40代から整体師やパーソナルトレーナーに転職する方を応援します!

最近では40代や50代からの転職のため、整体師やパーソナルトレーナーの資格を取得する為に、当スクールに入学されてくる人が増えています。

当スクールは専門学校とは違い、働きながら学べるカリキュラムで整体師やパーソナルトレーナーの育成を行っています。
元々は20代後半から、30代前半の方が多かったのですが、ここ数年30代後半から40代、50代の方のご入学が増えています。

スクールにご入学される、説明会等に参加される40代以上の方は、下記のような理由でこれから益々需要が見込めるパーソナルトレーナーになりたいと考えられています。

==40代以上の方のご入学の理由==

  • この先の事を考えると、このままでいいのか不安になった
  • 最後はやりたいことで仕事をしたい
  • 人に喜ばれる仕事をしたい
  • 自分も体力の衰えを感じ始め、知識を付ける中で仕事にしたいと思った
  • 自分の親の面倒を見るために
  • 長く仕事を続けられそう
  • 前職で体を壊した

などです。
一昔前であれば終身雇用で、最後まで頑張って仕事を続けることが当たり前でしたが、最近では転職も当たり前になってきて、自分のやりたいことが見つかれば転職も考えている人がいいくなったのではないでしょうか?

スクール説明会でも
「40代からパーソナルトレーナーを目指せるのでしょうか?」
「40代でスクールに入るのは恥ずかしいでしょうか?」
など、少しためらっていらっしゃる方がほとんどです。

しかし、実際、授業をご見学頂くと、30代後半から40代の方がいらっしゃるので安心されます。

中には主婦の方もいらっしゃって、家族のため、知人や友人のために資格を取得しようと学ばれている人もいらっしゃいます。

当スクールは専門学校と違って、一旦社会に出て、転職を考えている人達のためのスクールでもありますので、色々な年代の方がいらっしゃいます。

スクール説明会でもお伝えしているのですが、これからは逆に中高年の運動指導が必要不可欠になり、その年代の方の方がパーソナルトレーナーとしてサポートしやすいのではないでしょうか。

パーソナルトレーナーだから、トレーニングの事や体の事を知っていれば良いと言うことではありません。
やはり信頼してトレーニングを受け続けていただくには、サービス業としての知識やマナーも必要不可欠ですし、多方面のアドバイスが必要になります。

全く違う職業を経験されていたからこそ、パーソナルトレーナーとしての深みが出て、クライアントさんからの信頼も大きくなります。

10代、20代のスクール生よりも、頭にインプットされる量は少ない(笑)かも知れませんが、それでも週2日の半年間で皆さんNSCAに合格されています。

逆に転職するため、必死に学ばれているので、優秀な方が大勢いらっしゃいます。

是非、スクール見学にいらっしゃってください。
同士の方がいらっしゃいますので。

 

それと同じように、全く逆の10代の大学生がダブルスクールとしてご入学されてくるケースも増えています。

 

『稼げる大卒 どう育てる』

昨日(2015年1月19日)の日経新聞に大きな見出しで掲載されていましたが、 非常の興味があったので、皆様にもお伝えしようと思います。

日経新聞2015,1,19-2
日経新聞2015年1月19日の記事より

「大学の勉強が若者の役になっていない 大学進学率は5割を超す一方、就職率は低迷している。
大卒者が就いた仕事を雇用形態で見ると、 非正規の割合が2割に達する。
政府内では実践的な職業教育をする新しい学校制度を つくる動きが出てきた。」

とありました。

これは大学に限ったものではないと思います。

大学で学ぶより、専門学校で学んだ方が良いと考える人も 増えていると思うので、一昔前より、 大学と専門学校で迷う人も多くなっているのではないでしょうか?

では専門学校では実践的な職業教育が出来ているのか?

非常に微妙ですが。。。。
特に我々の世界のスポーツトレーナー育成の専門学校は。。。

スポーツトレーナーの環境が変わった

以前よりも、パーソナルトレーナーからトレーニング指導を受けてみたいとか、 病院や接骨院で痛みがなくならなかったから、 整体院に行ってみようと思う人が多くなりました。

特にスポーツの世界では『スポーツトレーナー』と言う役割の人たちを知っている人たちが増えました。

当スクールはスポーツコンディショニングトレーナーとして、 スポーツ整体の技術と、パーソナルトレーナーの技術の両面を 学んでアスリートをサポートしましょう!
というような、目標で教えていますので、 今でも多少いらっしゃいますが、将来はトップアスリートの サポートがしたいというような、大きな目標を持って 学ばれている人が多かったのですが、今は違います。

スポーツ愛好家の方のため、もしくは健康志向の方のため 適切な運動指導と、身体のメンテナンスをしたいという方が 増えています。

当スクールへご見学に来ていただけるとよくわかります。

20代前半の方と、50代後半の方が一緒に学ばれている姿を見ると 親子で学んでいるの?と勘違いしそうな雰囲気です。(笑)

今までは20代後半から30代前半の方がほとんどでしたが、 やはり入学者数が増えた大きな原因は、 30代後半から50代の方のご入学が増えているので、 過去最高の入学者だったのではないでしょうか?

では何故、30代から50代の人が増えたのか?

好きなことを職業としてやっていきたい

色々な経歴をお持ちの方がご入学されていますが、 ほとんどの方が「やりたい仕事に就くのが目的」 とおっしゃいます。

それと前職が激務で、身体を壊してしまった。
もしくは身体を壊すのでは?という不安が 転職のきっかけと話す人もいます。

『好きなことが仕事としてできれば最高!!』

誰もがそう感じているはずなのに、 仕事を選ぶときには、やはり安定志向の方々が多いと思います。

スクール説明会にご参加いただいている方と直接お話をするのですが、 好きなことで仕事ができるほど、世の中甘くない!
と、考えている人も多く、 でも整体師やパーソナルトレーナーの興味があるという方が 一番多いように感じます。

だからなりたいけど、資格取得後の就職先は? となります。

でも本当に好きなことを仕事にしたいという方は、 どうやれば好きなことを仕事に出来るのか? とご質問をされます。

「就職先も大事ですが、我々の仕事は 人に雇われない、自分で道を切り開くだけの 技術と知識を教えています。」 とお伝えしています。

大学を出ても、専門学校を出ても、 結局は職場に不満を持つ人は、 どこへ行っても同じです。

整体やパーソナルトレーナーの知識や技術をマスターし、 自分に合った人たちをサポートすることで 仕事も楽しく感じると思いますし、 やりがいを感じていただけると思います。

まだまだ我々トレーナー業界は、 確立したものがありません。

でも確実にトレーナーを必要としている人達が増えています。

  • 腰痛や肩こりで悩んでいる。
  • スポーツ障害をかかえながら練習をしてる
  • 冷え性、むくみで悩んでいるOLさん
  • 姿勢を気にしている主婦
  • スポーツをもっと楽しく、長く続けたいと思っている中高年スポーツ愛好家
  • 運動が必要だと思っているメタボ予備軍
  • 将来、プロスポーツ選手を目指すジュニアアスリート
  • ダイエットで繰り返し失敗している女性

挙げればきりがないほど我々トレーナーが助けてあげたい人たちがいます。
でも上記で挙げた人に周りに、そのようなサポートができるトレーナーがいません。

トレーナーの存在すら知らない人が大勢います。

だからこれからはトレーナーの認知度が上がり、
一般の人たちがトレーナーのサポートを受ける時代が来ます。

あなたの好きな事は何ですか?

我々のような整体師やパーソナルトレーナーを目指す人は、 根本的に人の役に立ちたい、人の喜ぶことがしたい、 人を幸せにしてあげたいと考えている人ばかりです。

どこかに就職するということではなく、 自分たちでトレーナーが必要と感じている人達に手を差し伸べ、 サポートできるトレーナーを目指してほしいと思います。

身近にたくさん困っている人、 何かしらアドバイスをもらいたいと思っている人がいます。

そんな人たちを笑顔に、喜んでいただけることだけを考えて、 トレーナーを目指してほしいです。

我々が目指すトレーナーとは、 地域に密着したトレーナーで、キッズからお年寄りまで幅広くサポートできる トレーナー育成を目指しています。

アスリートのサポートもできますが、 スポーツ愛好家やスポーツをし始めたキッズやジュニアをサポートできる トレーナーを目指してみませんか?

我々は『稼げる整体師』『稼げるパーソナルトレーナー』 の育成を目指しています。

contact03