スポーツ整体師として必要な怪我をしないコンディショニング作り

スポーツ整体師としてアスリートやスポーツ愛好家の方々をサポートするため、 必要なこととは何か?

それは『コンディショニング』です。

ではアスリートのための『コンディショニングとは?』

  • 怪我をしないコンディショニング
  • パフォーマンスアップのためのコンディショニング

です。

今回は怪我をしないコンディショニングについて,スポーツ整体師の立場からお話させていただきたいと思います。

  1. スポーツにおける怪我を知る
  2. スポーツ障害の原因と結果の法則
  3. スポーツ障害の原因はオーバーユースだけではない!
  4. 不良姿勢とスポーツ障害

アスリートのコンディションを整えるためには、 怪我を知り、予防方法を知る事が大事です。
逆に言えば、怪我の知識があり、予防の技術を持っていると、怪我を防ぐ可能性は高まるだけではなく、ほとんどのアスリートは運動機能が向上します。

では一つずつご説明をしていきましょう。

スポーツにおける怪我を知る

スポーツにおける怪我には、大きく分けて2つに分かれます。

『スポーツ障害』と『スポーツ外傷』で、 スポーツ障害は、繰り返しのストレスで痛みが発症する、 ジャンパー膝、投球障害、ゴルフ肘、テニス肘など、 ジュニアアスリートではオスグッドや腰椎分離症など、 繰り返しのストレスで、関節や靭帯、筋肉に炎症が出る症状です。

スポーツ外傷は、捻挫や肉離れ、骨折や脱臼など、 ぶつかったり、転んだりした時の圧力で痛くなる症状です。

スポーツ整体師としてはスポーツ外傷の予防よりも、 スポーツ障害の予防のためのコンディション調整が必要になります。

もちろんトレーニングでスポーツ外傷の予防にもなります。

スポーツ障害の原因と結果の法則

原因と結果の法則って聞いた事がありますか?
聞いた事があるという方も大勢いるのではないでしょうか?

そうです、スポーツ障害も原因があり、結果痛みを発生させているのです。
では、その原因とはオーバーユースなのか???

いわゆる使い過ぎ症候群。
確かにスポーツ障害の原因は、使い過ぎたことによって、痛みが出るきっかけですが、では安静にしていればよくなるのか?

一時期は痛みが少なくなるかもしれませんが、また練習を再開すると痛みが戻ってきたって経験はありませんでしたか?

膝が痛い、腰が痛い、肩が痛い、肘が痛い、 全てスポーツ障害の場合は、結果、膝や腰、肩や肘にストレスがかかって 痛みが出ているのです。

その結果に対して処置をする事は間違ってはいません。

でもその結果だけを対処したとしても、元々は原因があり、 その原因が膝や腰、肩や肘にストレスをかけ、 結果、痛みに変わっているのです。

だから我々スポーツ整体師はその結果を対処するだけではなく 原因を追究し、その部分を取り除く事が施術の大きな目的です。

ではその原因とは?

スポーツ障害の原因はオーバーユースだけではない!

スポーツ障害の原因はオーバーユースだけではないと断言できます。
だから練習を痛みがなくなるまで休んだとしても、練習を再開すると、 また痛みが戻ってくるので、また休まなければならなくなります。

これを繰り返していると、アスリートやスポーツ愛好家の方は モチベーションが下がってしまう傾向にあります。

そこでスポーツ整体師の出番です。

スポーツ整体師として、その原因を見つけ出す事がまずは大事になります。

ではその原因とは?

そうです!
『姿勢』です。

もちろん『姿勢』だけでないこともありますが、 ほとんどがこの『姿勢』が関与しています。
姿勢と言っても、右肩が下がっているとか、 O脚だとか、猫背だということだけではありません。

確かに猫背やO脚も原因になりますが、それは本人もわかることなので、 気が付いてくれやすいです。

右肩が下がっているとか、猫背だとか、O脚だと言っているのは、 専門的に言うと『静的アライメント不良』ということです。

しかし僕が言う、問題の姿勢は、この静的アライメント不良だけではありません。
もう一つ大事なアライメント不良があり、それを見つけ出せるか?

それが原因の場合が多々あります。

スポーツ障害の原因は、もう一つの姿勢の崩れからだ

姿勢と言っても大きく分けると『静的アライメント』と 動いた時に正しく動けているか?
そうです、『動的アライメント』もチェックする必要があります。
この動的アライメントが不良であれば、やはり膝や腰、肩や肘にストレスをかけてしまいます。

そこを見つけ出し、改善させるのがスポーツ整体師大きな役目です!

ではその動的アライメントというのはどういうものなのか?

動的アライメントチェックは色々とありますが、 一番簡単な方法ですと、前屈、後屈、側屈、回旋です。

この動きに対して、正しい動きと、正しくない動きがあり、 そこを見破れるかが大きなポイントになります。

ここで陥ってしまうのが、痛みや違和感、可動域です。

例えば、前屈をしたときに腰が痛みます。
確かに前屈をして痛みがあればよくあるはずがありません。

しかし、前屈をして痛みがなければ問題なし!でしょうか?

指が地面についていなかったら硬いので問題あり!
これは間違いではありませんが、痛みもなくて指先が地面に着けば問題なしでしょうか?

家々そんなはずがありません。

正しくない動きをしているかもしれません。

スポーツ整体師として必要なこと

静的・動的アライメント不良を見つけ出し、 それを改善できることが『怪我をしないコンディショニング』で、
スポーツ整体師として必要な技量です。

そのためには上記で挙げた事項が理解し、 選手の身体を状態をチェックし、 常にコンディションを理解していることが スポーツ整体師に必要なことで、求められることです。

これは指導者やコーチの役割ではありません。
もちろん選手が理解しているものではありません。

スポーツ整体師としての重要な役割です。

スポーツにおける怪我の場合、病院に行って診てもらっても、結局はレントゲン上は問題なし、練習のし過ぎだから少し休みなさいと湿布薬や痛み止めをもらって、それであとは自然完治するのを待っているケースが多いのではないでしょうか?

そのような痛みのサポートこそ、スポーツ整体師の出番だと感じています。

我々は、そんな整体師『スポーツコンディショニングトレーナー』
を育成しています。

体が診れる整体師=スポーツ整体師を目指してみませんか?

 

→関連コラム『スポーツコンディショニングバイブル』

 

contact02