
  • 必要な人にだけ情報を出せる

 

など、メリットは色々とあります。

 

もう1日でも早く
SNSを使いこなせるようになることが必要不可欠になります。

 

もしこの記事を読んでいただいた方で
これからパーソナルトレーナーを目指そうと思っている人なら
資格を取得することと同じぐらい
SNSの使いこないことを考えて、
今すぐにでも始めてください!

SNSでは何を伝えればいいのか?

集客をすぐに考えるのではなく
自分はどんなパーソナルトレーナーなのか?
を伝えるようにしてください。

 

SNSで伝える前に準備することをまとめてみます。

  • 自分はどんな人たちをサポートしたいのか?
  • その人はどんな悩みを抱えているのか?
  • 自分の強みは何か?

まずはこの3つをノートにでも書き出してください。

 

間違っても自分をアピールしすぎたり
宣伝に走り過ぎると
興味を持たれなくなります。

 

伝えたいことは
お客様になる人の知りたいことです!

 

まずは自分がサポートしたい人を決めて
その人がどんな悩みを抱えていて
どんなワードで検索をしているのか?を考えることです。

 

例えば

  • 40代女性がダイエットをしたい
  • ランナーがもっとタイムを縮めたい
  • 70代の男性が健康維持をしたい

等お客様になる人の悩みや目的があるはずです。

でもその人は、まだトレーニングをしたいと思っていません!

 

その人たちにSNSでメッセージを伝えればいいのです!

 

先程の人を例にします。

40代の女性がダイエットをしたい
でも、動きたくはない、子どもがいるから家から出にくい
何度もダイエット法を試したが効果がなかったなどが悩みです。

 

じゃああなたはSNSで
何を伝えればいいのか?

 

「自宅で簡単にできる簡単エクササイズ」
「子どもと一緒に楽しくダイエット」
「リバウンドしないトレーニング法の秘密」

などの記事があると
読みたくなりませんか?

 

ダイエットをするためには
トレーニングが必要だと専門的な記事を書いても
そもそも動きたくはない、トレーニングは自分には向いていないと
思っている人に専門的な記事は見向きもてくれません。

 

お客様が読みたくなる記事やタイトルを
選ぶことが重要な要素ですが
その前に、誰をターゲットとするのか?
その人は何で悩んでいるのか?

 

その人に自分はどんな情報を提供できるのか?

 

SNSを使えば
それらの情報を出し続けることが出来ます。

 

ただ単に記事をアップするのではなく
お客さんを想定することから始めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です