ビジネスではなく使命感としてトレーナーを目指して欲しい

ここ数年、トレーナーを目指す人たちが増えているように思いますし、
2020年の東京オリンピックが開催されるまで、その前後までは、我々のようなアスリートをサポートする裏方さんが注目を浴びると思います。

だからなりたいという人も多くなるでしょう。

ただ、トレーナーとして日本を代表するようなトレーナーを
サポートする事が、本当に可能なのか?
という不安が頭をよぎり、諦めていく人たちも大勢出てくると思います。

スクールへのご質問や、スクール説明会にご参加していただいた人たちの中からも、
やはりトレーナーという職業が不安定なので不安だと感じ、安定した就職先を求められるケースも増えているように思われます。

これは僕だけの考えなのかも知れません。

我々のようなトレーナーを探している人は、
本当に沢山います。

資格や技術や知識だけではなく、
我々のようなポジション、立場の人がいないので、
非常にありがたく思われる職業だと思っています。

確かにトレーナーとしてお金をいただいております。
ビジネスとしてトレーナーをさせていただいております。

でもやはりお給料や売上だけを考えてトレーナーを目指すのではなく、
人を助けたい、人に喜んでもらいたい、人を幸せにしてあげたいと考えて
トレーナーを目指す人だけを教育したいと思っています。

皆さん、本当はそう思ってスクールや学校に通い、
資格やスキルを取得し現場に出て行くのですが、
やはり現場に入ると、お金のことや売上のことなど、
本来、トレーナーになりたいと思ったきっかけなど
これっぽっちも忘れてしまっているトレーナーも
沢山いるように思われます。

残念なことです。

では、どんなトレーナーを目指して欲しいのか?
どんなトレーナーを我々は育成しているのか?

トレーナーを目指すきっかけとは?

元々子供のときは教員志望だった僕が教員になれず、
サラリーマンになり、その後脱サラし、トレーナーを目指したのか?

皆さんも考えてみてください。

このコラムにたどり着いた方は、やはりトレーナーや治療家、施術家を
目指そうとしている人なのではないでしょうか?

トレーナーを目指すきっかけって何ですか?

僕は高校時代にハンドボールをしていたのですが、右肩を痛め
ろくにプレーが出来なくなったこと。

アスリートをサポートをする仕事に就きたいと思ったこと。

父親が大病を患ったこと。

この3点がきっかけになり、施術が出来るトレーナーを目指しました。

だから同じようにスポーツ障害で悩む人たちも助けてあげたいとか、
病気で苦しんでいる人たちを、少しでも楽にしてあげたいとか、
やはりアスリートとしてレベルアップさせ、目標等を達成させてあげたい
と考えてトレーナーを目指しました。

皆さんのきっかけはどうですか?

そもそも皆さんもきっかけがあるはずです。
でもいざ学ぼうとするとお給料は幾らなのか?
一生、この仕事が出来るのか?という不安が大きくなる人がいますが、
何故なのでしょう?

トレーナー業を、華やかな職業だと思い、
目指す人たちもいるかもしれませんが、
やはり裏方の仕事です。
華やかなはずがないでしょう。(笑)

でも仕事となれば、お金も稼がないといけません。
となると売上も意識して当たり前です。

皆さんは原因と結果の法則って聞かれた事はありますか?

売上やお給料って言うのは結果であって、原因ではありませんよね?
だからあえてトレーナーを目指すきっかけをお聞きしたのです。

良いトレーナーになれば、おのずと結果は付いてきます。
だから原因に目を向けて一流トレーナーを目指して欲しいのです。

良いトレーナーの条件とは?

レベルの高い資格を取得したトレーナーが良いトレーナー?
色々な資格を取得している人が良いトレーナー?
有名な選手をサポートしているトレーナーが良いトレーナー?

もちろんそれらの人たちが良いトレーナーとも呼べますし、
呼べないトレーナーもいます。

では良いトレーナーの条件とは?

ただ一つ。

人から頼られる存在であること。

日本中の全ての人から信頼されるって事はゼロに等しいと思っています。

だから僕は地域で信頼されるトレーナーを目指しています。
ジュニアアスリートのお母さんから、コーチや指導者から、
もしかすると学校の先生から、もっともっと欲を言えば病院の先生。

怪我をして悩んでいるときに、あのトレーナーのところへ行けば何とかしてくれるのでは?
あのトレーナーに相談すれば、良い結果につながるのでは?

そんなトレーナーを目指して頑張っていると、
宣伝もしなくても、広告費をかけなくても人が集まり、
売上が上がり、安定するものです。

どんなトレーナーが求められているのか?

スポーツや運動をしている人たちを対象とした地域密着型のトレーナーが、
これからは求められるトレーナーだと思います。

そんなトレーナーになるためには、どうすれば良いのか?

先程、お聞きしたトレーナーになるきっかけはが、
ここでも重要なポイントになります。

お客さん、我々では患者さんやクライアントさんですが、
そういった人たちが必要とするトレーナー像は、
その人たちに聞けば良いのです。

だからきっかけを思い出し、
その時にトレーナーになりたく感じたのですから
その目線で考えてみてください。

アスリートやスポーツ愛好家なら、
怪我をして困っているか、もっとレベルアップしたい
のどちらかです。

怪我をしたとき病院や接骨院に行ったけど治らなかった。
指導者やコーチに教えてもらっているだけではなく、
もっとレベルアップが必要と思っている人、
そんな人たちに手を差し伸べる事が出来るトレーナーこそ、
求まられているトレーナーなのではないでしょうか?

トレーナー目線で考えるより、
クライアントの目線で、クライアントがどんな不満を持っているのか?
どんな不安を抱えているのか?

医者はどのような事が出来て、どのような事が出来ないのか?
コーチや指導者は、どのような事が出来て、どのような事が出来ないのか?
その人たちが出来ないことを、我々トレーナーが出来るようになれば、
クライアントさんはトレーナーを求めてくるはずです。

我々が育てているトレーナーとは?

色々なことを経験し、スクール化し、トレーナーの育成を行っていますが、
我々が育成しているトレーナーとは下記のようなトレーナーです。

  • 地域密着型
  • 施術もトレーニング指導もできる
  • 子供からサポートできる

以上3点をポイントに育成しています。

病院で治らなかった
腹筋・背筋・腕立て伏せしか教えてもらわなかった常に努力、忍耐、根性でしか指導されていない
等、スポーツをしている場面で、色々な不安を抱えてしまっても、
医者と指導者とトレーナーが、
上手く連携すれば、地域の人たちに貢献できる立場だと思います。

そんなトレーナーを我々は育成していますし、
これからはこういったトレーナーを全国で育てる事が我々の目的であり
使命であるように思われます。

そんなトレーナーを目指してみませんか?

 

トレーニングやメンテナンスができるトレーナーはこちら
contact03