働きながら整体師の資格を取得するためには

整体師になりたい。
でも今の仕事を辞めずに学び
プロとして活動できるようになれば転職したい!

でもどうすれば働きながら整体師になり、
将来は、整体院を開業できるのか?

スポーツ整体師として23年、
スポーツ整体師を育成して13年

様々な情報をお伝えしようと思います。

整体師とは

良く整体師と、接骨院の先生を間違えられている人がいますが、
整体師と接骨院の先生(柔道整復師)とは、全く違います。

また巷にあるリラクゼーションサロンの先生とも間違われます。

整体師の資格でご説明をさせていただきますが、
整体師のお仕事は知名度はまずまずですが、
正しい情報を持っていない方が多いのが
まだまだなのだと感じます。

では、整体師というのはどういうお仕事をされているのか?

整体師の技術は、基本的には関節を調整する。
ということです。

マッサージ的な筋肉をほぐしたりもしているので、
マッサージ師さんとも間違えられます。

動きにくなった関節を、手技で調整する技術が整体で、
我々の整体の理論は、専門的に言うと
他動運動領域の動きを確認し、
動きが良くなければ調整するという技術です。

マッサージはマッサージ師の資格で、筋肉をほぐすという技術ですが、
整体師は関節調整を行う技術です。

正直に言うと、非常にアバウトというか
よく似たことを、色々なところで行われているので
わかりにくい感じになりました。

整体師の資格

整体師の資格については、しっかりと認識をしていただきたいです。

正確に言うと、整体師は資格ではなく民間の認定になります。
本来なら資格というのは国家資格を指すもので、
柔道整復師やマッサージ師、鍼師、灸師、指圧師、あん摩師を言います。

この辺りもわかりにくいですね。

ただサロン、整体院で働く人には、
スクールや学校でキチンと学んでいなくて
研修等で技術を学んで施術をされている人たちもいらっしゃるので
少し質が低くみられるケースがあります。

整体師になるためには

スクールや学校に通って資格を取らなくても
求人の募集があるので、知識や技術がない未経験者の人が整体師として活動をされているのも事実です。

ただ、お客様の体に触れる、関節を調整する仕事ですから
技術と簡単な理論や知識を身につけて
現場で活動し続けるには、あまりにも危険だと思います。

ではどうすれば良いのか?

技術は当たり前ですが、
解剖学(筋肉の名前や関節の名前など)や、症状(腰椎分離症、変形膝関節症、インピンジメント症候群、胸郭出口症候群など)を知らずに現場で施術を行うのは、本当に気件です。

 

私も昔、勉強のため、色々な整体院やサロンに行きましたが、
問診時に「インピンジメント症候群」「胸郭出口症候群」という言葉を使い
施術者がどう反応するかチェックしていた時期があります。

 

しっかりと解剖学を身につけ
症状等を学んで現場で活動をしていれば
「インピンジメント症候群」「胸郭出口症候群」ぐらいは
知っていて当たり前だと思います。

しかし、技術だけを研修で学び現場で活動をしている人たちや、
技術しか教えないスクールを卒業されている人は
この2つの症状は全く理解できていないので
体を調整する整体師としては問題があると思います。

 

簡単に整体師になれる!
と広告でアピールしているところは危険です。

技術だけではなく
しっかりとした知識を身につけ
事前にトラブルを防ぐことが出来るようにすることが当たり前だと感じて欲しいです。

これから整体師のなろうと考えている方は、
その辺りを十分考えて、整体師を目指して欲しいです。

やはり関節を調整しますので
絶対安全とは言い切れません。

整体院に行ったら調子が悪くなったと
私のお客様から聞かされてりします。

整体師は痛みで悩んでいる人を助ける職業ですが、
知識もない状態で現場で活動していては
体を壊す危険性があると認識する必要があります。

整体師になるためには、必ずスクールや学校で学び、
しっかりとした技術や知識を身につけるべきだと考えます。

働きながら整体師になる

整体師になるために、スクールや学校を調べても
実際、通うとなると今の仕事を辞めてまで
通う勇気はなかなか出てこないですねよ。

 

  • 本当に自分は整体師に向いているのか?
  • 一生、整体師でやっていけるのか?

など、不安になる人も多いでしょう。

当たり前ですよね。
自分の人生を変えようとしているのですから
不安になるのも当然です。

だから今の仕事を辞めずに、
続けながら学び、
資格を取得して、経験を積み
大丈夫!と思った時点で仕事を辞めても遅くなはいと思います。

 

もしくは今の仕事をつづけながら
副収入で稼ぐという方法もあります。

当スクールでは、7割以上の人が
働きながら通われています。

在学中に、大丈夫と確信して
今の仕事を辞められる人が
その内の半分。

残りの2割ほどの人が
講座が修了した時点で退職をされています。

 

スクールや学校にもよりますが
リスクを感じながら学ぶより、
今の環境で学び始めることをお勧めします。

 

その為にはスクール選び
学校選びは大切な要素でしょう。

 

資格や技術のすごさではなく、
独立開業を本当に目指せるのか?

しっかりと見極める必要があります。

整体師の求人

整体師の求人は、求人情報サイト等を見れば
いつでも働けるような状況です。

しかし

将来、独立を目標にされているなら
働き先を十分考えて行動すべきです。

 

沢山の体を調整できるのなら
リラクゼーションサロンがお勧めです。

ショッピングセンターや駅前にある
リラクゼーションサロンなら、いつでも求人を募集しています。

 

ただ一つアドバイスを

 

整体師は関節調整を行う人たちです。
リラクゼーションサロンでは、関節調整はNGのところも多いので、
あくまでも体に触れるというレベルでお勧めしているということです。

 

もう一つアドバイス

 

整体師の求人が出ているところより、
求人が出ていなくて、お客さんとして通い続け
自分をアピールしてお弟子さんのように
スタッフになりたいと伝えるという方法が一番経験が付きます。

スクールで学んだだけの人を
月20万円前後のお給料を払って雇い、
技術を教えるでしょうか?

ちなみに私はスクールに通っている時代から
整体院にお手伝いをさせて欲しいと懇願し、
3年近く、週2日、お給料、交通費もいただかず
学ばせていただきました。

おかげで技術を沢山教えていただいたので
今があると思っています。

師匠に感謝です。

安定した収入も得る整体院で働くのか、
収入は少なかったり、なかったりしても
技術をしっかり教えてくれるのか
求人が出ているところでしっかり聞くべきだと思います。

お給料が良くて
技術も丁寧に教えるところはないと
思っていても良いのではないでしょうか?

 

整体師で独立開業

さあ、現場で経験を積んだら、開業!
と頭でイメージをしていると思います。

 

ちょっと待った!

 

施術の経験を積めば
開業が出来るのか?

 

開業はできます。
しかしお客さんは来てくれると思いますか?

技術があれば、宣伝さえすれば来てくれる。。。。

 

宣伝費を沢山かけることが出来るなら
知ってもらい、お客様も来てくれるかもしれません。

 

しかし、我々のようなスモールビジネスをスタートするには
資金もそこまでもなく
出来る限りゼロに近い状態で宣伝できれば?
と甘い考えでいるのではないでしょうか?

 

宣伝費は掛ければ、掛けるほど、
人は来てくれるのでしょうか?

ホームページを制作業者さんに
高いお金を支払って作ってもらえば
お客様は来てくれるようなるでしょうか?

 

テレビに出たり
雑誌に出たり
本を出したりしていれば別ですが
普通に頑張って開業までこぎつけたとしても
お客様が来ない!
という壁にぶち当たります。

 

開業をして
お客様が来てくれるか?

 

最大のポイントです!

 

まずはお客様が来て、
施術を受けていただき、
リピートして顧客になる。

理想のビジネスモデルです。

 

では20数年、整体院を続けられていた経験から
今の時代の整体師院を長く続けられるポイントをお伝えします。

 

『集客力を身につけろ‼』

 

です。

 

集客力には3つのポイントがあります。

  1. 新規集客
  2. リピート
  3. 過去客

 

まずは新規集客

これはいつでも必要ですね。

しかし、新規客が来てくれても
リピートしなければ、ずっと新規客狙いしかありません。

何故、リピートしてくれるのか?
何故、リピートをしてくれないのか?

 

でも常に来てくれるということではありません!

 

ある程度痛みがあり、来院してくれますが、
良くなれば来なくなります。

では来なくなったお客様を
どうやって再来院させるのか?

この3つがわかれば
開業しても大丈夫です。

 

特に今の時代は
インターネットで
24時間、365日宣伝し続けることができる時代です。

しかもほぼゼロ円で。

 

良い時代になりました。

 

『集客力』身につけるべき技術や知識だということを忘れないでください。

 

当スクールで育成している整体師とは

当スクールで育成している整体師は
『スポーツ整体師』と言ってアスリートやスポーツ愛好家の施術が出来る
整体師です。

 

スポーツ整体師コースの詳細はこちら

 

もちろんアスリートやスポーツ愛好家の人だけではなく
一般の方の施術も行えます。

一般人とアスリートでは
やはり体の使い方等が違いますので
アスリート向けの技術や知識を指導しています。

 

それだけではありません!

 

起業塾というコースがあり、
独立開業を目指す人たちのサポートもしています。

 

起業塾コースの詳細はこちら

 

まとめ

整体師になるためには、
なんでも同じかもしれませんが
簡単に取得可能、儲かるなどの宣伝に
ごまかされないこと!

 

しっかりと技術や知識を身につけること

 

現場で指導してくれる環境で働きながら学ぶこと

 

独立を目指すなら集客力を身につけること

 

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です