パーソナルトレーナー

NSCA-CPTの資格もオンライン講座で取得が出来る!

2020年春、日本中が、世界中がコロナウイルスの猛威に恐怖や不安を感じました。

2006年から開講した当スクールも、2020年の4月からはさすがに受業を行うことができませんでした。
ただ、2018年から通学コースの他に、通信講座をスタートさせていましたし、すでにオンラインでの授業も行っていたため、急遽、パーソナルトレーナーコースの授業を、スクールで行わず、リモートで授業を行うように変更しました。

元々、パーソナルトレーナーの授業は座学がほとんどで、座学の授業に関しては、オンライン授業に切り替えても、リアルで教える授業と変わりがないと感じました。

むしろ、遠方から通われる方からすると、毎週、毎週、スクールに通う時間や交通費が必要なくなるので、より学びやすい環境になったと感じています。

登校する時間、交通費が節約できるようになった

実技も、普通にスクールに来て授業に参加される方と、その授業をリモートでつなぎますので、ご自宅にいながら受講が出来るので、動画を観て学ぶだけではなく、オンライン授業でも学ぶことが出来るので、実技面も問題ないと判断しております。

パーソナルトレーナー通学コースは、毎年、4月からと10月からのスタートで、週2日の半年間学ぶ内容でしたが、実技以外の授業は、座学がほとんどでしたので、オンライン授業として変更しても、受講生はわざわざスクールに来るリスクがなくなったので、安心して受講されました。

2021年パーソナルトレーナー通学コースと、通信講座が一つになって「オンラインコース」に変更になりました。

ただ、オンライン授業でも果たしてNSCA-CPTの資格試験に、本当に合格するのだろうか?

スクールに通う時間も、逆に家で受講をされているため、時間が増えたせいか復習する余裕ができたように思えます。

今まで、通学コースではNSCA-CPTの資格試験に、1回でほぼ全員(ここ数年は100%合格しています。)が1回で合格していますので、オンライン授業に変えても、やはり合格されています。

受講生で合格された方の声をお聞きください。

逆に、オンライン授業になったため、横浜にあるスクールに通えない方が受講されたりと、今までの通学コースでは考えられない出来事もあり、コロナ問題に関係なく、今後もパーソナルトレーナーコースは、オンライン講座として2020年秋もスタートさせました。

まずはオンライン授業、メンバーサイトの動画を無料でプレゼントしますので、ご興味がある方は下記のボタンをクリックしてください。

そもそもNSCAって何?

NSCAはパーソナルトレーナーとして活動するための資格で、NSCA-CPTとNSCA-CSCSと言う資格があり、当スクールではNSCA-CPTの資格取得を目指すスクールになります。

NSCA-CPTとNSCA-CSCSの資格では、受験できる条件が違います。NSCA-CPTは18歳以上で、高校を卒業されている方で、NSCA-CSCSは学位(学士・修士・博士)取得者、または高度専門士の称号の保持者なっておりますので、NSCAを目指される方は、目指す前にNSCAジャパンサイトを、必ずご覧ください。

NSCAジャパンについて詳しくお知りになりたい方は下記からご覧ください。
NSCAジャパンサイト

NSCA-CPTはNSCA Certified Personal Trainerの略で、NSCA-CSCSはCertified Strength and Conditioning Specialistの略になります。

健康と体力のニーズに関して、評価・動機づけ・教育・トレーニングやコンディショニング全般の指導を行う、優れた専門的能力をもつ人材を認定する資格です。
指導対象者はアスリートだけでなく、年齢・性別・経験を問わず幅広い層に対してトレーニング指導を行います。そのため、NSCA-CPTはトレーニングの知識に加え、医学的、運動生理学的な専門知識とトレーニングの指導技術が必要となります。

パーソナルトレーナーのほか、フィットネスインストラクターやスポーツ指導者、理学療法士、柔道整復師などがNSCA-CPTを取得しています。(NSCAジャパンのサイトより引用

パーソナルトレーナーとして活動するためには、もちろんNSCAの資格だけではなく、他にNESTAやJATTIなどもありますが、当スクールの講座は、全員がNSCA-CPTに合格するように指導しています。

NSCAの資格試験

NSCAの資格試験は、以前は、毎年春と秋に試験があり、試験会場に行って試験を受ける形でしたが、2016年4月よりコンピューターベースの試験に変更されました。

変更になったおかげで、受験者が試験会場や、試験日を選んで受験することが可能になりました。

要するに試験を受けるために、自分のペースで受けれるようになりましたので、当スクールでも各個人の理解度に合わせて、試験を受けるタイミングなどもアドバイスできるようになりました。

よくご質問を頂きますが、実技の試験はありません!ただ実技に関する問題が出ますので、実技を理解することは必須です!

出題範囲

出題される分野は4つ

  • クライアントに対する面談と評価
  • エクササイズテクニック
  • プログラムプランニング
  • 安全性、緊急時の手順、法的諸問題

各分野の詳細を、NSCAジャパンサイトから抜粋させていただきます。

「クライアントに対する面談と評価」

パーソナルトレーナーが、クライアントとのトレーニング活動を開始する前に行うものです。
クライアントと面談し、現在の健康評価と体力評価を行う際に必要となる知識が問われます。また、それらの知識の一つのベースとして、栄養学の理解も必要となります。

 

「エクササイズテクニック」

ストレッチ、自重トレーニング、スタビリティ・エクササイズ、レジスタンストレーニング、有酸素性トレーニングなど、さまざまなエクササイズについての適切なテクニックや、それらのエラーテクニックに対する修正エクササイズを理解しているか?などの知識が問われます。
エクササイズテクニックは、バイオメカニクスとの関連性が強く、特にエクササイズのエラーテクニックを理解する際には、「なぜそのテクニックが不適切なのか?」という点を理解する前に、身体にかかる物理的な負荷とそのメカニズムも理解しておく必要があります。

 

「プログラムプランニング」

クライアントのニーズに合ったトレーニングプログラムを計画するために必要な知識が問われます。
レジスタンストレーニングや有酸素性持久力トレーニング、プライオメトリックトレーニングやスピードトレーニングなどが含まれます。特に健康に問題のないクライアントのみならず、糖尿病や高血圧を抱えるクライアント、高齢者、アスリート、妊婦、整形外科的疾患を抱えるクライアントなど、幅広い対象者に対して適切なプログラムプランニングを組むための知識を理解しているかが問われます。
解剖生理学やトレーニングに対する適応など、基礎知識を正しく理解することが、プログラムプランニングを理解するための近道です。

 

「安全性、緊急時の手順、法的諸問題」

パーソナルトレーナーとして活動するために、安全な施設条件や機器の管理について理解しておくことは必須です。また、いざというときに対応できるよう法的諸問題についても理解する必要があります。
パーソナルトレーナーとして安心して安全に活動できるよう、しっかり学習しましょう。

NSCAを取得する人の特長

パーソナルトレーナーの資格はNSCAの他にもあります。でも他の資格ではなく、なぜ、NSCAの資格取得を目指す人がいるのか?当スクールの受講生でお伝えします。

  • やっぱりレベルが一番だから
  • 長く活動するためには専門的な知識が必要だと思うから
  • お客さまからの質問に答えられるようになりたいから
  • 自分に自信を付けたいから
  • 古くからある資格だから
  • パーソナルトレーナーさんに勧められたから

この辺りの理由が多いです。

たしかにNSCAの資格取得は簡単ではないです。でも、逆に考えると簡単に取得できる資格で一生パーソナルトレーナーとしてやっていけるのかと言う不安はあると思います。

当スクールの受講生の中にも、現役のパーソナルトレーナーさんが、やっぱりNSCAが必要だと感じて資格を取るために受講されている方もいらっしゃいます。

そういう方にお聞きすると、現場でお客さまに質問されるのが怖かったとおっしゃいます。

それってどういう事ですか?とお聞きすると、やはりお客さまもカラダの事について知りたかったり、ある程度、トレーニングの知識があったりされますので、色々な質問を現場で刃受けるそうです。

その時に応えられないと、二度とトレーニング指導を受けたいと思わないのでは?と思うので、お客さまからの質問が怖いと感じていたそうです。

NSCAの資格を必要と思われる方の特長は、やっぱり沢山いるパーソナルトレーナーさんの中で、お客さまから信頼される、安心されるトレーナーになりたいという方がほとんどです。

やはりNSCAの深い知識が必要だと感じているのでしょう。

当スクールがオンラインコースに変更した理由

2020年春にコロナウイルス問題で緊急事態宣言が発出され、2006年から続けていたパーソナルトレーナー通学コースの授業が出来なくなりました。

ただ2018年からパーソナルトレーナー通信講座をスタートさせており、動画だけではなく、オンライン授業も行っておりました。

通学コースの人達は、スクールに来ていただき、授業を受けていただいていましたが、授業がスクールでできなくなり、オンライン授業に変更させていただきました。

授業の大半が座学ですので、オンライン授業でもスクールでのリアル授業と全く変わりもなく、逆に通学にかかる移動時間や交通費がなくなった分、遠方から来ていただいてる受講生からすると、より時間とお金が節約できたと喜んでおられました。

実技だけは、可能な範囲で出席出来る方はスクールに来ていただき、実技授業を行い、それをご自宅で受講されている方とリモートでつないでいます。

緊急事態宣言が解除されても、コロナ感染のリスクもありますし、それよりも通学される時間とお金が節約できるオンラインコースの方が、受講生にとっては嬉しい事だと感じています。

それがオンラインコースにした理由です。

当スクールが自信を持ってお勧めする、NSCA-CPT合格保証付きパーソナルトレーナーコースの詳細はこちら

リアル授業、オンライン授業、通信の違い

コロナ渦で一気に広がりをみせたのが「オンライン」「リモート」と言う言葉。

当スクールは2018年からオンラインでの授業や勉強会を開催してきましたが、あまり体験をされていない方が多いので、よくわからないと仰る方が多かったのに、2020年春以降、「オンライン」や「リモート」と言う言葉がはやり出し、お仕事やプライベートでも体験、経験される方が増え、「オンライン授業」のイメージが、一気に広がりました。

今ではスクールに来ていただいてのスクール説明会を、ほぼオンライン説明会に変え(もちろんスクールでの説明会も受付けております。)、ご自宅にいながら、スクールの講座の説明等をさせていただけるようになりました。

リアル授業とは、今まで通り、スクールに来ていただき授業を受けるスタイルです。
オンライン授業は、その授業をZOOMと言う無料のツールを使い、スクールに来て参加していただかなくても、自宅等でインターネットの環境があれば、パソコンだけではなくスマートフォンやタブレットから参加できます。

また通信講座は、メンバーサイトにアップした動画を観ながら学ぶスタイルです。

リアル、オンライン、動画3つの学び方の特長がありますが、当スクールのパーソナルトレーナーコースは、すべての学び方が出来る講座になります。

オンライン講座のメリットとデメリット

通学コースからオンラインコースに変更し、はじめは不安な部分もありましたが、実際、半年間実施してみると、ある程度のことがわかりました。

今回はパーソナルトレーナーコースのオンライン講座のメリットとデメリットをまとめてみました。

【オンライン講座のメリット】

  • スクールまで通う時間が短縮できた
  • 時間ができた分、予習復習に充てる時間が設けられた
  • 受業の録画ができるようになった
  • 案外、講師との距離が近く感じる

コロナに感染するリスクが減ったのは、大きな収穫だった。もともとその2年前からオンラインでの授業を経験してきているので、スムーズに受業をオンライン化させることができました。

1年前、2年前だと、中々オンライン授業と伝えても、感触がわかりにくい人もいらっしゃいましたが、コロナ渦で職場がリモート化されたり、オンライン飲み会などを経験されている方もいらっしゃったので、オンライン授業に抵抗がある方は誰一人いらっしゃいませんでした。

講座の後半になると、個別での対応をさせていただき、授業のフォローもしやすかったので、この先も、オンライン講座の方が、沢山の人が学べて、不安な人もフォローできる講座にしていきたいと感じました。

【オンライン講座のデメリット】

  • Wi-Fi環境などが受講生でまちまち
  • 自宅にパソコンがない、もしくはパソコンが古い
  • 受講生によっては、自宅で学びにくい人もいる
  • 顔出しをお願いしているので、部屋を気にする人がいる

講座自体はやりやすい、学びやすくなりますが、パソコンがなかったり、古すぎて対応しにくかったりするので、今後は、その辺りの改善が必要になるかも知れません。

スマートフォンなどからの受講の場合、やはり画面が小さい分学びにくいので、パソコンがない方への対応も必要だと感じました。

まだまだパソコンが苦手という意識をお持ちの方も多く、半年間の講座を受講しきれるのか?と不安の方もいらっしゃったので、もっともっとオンライン化が広がれば、安心していただけるのだと思います。

【デメリットをフォローしメリットに】

自宅のWi-Fi環境は、我々が変えることはできなくても、その分のフォローをさせていただいているのが「個別対応」

グループでの講義なので、質問をどんどんされる方もいらっしゃれば、ほとんど質問もされない方もいらっしゃいます。

じゃあ、質問をされないから理解しているのか?と考えるのではなく、小テストなどで理解度を講師がマメにチェックをしていますので、わかっているようにしていても、テストなどをして行けば理解度がわかります。

案外、当スクールの小テストは、実際のNSCA-CPTの資格試験によく似た問題が出た!と受験された方に言われたりしています。

今が完全な学びの環境ではないと考え、定期的に受講生からヒヤリングをし、講座の内容等も含めて修正、修正を繰り返してバージョンアップしています。

NSCA-CPTに合格された受講生の声をご覧いただけると、ご理解いただけると思います。

NSCAの資格に合格するまでサポート!

NSCAジャパンのサイトを見ると、NSCA-CPTの合格率はなんと78.9%です。
だからNSCAの試験に合格するのは難しい!と思われているのでしょう。

この合格率では、自信がないと思って諦める人もいらっしゃると思います。また専門的過ぎて自分には合わないのかな?と思われる人もいらっしゃると思います。

確かに合格するにはかなりの努力が必要かもしれません。でも資格を取って活動をして行けばわかりますが、簡単に取れた資格だと、お客様の要望の応えられないとか、お客さまからのご質問の答えられないと言います。

当スクールの受講生の中にも、現役のパーソナルトレーナーさんが、何人もやっぱりNSCAの資格があると安心だと感じて学びに来られます。

やっぱりパーソナルトレーナーとして活動を考えられているなら、ここの資格は妥協して欲しくないです。

オンラインコースでもNSCAの資格試験に1回で合格されている実績もありますし、今まで2006年からパーソナルトレーナー育成を行ってきましたが、NSCAの合格率は95%です。しかも知識も経験もなく、全くゼロから学ばれて、1回で合格されています。

試験に合格された受講生の声を聞いてください。

本気でNSCAに合格したい!パーソナルトレーナーで一生活動したい!と言う熱い志がある方が大勢受講されていますので、当スクールではNSCAに合格するまでサポートさせていただきます!NSCA合格保証を付けているスクールは当スクールだけだと思います!

とりあえず個別のスクール説明・相談会を随時開催していますので、なぜ、NSCAの合格率が高いのかをお聞きください!

自分もNSCAが取得できるか不安な方

NSCAの合格率は95%です。しかもここ3年ぐらいは誰も不合格になっていませんので、実質は100%と言えるでしょう。

だからこそ安心のNSCA合格保証付きしています!

でも、こんな不安を抱えていませんか?

  • 知識や経験がないから不安
  • 仕事が忙しいから学び続けることが出来るのか不安
  • 独りで頑張れるか不安
  • 遠方に住んでいるから不安
  • 年齢的に若くないから不安

など様々な不安をお持ちだと思いますが、それは今までの受講生も同じです。
皆何かしら不安を抱えていたりします。

だからこそ代表の廣谷が、マンツーマンでスクールの説明をしたり、一人一人の不安の人たちにどうすればいいのかをアドバイスをさせていただいています。

個別のスクール説明会はオンラインで行っておりますが、ご希望ならスクールでも行います。

当スクールの大きな特徴ですが、個別のスクール説明会、相談会に参加された方の申込み率はなんと、70%を超えています。

やはり講座の中をご覧いただき、不安が不安でないと感じたら、大半の人が申込みをされています。

不安で行動が出来ない方、メールやお電話でも説明をさせていただいておりますので、下記のページからご相談ください!

  • メール
  • お電話
  • 説明会・相談会

の3つの中からお選びいただけます。