スポーツ整体

スポーツ整体

スポーツ整体師を目指す

2020年4月より授業の変更がありますので、必ず下記のページをご覧ください。
「授業の変更のお知らせ」はこちら

日本でも海外でもスポーツ熱は高まるばかり。小学生の頃から競技スポーツに励んでいる人が沢山います。また健康のため、ダイエットのためスポーツを楽しむ人もいます。しかし、残念ながらスポーツにおける怪我や痛みで苦しみ、その影響でパフォーマンスが上がらない、もしくはリタイアする人も大勢います。

そんなスポーツをしている愛好家の方から、競技選手まで、小中学生から中高年の方まで、スポーツにおける怪我の予防や、メンテナンスをスポーツ整体師としてサポートできるように育成しています。

スポーツ整体師のお仕事

スポーツ障害の予防やメンテナンス。頑張って練習をしていると、膝が痛い、腰が痛い、肩が痛いなど痛みを訴える人がいます。病院に行っても、レントゲン検査だけで「骨には異常がない、練習を当分休んでください!」と言われ、湿布薬をもらうケースの人。案外、スポーツをしていると沢山います。そのようなケースのクライアントさんの筋肉をほぐしたり、関節調整などを行うお仕事。
また、ケガの予防のためのコンディション調整や、競技レベルを上げるためのコンディション調整などを行います。もちろんアスリートだけではなく、スポーツや運動に関係しているカラダの調整の専門家です。

こんな人におススメ

  • 自分がずっとスポーツをしてきた
  • スポーツをしている人を応援したい
  • スポーツのコーチやインストラクター
  • ジュニアアスリートの保護者
  • 人の役に立ちたい
  • 人を喜ばせたい
  • 痛みなどで困っている人を助けたい

など、とにかくスポーツに関係しているお仕事に就きたいと思っている人や、自分が今でもスポーツに携わっていたり、スポーツをしていないけど、痛みで悩んでいる、苦しんでいる人を助けたいなど、色々な目的の方が学ばれています。
ここ数年、小中学生アスリートのお母さんが学ばれていたり、女性の美姿勢のサポートをしたいと考える女性が増えています。

年齢も10代から60代の方で、特に多いのが20代後半から40代前半
将来、独立を目指す人が多くなっています。

スポーツ整体を3つの学び方で取得する

【スポーツ整体師コースで学ぶこと】

実技

  1. リラクゼーションケア
  2. スポーツケア
  3. ジョイント・マニュピレーション・テクニック
  4. スポーツ整体
  5. 症状別テクニック

学科

  1. スポーツコンディショニングの原理原則
  2. 痛みのコンディショニング
  3. 解剖学
  4. 姿勢分析(ボディチェック)
  5. スポーツ傷害論
  6. 問診と説明

1、リアル授業で学ぶ

横浜にあるスクールに通って、授業に参加する

2、オンライン授業で学ぶ

スクールで行われている授業を、リモートで毎回つないでいますので、自宅にいながらオンライン授業で学ぶことが出来ます。

3、メンバーサイトの動画で学ぶ

メンバーサイトの動画を、期間中、何度も繰り返し視聴することが出来ますので、ご自分の空いた時間を利用して、動画で学ぶことが出来ます。

コースの詳細

スポーツ整体コースの詳細は下記のボタンをクリックしてご覧ください。

 

お支払い方法

  1. 現金一括
  2. クレジットカード
  3. ローン

*ローンでお支払いの場合、事前審査が必要になります。
*現金とクレジットカード、ローン等の併用も可能です。

まずは個別の説明・相談会に!

やはり安い金額とは言い切れない料金ですので、いきなり講座に申込みくださいとは言いません!
なので、随時、個別でのスクール説明・相談会を開催しており、その中で、講座の詳細や、資格取得後の就職先、独立を目指す方法などもお伝えしております。

また、色々とご不明な点、ご不安な点などもあると思いますので、60~90分ぐらいをかけて、お話も聞かせていただいております。
個別スクール説明・相談会はスクールに来ていただくことも可能ですが、オンラインでのご参加も可能ですので、ご遠方にお住まいの方でも、ご安心ください。

同時にパーソナルトレーナーも学ぶことが出来ます!

同時にパーソナルトレーナーコースも受講すれば、『スポーツコンディショニングトレーナー』として活動が出来るようになります。

スポーツ整体師で独立を目指す方には

スポーツ整体の技術習得がゴールではないはずです。
資格を取得して就職するだけではなく、独立を目指す人もいらっしゃると思います。

スポーツ整体の技術を身につけたからと言って、独立が可能かと言われると、また別の問題になります。当スクールの受講生の8割近くは、将来独立を県が得られております。そのような、将来、独立を目指す方には、やはりビジネスとしてのスキルも身につけていただきたいと考え、『起業塾』もご用意しております。