パーソナルトレーナーの資格を取得したいと考えている人たち

こんにちは。
レエールSCTS代表の廣谷です。

 

ここ数年、パーソナルトレーナーの資格を取得したいと考える人が増えています。

でもこのようなお悩みがあるようです。

  • NSCAの資格取得は難しいのでは?
  • NSCAと他の資格の違いは?
  • 資格は必要ですか?

など資格取得で迷われている方が目立ちます。

 

スクール説明会に参加された方が
上記のようなご質問をされると下記のようにお答えします。

 

NSCAの資格取得は難しいのでは?

正直に言うと、難しいです!(笑)

でも人をサポートするお仕事です。
簡単に取得して、現場で沢山の人を喜ばせることはできるでしょうか?

 

難しいにも理由があります。

 

ちゃんとした知識がないと万が一、クライアントさんに怪我をさせてしまったらどうしますか?

 

基礎の基礎から学び、広い範囲で知識を身につけ
深い理解がないと、パーソナルトレーナーとして長く続けることはできないと思っています。

 

でも当スクールは、
週2日の半年間で、9割以上の人が1回でNSCAに合格している実績があります!

難しいとは感じさせません。

 

NSCAと他の資格の違いは?

NSCAの他にもNESTAやJATIなど
パーソナルトレーナーとして活動するための資格やライセンスがあります。

 

資格を取得をした後、どういう人たちを、どのようにサポートしたいか?
にもよると思います。

 

各団体とも少し特徴がありますので
パーソナルトレーナーになりたいだけではなく
どのような人をサポートするトレーナーになりたいのかを明確にする必要があると思います。

 

ちなみに当スクールは
「スポーツコンディショニングとれーなー」という名称で
スポーツ整体と両方を学んでいただき
アスリートやスポーツ愛好家の方々を広くサポートが出来るようになるトレーナーを育成していますので
スポーツ医学に力を入れているNSCAの取得に特化しています。

資格は必要ですか?

正直に言うと、パーソナルトレーナーとして活動するためには
ライセンスや資格がなくても可能です。

 

でも少しの学びと、実技を学んだとして活動が出来ても
お客様は満足されるでしょうか?

 

当スクールにご入学される方で
現役のパーソナルトレーナーさんがいらっしゃいます。

その方に、何故、NSCAの資格が必要になったのですか?とお聞きすると

  • 職場からNSCAの資格を取得するように言われた
  • お客様からの質問に答えられないことが多いから
  • 実技だけでは不安だから
  • 他のトレーナーさんがNSCAを取得されているから

などです。

 

実際に、資格を取得していなくても、研修で現場で活動が出来るところもありますが
かたや専門的なパーソナルトレーニングジムも増えています。

長く活動し続けるには、しっかりとした知識を持っていなければ途中で不安になると思います。

 

また将来、独立を考えているのなら
プロフィールでNSCA-CPTと書いていた方が、
お客様も安心すると思います。

 

だからやはり資格は必要だと考えています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です