整体師で独立開業を目指すために重要な事

こんにちは。
レエールSCTS代表の廣谷です。

 

スポーツトレーナー、スポーツ整体師をスクールで13年育成していますが、
将来、独立を目指す人たちがほとんどです。

 

「独立するためには何が必要ですか?」

 

もしくは
「独立するためには、何を学べばいいですか?」

 

本当によく聞かれます。

 

当スクールでは
アメリカの資格「NSCA-CPT」の取得と
スポーツ整体師の認定を取得させています。

 

果たしてこれだけで大丈夫なのか?

 

僕が独立をしたのは
今から23年前でした。

 

まだあまり整体師で
独立をされている人が多くいなかったので
流れで(笑)独立していました。

 

でも今やリラクゼーションサロンや
接骨院、パーソナルトレーニングジム
などを入れると、
コンビニの数より多いと言われています。

 

この中で
資格を取得し
技術を習得して
独立し、安定して売上を確保するのは
不安なるのも当たり前のことです。

 

 

じゃあ、
独立は無理なのか?

 

一部のすごい人しか
独立出来ないのか?

 

 

いやいや
そんなことはないですよ。

 

 

逆に
考え方、行動を
変えればいいのです!

 

 

今まで
色々な業界の方の
成功話や
独立秘話などを
本を読んだり、
セミナーに参加したりと
学んできました。

 

 

すると
独立し、成功する人の
思考や行動が
普通の人と違う
ということがわかったのです!

 

 

その考え方、行動とは何か?

 

 

 

全く逆

 

 

全く逆?
と思われるでしょう。

 

どういう意味?
ってなりますよね?

 

 

成功する人は思考と行動が違う!

普通の人の思考と行動パターンから
説明をしていきましょう!

 

仮に整体師で独立したいと
考えている人で例えます。

 

整体師で独立する

スクールの通う

知識や技術を学ぶ

資格を取得する

整体院に就職する

独立する

 

これ
本当は間違っていないのですよ。

 

でも成功者は何が違うのか?

 

「知識や技術の学び方」です。

 

整体の技術を学んだり
解剖学などを学んだり
と色々と学ばれていると思います。

 

 

でも現場で施術を行うと
お客様に喜んでいただけない
リピートしない
と不安になる人がいます。

 

 

だからまた
違う技術を学ぶために
高い講座代を払って
習得されます。

 

これが悪いわけではありませんよ!

 

 

僕もずっとこのパターンでした。

 

最初はカイロプラクティックを学び
3年後には整体を学び
また3年後には違う技術を学ぶ

 

これの繰り返しでした。

 

 

この時僕の思考です。

 

沢山の技術や知識があると
色々な資格があると
お客様に満足してもらえ
リピートしてもらえると・・・・

 

 

これは当たり前のことです。

 

中途半端な技術や知識は
絶対にお客様は満足しません!

 

 

でも逆に
知識や技術や資格があると
満足されるのか?

 

 

いや違います!

 

 

お客様は
整体院に求めているのは

 

もちろん技術や知識も大事です。
でももっとシンプルに考えてください。

 

 

痛みを取り除いて欲しい

 

です。

 

では技術があれば
知識があれば
お客様の痛みを
取り除くことが出来ると思いますか?

 

 

 

出来るかも知れません!
偶然に。

 

 

偶然、取り除くことが出来ても
毎回、色々な症状の人を
同じように結果を出し続けて
行けると思いますか?

 

 

じゃあ、反対の思考、
行動をお伝えします!

 

 

お客様の体を診る力があるか?

 

 

 

逆の思考と行動というのは
まずはお客様の体を診ることをしないと
腰痛の人の調整法
肩こりの人の調整法
下半身にはどんな筋肉がある
上半身にはこんな筋肉がある
と学んでも
お客様の体は一人一人違います。

 

痛み方、日頃の体の使い方が違います。

 

腰痛の調整法を学んだとしても
その為の解剖学を学んでも
結果を出せない人がいるのが現場です。

 

現場で結果が出ないから
不安になって
また違う技術や知識
資格を取得されます。

 

 

延々、同じ結果ですよ。

 

 

案外、体を診る力を
教えている講座って少ないですよ。

 

 

だから
僕はスポーツ整体の授業の
半分近くを体を診ることに
使っています。

 

 

体を診るためには
解剖学は絶対に必要です。

 

 

でもその前に
問診、聞く力を養わないと
お客様がどこどこの筋肉が硬いから
腰痛になりました!
と言ってはくれません。

 

痛いところばかりを言ってきます。

 

その人の痛みの原因は
自分の体でもわからないところにあります。

 

その原因箇所を見抜くのが
我々の役目ではないでしょうか?

 

 

腰痛で病院に行かれた人は
よくわかると思います。

 

「レントゲンを撮りましょう!」
「骨には問題はないですので、
当面、安静にしておいてください。」
「湿布薬を出しておきますね。」

 

 

原因は見つけてくれていません!

 

 

僕の施術を受けていただけると
よーくわかります。

 

体のどこに問題があるか?
体のどこに不具合があるのか?

 

問診とボディチェック
触診で判断し
原因を探し出し、
そこを取り除いています。

 

23年
スポーツ整体師として
やってこれたのも
お客様の体を診る力があるからです。

 

 

整体師で独立を考えている方
体をしっかり見る力を養える
スポーツ整体を学んでみませんか?

 

痛みで苦しんでいる
悩んでいる
諦めかけている人は
どれだけ沢山いるか?

 

そのような悩みを抱えている人を
我々が救ってあげるだけで
どれだけ喜ばれるか?

 

本気で整体師を目指したいなら
スポーツ整体師として育て上げます!

 

スポーツ整体師通学コースの詳細はこちら
スポーツ整体師通信講座の詳細はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です