スポーツトレーナーとして独立し、トップジュニアアスリートを育成する

こんにちは
レエールSCTS代表の廣谷です。

私自身、サラリーマンを辞め、スポーツトレーナーとして独立し20数年。
トップアスリートのサポートも行ってきましたが、ここ10数年はジュニアの育成に力を入れています。

これからはトップジュニアアスリートが育成できるように環境を整え、皆さんを、スポーツトレーナーとして独立し、ジュニアの育成に携われるように指導をしていこうと考えています。

 

まず、我々が考えるスポーツトレーナーとはどういうものか?

スポーツトレーナーとしてのお仕事

当スクールは、スポーツトレーナーをスポーツコンディショニングトレーナーと呼び、「NSCA認定パーソナルトレーナー」+「スポーツ整体師」の資格と取得させ、アスリートのトレーニング指導や施術を行えるようなお仕事をする人たちです。

特に小中学生アスリートからトレーニング指導や体の調整をすることがお仕事になります。

トレーニング指導では、基本的なトレーニングの知識を身につけ、クライアントに合ったトレーニングメニューを作成し、指導を行います。

また施術は、膝や腰や肩など、痛みが出て時点での対応や、再発を防止するように施術を行います。

それ以外には、勝つために、よりうなくなるために、競技力アップのための調整も行えます。

パーソナルトレーナー+スポーツ整体=スポーツコンディショニングトレーナーとは、そういった役割のトレーナーです。

 

スポーツトレーナーとしての資格

パーソナルトレーナーの資格ではNSCA認定パーソナルトレーナーの資格(NSCA-CPT)取得を目指してもらいます。

それに加えてスポーツ整体の技術も身につけていただきます。(当スクール認定資格)

資格を取得するためには方法が2つあります。

  1. 通学して資格を取得する
  2. 自宅で通信講座で資格を取得する

 

通学でスポーツコンディショニングトレーナーをご希望の方はこちら

通信講座でスポーツコンディショニングトレーナーをご希望の方はこちら

 

お住まいや空いている時間などの環境に合わせて、通学と通信をお選びすることが出来ます。

スポーツトレーナーとして独立する

そもそもスポーツトレーナーになりたいと思われるのは、資格取得が目的ではないはずです。
今の仕事を辞めて、スポーツトレーナーとして活動していくために資格を取得したり、知識や技術を身につけるのですよね?

数年後には独立することが大きな目標なのではないでしょうか?

 

NSCAを取得したり、スポーツ整体の技術を学んでも、独立できる人もいれば、独立出来ない人もいます。
もちろん皆さん独立をしたいと考えて、スクールにご入学をされてきます。

 

ではどうすれば独立できるのか?

 

独立は簡単です!
今の仕事を辞め、スポーツトレーナーになりました!と言えばいいのです。

 

それじゃ独立と言わないですよって怒られそうですね。

そうです‼独立は宣言するだけでいいかも知れませんが
ビジネスとして、いわゆる稼いでいかなければいけません。

フリーになったり、開業すれば、今までのように会社から職場から安定した収入を得ることはできません!

では、どうすれば稼ぐことが出来るのか?

 

それも簡単です!

お客様に来てもらえればいいのです!

 

もうお分かりになりましたよね?
スポーツトレーナーで独立するためには、お客様に来てもらって稼がなくてはなりません!

お客様に来ていただく=集客力
を身につける必要があります。

では、集客力を身につけるということはどういうことか?

 

当スクール生が独立して最初に頭打ちするのが、やはり「お客様が来てくれない」です。
どうすればお客様が来てくれるのか?
独立志向が高い方は、集客術の講座に参加し、技術を身につけています。

集客術とはどんなものがあるのか?

  • マーケティング
  • ネットからの集客
  • Facebook広告
  • YouTubeからの集客

など、皆さんも聞いたことがあると思います。

当スクールはそれらすべても起業塾講座で教えています。

起業塾講座の詳細はこちら

 

  • ホームページの作り方
  • ブログの書き方
  • SNSからの集客法
  • ランディングページの作り方
  • メールマガジンの作り方

など、インターネットからの集客術や

  • チラシの作り方
  • キャッチコピーに作り方
  • 画像作成

など、リアル店舗への集客術などを指導しています。

スポーツトレーナーとして活動する

資格を取得した、集客術も身につけた
でも、実際、お客様をサポートできるのか?

さて、ここからが本題です。(笑)

 

1人で学び、1人で独立し、1人で集客し、1人で活動し続ける。
これって案外、エネルギーが必要になります。

だから自分では無理!って諦めそうになりますよね?

 

逆を考えてください。

 

我々のようなスポーツトレーナーのサポートを受けたい人はどういう人でしょうか?

  • アスリート
  • スポーツをしている人
  • ゴルフやテニスをしている人
  • ランニングをしている人

が頭に浮かぶと思いますが、そんな人は近くにあまりいないし、いてもトレーニング施術を受けたいと思わない。。。。

 

受けたいではなく、受ける必要がある人

ウォンツではなくニーズです。

 

それらを考えると、小中学生アスリートがマッチします!

 

えっ?小中学生?と思われるでしょう。

 

はい、小中学生アスリートです。

それは何故か?

小学高学年生頃から、体は大きくなり始めます。
骨は勝手に伸び始めますが、筋力は勝手には強くなりません。

昔は体を動かして遊んでいましたが、今の子どもたちはスポーツしかしていません。
だから体が出来上がっていません。

だから姿勢が悪かったり、柔軟性が低かったり、運動能力がバランスが悪かったりします。

でも上を目指していいる子が大勢います。

このジュニアアスリートは、全国にいます。
高校生ぐらいになると、優秀な子どもたちは地元を離れていきますが、小中学生はほとんどが親元から学校に通っています。

少子化だと言われていますが、まだまだスポーツをしている子どもたちは沢山います。

でもスポーツで頑張っている子どもさんに、指導者やコーチはいるけど、トレーナーがサポートしているという環境はほとんど聞きません。

 

怪我をした時どうしますか?
トレーニングが必要だと考えても、指導者がトレーニングを教えれますか?

 

我々スポーツコンディショニングトレーナーは、そういったときのトレーナーです。

小中学生アスリートをサポートできるようになれば、全国どこでも、ある程度ジュニアスポーツが盛んであれば需要はあります。
活動し続ける環境があり、アリバルはほとんどいません!

ジュニアアスリートをトップに育て上げる

2019年2月より、スクール卒業生、在校生、通信講座受講生でトップジュニアを育成する『コンディショニング塾』をスタートしました。

コンディションニング塾の詳細はこちら

メンタルトレーナー、栄養部隊も加わって、トレーナーチームとして、ジュニアアスリートをサポートします。
しかもスクールの姉妹店のスタジオを使ってと、インターネットでのサポート。

当スクールの通学コースや、通信講座受講生で、ご興味があればコンディショニング塾スタッフとして、チームとしてジュニアをトップに育てていくことが出来ます。

コンディショニング塾のサイトでは、一緒に活動するメンバーの名前や、独立をされた方はお店などもご紹介します。

個々で集客し、活動し続けるには膨大なエネルギーが必要になりますが、チームとして集客し、チームとして活動をしますので、エネルギー量はそれほど高くなくても大丈夫です。

ようはチームとして、全国のジュニアアスリートをサポートしましょうというプロジェクトもスタートさせています。

 

資格取得がゴールではないはず
スポーツトレーナーとして、一生活動し続ける技術や知識を身につけ、チームとして協力し合ってビジネスを盛り上げる。。。。

 

そんなことまでを当スクールでは考えています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です