何故、現役パーソナルトレーナーさんが入学をされてくるのか?その理由とは?

こんにちは。
レエールSCTSの廣谷です。

 

ここ5年ぐらいで、パーソナルトレーナーを志望される方が増えています。
年齢層も10代後半から50代まで、
ご入学される方の幅も広がりました。

 

ちなみに
当スクールにご入学された方で
一番若かった方は高校を卒業されてすぐで
一番年齢が高かったのは60代の女性でした。

 

 

最近では
現役パーソナルトレーナーさんが
ご入学をされてきた理、スクール見学にいらっしゃるケースが
目立つようになっています。

 

そんな方々に理由を聞くと
一番多い理由が

「知識が不足していると感じるようになった」
です。

 

それを感じるのはどういう時ですか?
とお聞きすると

「お客様からのご質問で答えることが出来ない」
と言うことです。

 

一昔前より
パーソナルトレーナーさんに、トレーニング指導を依頼する人が増えています。
また今までに、パーソナルトレーナーさんに指導を受けてきた人も増えています。

 

と言うことから考えると
ある程度、お客様からの要望や
要求が高くなってきているので
普通に、言われるがままトレーニングされているのではなくなってきているからだろうと考えられます。

 

となると
パーソナルトレーナーさんへの要望が高くなってくるのは
これから益々出てくるだろうと思われます。

 

 

そこで、可能な限りでお聞きしています。

「今まで、現場でトレーニング指導できるようになるまで
どのようなスクール、資格、研修、学びなどをされてきましたか?
とお聞きすると

 

  • 独学で学んだ
  • 約1か月ぐらいの研修で学んだ
  • 実技が中心のスクールで学んだ
  • 簡単なライセンス取得した
  • 週1の半年間のスクールで学んだ

などとお答えいただきました。

 

現在、パーソナルトレーナーとして活動されている方の中には
独学で素晴らしい知識や技術を取得されている方もいらっしゃいます。

 

でも、一部の人たちだけが
パーソナルトレーナーとして成功されているだけで
不安を抱えながら、現場で活動をしているパーソナルトレーナーさんも
実際には沢山いるのではないか?と感じます。

 

 

一部では
NSCAの資格は、取得が難しいと感じ
諦めてしまう人もいらっしゃると思います。

 

当スクールのパーソナルトレーナーコースは
週2日(合計10時間)、
月40時間で、半年間なので合計240時間は学び続けます。

 

勿論その中には実技も含まれます。

 

それでようやくNSCAの資格試験に臨みます。

 

そこで資格を取得したら
次は現場でプロとして活動できるように学びます。

 

スクールのご入学される方
スクール説明に参加される方に、
今までの学びの時間を聞けば
240時間は圧倒的に多いです。

 

簡単に学んで現場で活動が出来るようになっても
不安になるのは、プロになるまでの知識量の差が
余りにも違うからだと痛感します。

 

簡単にパーソナルトレーナーになろうと思わず
一生、活動していくためには
基礎の基礎から学び、お客様に安心される
パーソナルトレーナーを目指して欲しいと感じています。

 

240時間は多く感じると思いますが
学び始めるとあっという間です。

 

しっかり知識と技術を身につけ
お客様から満足されるパーソナルトレーナーを目指しませんか?

 

パーソナルトレーナーコースの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です