プロのトレーナーになるためのたった3つのポイント

半年間、NSCA-CPTを目指して学んで資格を取得しても、1年間、スポーツ整体師を目指して資格を取得しても、半年間、メンタルトレーナーを目指して資格を取得しても、プロとして活躍できなかったら、やはり無駄になる可能性があります。

では、プロとして一生活躍できるためにはどうすればいいのだろうか?
そこに不安がある方が、資格取得を目指したいけど諦めてしまう原因なんだろうと思います。

僕が20年もこの世界でプロとして活躍できた理由をまとめてみました。

①現場でプロの方に徹底的に指導をしていただいた

②サービス業としての知識を徹底的に勉強をした

③経営的な知識を徹底的に勉強をした

以上3点が挙げられると思います。
トレーナーや整体師になるのに、やはり資格や専門的な知識だけではなれたとしても、長続きさせるここができません。
上記に挙げたポイントが全てではありません。もちろん知識や経験も必要ですが、それ以外のポイントをまとめて見ました。

①やはりスクールで学ぶ以外に、現場で学ぶ必要があります。それはクライアントさんを前にした時、色々わからない点などがいっぱい出てきます。その時に横にいて指導してくれる方が必要です。現場は何が起こるかわからないですからね。

②整体師もトレーナーもサービス業としての、必要最小限の知識が必要です。もしかすると、筋肉の名前を知っているよりも、たった一つの笑顔の方がクライアントさんを満足させることができたりします。サービス業としての知識は大きな武器になると思います。

③サラリーマンやOLと違って、我々は職人です。でも我々は、物を作っているわけではありません。人(クライアントさん)が来てくれないと仕事ができません。集客することが一番必要で、なおかつ一番むつかしいことかもしれません。そこをしっかり理解し、行動を起こすことが必要です。

たった3つとタイトルに挙げました。
簡単な3つと取るか、難しい3つと取るかはみなさん次第です。
でもそこがちゃんとできている人が成功しているのも事実です。

資格取得が目的ではなく、プロとして長く活躍できることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です