パーソナルトレーナーとして成功をするかしないかは自分で決めている

こんにちは。
レエールSCTSの廣谷です。

 

2019年10月で
スクールを開校して丸13年です。

 

スクールを開校した時点では
パーソナルトレーナー?
NSCA?
スポーツ整体?
って感じでしたが、
今や知っている人が増えてきました。

 

おかげさまで
10代後半の方から60代の方まで
幅広い年齢層のスクール生がいらっしゃいます。

 

ただ、スクールにご入学されて
同じように学んで、
資格を取得されても

 

やっぱりプロとして活動出来る方と
プロとしては厳しい方の差があることがわかっています。

 

 

ではどんな人がトレーナーとして
プロとして活動し続けることが出来るのか?

 

僕が経験した上での感想ですので
すべてがそうだとは言い切れません!

 

  1. コツコツ努力される方
  2. とにかく行動が早い方
  3. 夢や目標が高過ぎない方
  4. 人の喜びが自分の喜びだと思う方
  5. 常にチャレンジ出来る方
  6. とにかく素直
  7. 色々な知識を持っている方
  8. 自己肯定感が高い方
  9. 気遣いが出来る方
  10. 話し上手に聞き上手

 

案外、専門的な知識があるとか
専門的なスキルがあるというレベルより
人として、お客様から尊敬される人が好ましいと思います。

 

逆に
プロとして活動していくには厳しいなと思う人も挙げてみました。

 

  1. 自己肯定感が低い方
  2. 人の話が効けない方
  3. 失敗を恐れている方
  4. 周りの目を気にしている方
  5. 努力せず成功をしようと考えている方
  6. すぐにお金を気にする方
  7. 自分はこうだ!と決めつけている方
  8. 誰か、何かのせいにすぐする方
  9. 今の仕事が嫌だから転職しようと考えている方
  10. 仕事に就けないからトレーナーになろうと考えている方

 

なれそうにない方も10個挙げてみました。

 

どうですか?

 

スクールで教えているのが
専門的なスキルよりも、マインドの方が肝心で
2:8の割合と言ってもいいと思います。

 

自分に自信がない方は
何をやっても同じです。
どんな職業に就いても同じです。

 

でも自信がないと思っているのも自分なのです。

 

じゃあ、自分を変えればいいんだ!
と思って変えれる人よりも
どうせ自分は無理とか
自分の性格はこうだからと言って
なかなか変えようとしない人もいます。

 

でも自分を変えることって
本当は出来るのですよ。

 

でもできないと思っている人は
変えることはできないし、
変えれるのかも?と思った人だけが
変えることが出来る
不思議なようで簡単な話です。

 

だから昨年から起業塾講座をスタートさせ
このマインドを高める講座も行っています。

 

要するに自分を変えていけることが出来れば
パーソナルトレーナーとして活動し続けることが出来ますよ。

 

 

当スクールにもよくご質問を頂くのが
「NSCAとNESTAではどっちの資格がいいのですか?」
「パーソナルトレーナーの資格がなくても大丈夫ですか?」

 

これは自分で決めるもの。
人に聞いているようでは成功はあり得ないと思います。

 

自分が努力せずにトレーナーになりたいと思っているのか?
自分は資格なしでも、資格保持者以上に努力しようと思っているのか?
で、資格が必要か必要でないかは変わると思います。

 

ようは楽してプロとして稼げるように
なりたいというマインドは絶対にダメ!

 

楽をするのはお客様
自分自身ではないです!

 

今回は少しトレーナーとして
活動が出来る人、出来ない人をまとめてみました。

 

トレーナーというお仕事は
まず自分自身が、この仕事を誇りに持ち
常に努力をしようと行動できる人

 

今流行っているからとか
楽しそうだからとか
ただ単にトレーニング好き
だけでは厳しいかも?

 

専門的なスキルも大事ですが、
パーソナルトレーナーとして活動し続けるためには
自分次第だということです。

 

自信がない方こそ
自分を変える!
自分を磨く!
事から始めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です