パーソナルトレーナーの資格取得後の就職先

パーソナルトレーナーになりたい!
でもそのの資格取得後の就職先が心配でパーソナルトレーナーの夢を諦めてしまう人も大勢いいると思います。

当スクールの説明会で必ずと言っていいぐらい聞かれるご質問です。
資格を取得して終わりではないのです。
やはりパーソナルトレーナーとして活躍したいのです。
その為に就職先はどうだろう?

誰もが思う不安です。

ここでいつもスクール説明会でアドバイスをしています。

就職先を探すよりも、パーソナルトレーニングを受けたい人を探せ!です。

当スクールではパーソナルトレーナーの資格でも最高レベルのNSCA公認の資格試験を取得させます。
しかし、いくらパーソナルトレーナの資格レベルが高くても、ビジネスを勉強していかないと仕事を切り開く力は出来ません。

これはどの世界でも同じだと思いますが、資格を取得できたからプロとして活躍できるほど、やはり甘くはないと思います。

しかしここ数年、時代が変わりつつあります。
昔よりも就職先が増えてきています。

特に色々な業種からのスタッフ募集も広がりつつあります。

昔はスポーツクラブなどで働くしかなかったのですが、最近ではパーソナルトレーニングスタジオという専門店も少しずつ広がりも見せています。(当スクールにも都内のパーソナルトレーニングスタジオからスクール生の派遣依頼が来ています。)他にはスポーツ施設、高齢者施設、病院などです。

しかし、いくらNSCAの資格を取得したからと言って、皆さんがプロのトレーナーとして活躍できるかは不明な面もあります。

しかし、長年、プロのトレーナーを育成しています。
パーソナルトレーナーとしてう活躍できるポイントをまとめてみました。

パーソナルトレーナーのプロになるまでのポイント

ではパーソナルトレーナーの資格を取得してから、就職しどうやってプロになっていくのか。。。。
色々な方法はありますが、ポイントをまとめてみました。

  1.  他のパーソナルトレーナーとの差別化、特徴を出す
  2. 現場でプロに指導をしてもらう
  3. サービス業としてのマナーやコミュニケーション力を身に付ける

なのではないでしょうか?

 

それでは1つずつ細かくご説明をしていきましょう!

他のパーソナルトレーナーとの差別化、特徴を出す

ここは大きなポイントです。
トレーナーさんからトレーニング指導を受けたいけど、
どのトレーナーさんから受ければよいのか?
クライアントさんは迷うはずです。

みな同じパーソナルトレーナーの資格を取得したとしても、
なかなか他のトレーナーとの差別化が難しいです。

自分はどんなパーソナルトレーナーなのか?
どんなクライアントさんのトレーニング指導が得意なのか?
これをクライアントさんに表現をしたほうが良いと思います。

例えば女性のダイエットが得意って表現するよりも、
美脚、美尻、美背中、美姿勢という「美」と言う言葉を使うだけで、
ダイエットって言う表現よりクライアントさんからすると魅力があるトレーナーとして映ります。

腰痛・肩こり改善と言うよりも、硬い体を柔らかくするとか、
正しいからだの使い方を教えます、
などと表現をした方が、クライアントさんの心に刺さります。

プロフィールにそんなちょっとユニークな特徴を明記するとインパクトがあります。

 現場でプロに指導をしてもらう

これはもっとも大事なことかもしれません。
スクール等で学んだとしてもやはりパーソナルトレーナーとして、
現場でクライアントさんに満足していただければなりません。

資格を取得しても、トレーニングメニューはどうやって組めばいいのか?
どの種目を用いて指導を行うのか?
現場に入るとわからないことだらけ。

そんな時、そばにいて指導してくれる頼もしいトレーナーが
いるといないのでは大きく違います。

僕は整体師として、スクールを出た後、
現場で2年半、師匠の下で勉強させていただき
わからないところはすべて教わりました。
その環境がなかったら、今頃どうなっていたでしょうね。(笑)

 サービス業としてのマナーやコミュニケーション力を身に付ける。

最後のポイントになりましたが、トレーナーであってもサービス業です。
サービス業としての知識をつけていかないと、
やはりクライアントさんからの評価は下がります。

 

やはりトレーニング受けるクライアントさんにとっては、
トレーニングの目的があり、結果を期待されます。
一人一人、好みも症状も、目的も違います。
運動レベルも違ってきます。

まして全ての人がトレーニングを受けたいと思っているんではなく、
どちらかというとトレーニングはしたくないと思っている人に、
トレーニングの必要性を説き、受けていただくことから始まります。

これはアパレルの店員さんや、家具屋さん、雑貨屋さんの店員さんと同じです。
接客をして良さを分かっていただき、商品を購入してもらいます。
パーソナルトレーナーさんも同様です。

資格取得後、どんな場所でトレーニング指導をするのかによっては違いますが、
たとえばスポーツクラブでパーソナルトレーニングを行う場合、
目の前には沢山の会員さんがいますが、ほとんどの方が、
マンツーマンのトレーニングを必要としなかったりします。

そんな中でトレーナーとして会員さんに声をかけ、
トレーニングの重要性を説明したり、必要性を説明したりで、
受けていただけるようにコミュニケーションをとる場面があります。

そんな時にうまく会員さんとコミュニケーションが取れなかったらどうでしょう?
やはり良いトレーナー、うまいトレーナーさんはこう言ったポイントが違います。
そんなトレーナーさんを目指して勉強をしないと、
ただ単に知識があるだけではなく、専門性を出せばよいのではないのです。

だからこそ2006年スクールをオープンさせる時には、
上記の項目を意識し、
プロのパーソナルトレーナー育成をポイントにカリキュラムを作りました。

 

プロのパーソナルトレーナーになるための3つのポイント

当スクールでは上記ポイントに重きを置いて教育を行っています。

差別化、特徴を活かす

スポーツ整体の技術も学ぶことによって、疾患があるクライアントさんのサポートができる。
姿勢分析を行い、トレーニングの効果を実感してもらう。

 現場での指導

併設のサロンラボスタジオでの研修により、先輩からの教育制度を設けています。
スタッフがどのようにプログラムを組み、クライアントさんに指導を行っているかなど、
現場だからこそ学ぶことができます。

 マナー、コミュニケーション力

これも現場で指導を行い、接客技術の指導を行っています。
パーソナルトレーナーの資格を取得しただけではプロとは言えません!
しっかりとプロになるまで教育をすることが大切です。
そのために現場での教育に力を入れています。

 

プロのパーソナルトレーナーを目指すためには、
簡単です。

『プロのパーソナルトレーナーから、
プロになるための指導を受ければよいのです』

 

114.160.165.219

 

当スクールのパーソナルトレーナーの詳細はコチラ
contact01

授業の見学は随時受け付けております。
まずは授業をご見学ください。

授業の見学をご希望の方はコチラ

パーソナルトレーナーと同時に
スポーツ整体も学べるコースも
あります。
スポーツコンディショニングトレーナーコースの詳細はコチラ↓
contact03

 

 

この記事を読まれた方は、下記のコラムも読まれています。

◎働きながらパーソナルトレーナーの資格を取得したい

◎パーソナルトレーナーの資格を取得するだけだと物足りない??

◎本当にサポートすべきはJrアスリート

◎パーソナルトレーナーの資格だけではなく、スポーツ整体の資格も同時に取得

◎半年で最高峰のNSCA公認のパーソナルトレーナーに育て上げます!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です