パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)の資格取得で迷っています・・・・

知識や経験がなくても週2日の半年間で、NSCA公認パーソナルトレーナーになれる!

 

パーソナルトレーナーになりたい!
その為には資格を取得したい。
でもパーソナルトレーナーの資格も沢山あって何がいいのかよくわからない。

パーソナルトレーナーと言う職業を知っている人は多くなりましたが、 でもどうやってパーソナルトレーナーになるの?

 

まだまだ分からない人も多いはず。

 

そこでネットで調べてみるとNSCANESTAJATIなど 色々あってわからない。

 

当スクールのお問い合わせにもこのようなご質問が多く寄せられます。

「NSCA公認パーソナルトレーナーの資格取得で迷っていますが 他にもNESTAやJATIなどの資格があり迷っていますが、どれが良いでしょうか?」

「NSCA-CPTを取得したいけど、試験が難しそうなので、他の資格でも同じでしょうか?」

 

パーソナルトレーナーの需要が多くなってきているため、 パーソナルトレーナーとしての資格を発行している団体も増えてきました。

日本でパーソナルトレーナーで活躍されるために資格を発行している団体がいくつかあり、 団体によって取得の難易度、期間などが全く違ったりします。

 

だから迷われても当然だと思います。

 

ちなみに
スポーツトレーナーの資格もご興味がある方は 『スポーツトレーナーとしての資格』をご覧ください。

パーソナルトレーナーの資格が取得できる団体

NSCA
http://www.nsca-japan.or.jp/

NESTA
http://www.nesta-gfj.com/

JATI
http://jati.jp/

もちろん上記以外にもパーソナルトレーナーとして活動するための資格はありますが、 各団体とも特徴があるのと、資格取得の難易度が違います。

自分が目指すパーソナルトレーナー像をイメージして、資格を選ぶ方が良いと思います。

でもこれだけは言っておきます。
資格取得がゴールではありません!
資格を取得後、現場でプロのパーソナルトレーナーとして活動すること!

ここをしっかり押させておかないと、楽に資格が取得できる方に流れてしまう人もいますので。。。

資格取得次第では、その後の就職先も違ってきます。

何故、当スクールはNSCAの資格を取得させているのか?

当スクールのパーソナルトレーナーコースには、『通学コース』と『通信コース』がありますが、 どちらともNSCAの資格試験の対策講座です。

何故、難易度の高いNSCAの資格を取得させているかというと『現場での活動』を重視しているからです。

やはり資格取得が目的ではなくて、現場でプロとして活動することが目的です。
となれば幅広く、より専門性で、なおかつ他のパーソナルトレーナーとの差別化が必要だと考えています

当スクールはよりスペシャリストの育成を目的とし、スポーツ愛好家やアスリートのサポートが出来るパーソナルトレーナーを目標にしています。

そのスペシャリストを育成するためにはNSCAの最大の特長でもある、スポーツ科学、各スポーツ競技、医療分野の専門家と共に、選手に適切なストレングストレーニングやコンディショニングを目的としている団体の知識や技術が必要だと感じていますので、NSCA公認のパーソナルトレーナーを目指させています。

 

パーソナルトレーナーになるためにはどうすれば良いのか?

パーソナルトレーナーの資格を取得した後、 どのようなトレーナーを目指していますか?
そもそも何故トレーナーを目指そうと思ったのですか?

それによっても 資格が違ってくると思いますので、 まずはパーソナルトレーナーの資格を取得する前にチェックするポイントを挙げてみました。

  1. 自分が目指すパーソナルトレーナーとは?
  2. 資格を取得してからフリーで活動したいのか?それとも就職したいのか?

の2点がポイントになります。

その前にお聞きしたいことがあります。

 

『NSCA-CPTやNESTA、JATIなどのパーソナルトレーナーを  目指そうと思ったきっかけは何でしょうか?』

 

大事な部分ですので授業の最初でも イメージを忘れないようにさせています。

資格取得後、現場でパーソナルトレーナーとして働いたとしても、 この原点ともいうべきところを忘れてしまうと、
結局はリタイヤしたり、クライアントさんから認めてもらえなくなりがちです。

パーソナルトレーナーになるきっかけとは?

例えば、学生時代、部活に真剣に取り組んでいたけど、 肩や腰、膝等を痛めてあえなくリタイヤしたから、 将来はスポーツをしている人達のサポートをしたいから。

何度も流行りのダイエット法を試したが、 どれも結果が出なかったり、リバウンドで戻ってしまったから、 自分がしっかり知識をつけて、ダイエットをする人の力になりたい。

子供にサッカーを教えているけど、 身体の知識がないので、怪我をした時のアドバイス、 トレーニングの知識が全くないから、資格を取得し、 子供たちにサッカーの技術だけではなく、身体の事も教えていきたいから。

 

パーソナルトレーナーを目指そうと思ったきっかけは、  一人一人違う思います。

 

上で挙げさせていただいたのは、 全て当スクールにご入学をされた人たちにお聞きしたもです。

何故、この話を先にするのか?

僕の授業でも、ここは非常に大切なので、 何度も、何度も初心を忘れないようにトレーニングをしています。

ここがぶれてしまうと、確実にプロにろうと思うと迷い始めます。

プロのパーソナルトレーナーになるためには、 最初になりたいと思ったきっかけが非常に大事だと考えています。

皆さん、形は違えどもパーソナルトレーナーになるきっかけは、

  • 人を喜ばせたい
  • 人が困っている時に助けてあげたい
  • 笑顔にさせてあげたい
    のどれかだと思います。

まずはここを紙にでも書いて、 ずっと忘れないようにしてください。

そうすると自分が目指すトレーナーとはどんな人なのか?
が明確になってきます。

自分が目指すパーソナルトレーナーとは?

パーソナルトレーナーのトレーニング指導はどこで受けることができるでしょうか?

頭に浮かぶのは専門のパーソナルスタジオ以外ですと、 スポーツクラブなのではないでしょうか?
もちろん間違いではないです。

でも最近では高齢者の施設や病院でも、パーソナルトレーナーを募集 しているところがありますし、 ゴルフ場やスイミング、 ヨガスタジオなどでも募集をされています。

ちなみにトレーナーなら誰もが知っているサイトがあり、 そこの求人情報を見ていただくとわかります。

 

トレーナーなら誰もが見る専門サイト

アタックネット

フィットネスジョブ

 

就職というよりフリーで活動しようとお考えの場合、 こういった専門サイトや情報誌からも参考になると思います。
トレーナー専門サイトではなくても、求人サイトでも募集をされているケースもたくさんあります。

リクナビ

マイナビ

そのほかにもたくさんありますので、資格を取得する前にチェックをしてみてはいかがでしょう?

 

フリーで活動?それとも就職?いずれはスタジオを開業?

上記の応募条件等を良く見ていただくとわかりますが、 専門的なところでも業務委託契約が多いですね。

正社員で働きたいと言うなら、やはりパーソナルトレーナーの資格だけではなく、 他の資格や職歴も見られる可能性はあります。

正社員として働く場合は、やはりトレーニング指導だけでなく、 マネジメント業務なども含まれているところが多いので、 せめてパソコンができ、接客の経験があったりするほうが有利なのではないでしょうか?

将来的に独立してスタジオをオープンさせたいと大きな夢を持っているのであれば、 更に広い範囲で学ぶ必要があります。
トレーナーと経営者は全く違いますから。

簡単に勉強して、実際クライアントさんのトレーニング指導を 受け持つことになればどうなるでしょうか?

パーソナルトレーナーに求められるのが、 クライアントさんがトレーニングをする目的があります。

その目的をトレーナーと一緒に達成できなければ、 クライアントさんは二度とそのようなトレーナーの指導を受けたいと 感じないのではないでしょうか?

 

パーソナルトレーナーの資格としてのNSCA-CPT

コラム『パーソナルトレーナーとしての資格NSCA-CPT』でも書かせていただいたので、 詳細はコラムを読んでいただきたいですので、 ここでは割愛させていただきます。

当スクールで目指させているのは『NSCA-CPT』です。
NSCA公認のパーソナルトレーナです。

NSCAの資格を取得するのは大変かもしれませんが、 現場でクライアントさんの目標を達成させるためにも、 深い知識が必要になります。

資格を取得して終わりではありません。

どんどん新しい知識が必要になってきますし、 情報は変化します。

NSCA公認のパーソナルトレーナーになると、 NSCA協会から機関紙が年10回も自宅に届きます。

その機関誌は、アメリカのストレングス&コンディショニングに関係する研究や 現場の現状についての最新情報を提供してくれます。

NSCAジャパン主催のセミナーやカンファレンスにも会員価格で参加することが出来ます。

NSCAの詳細はコチラ

資格を取得して終わりではありません!

だから当スクールではNSCA公認のパーソナルトレーナーの資格を取得を 目指させているさせているのです

資格を取得後、幅広い活動ができるのもNSCAを学んだトレーナーで、 現場が、クライアントさんが必要だと感じるのは、 やはりレベルの高いパーソナルトレーナー、 それこそNSCA公認パーソナルトレーナーです。

確かにNSCA公認パーソナルトレーナーの資格を取得するのは容易ではありません。
独学ではなかなか取得できないし、学べる専門学校や、スクールも数少なくなります。

でも当スクールのパーソナルトレーナーコースは、 NSCA対策の授業を行っておりますので、 合格率は94%です。
(NSCA受験対策を行っているスクールは当校だけ)

それも働きながら学べるように、 週2日の半年間です。

(関連コラム『半年で最高峰のNSCA公認のパーソナルトレーナーに育て上げます!

やはりパーソナルトレーナーになりたいけど、NSCAは合格が厳しいし、 でも他の資格じゃ不安だと考えている方、 NSCA-CPTも目指せますよ!
それも半年間です。
たった半年間です。
それも週2日スクールに通うだけ。

NSCA-CPTは資格取得が難しいと諦め気味な方、 是非一度、授業をご見学にいらっしゃってください。

ご遠方から学びに来られるぐらい、価値はあると思います。

パーソナルトレーナーコースの授業風景

あなたは何故、パーソナルトレーナーを目指そうと思ったのですか?
ちょっとした人のお手伝い、手助けのためになろうと思ったのではないはずです。

怪我で苦しんだ、長年、ダイエットを試したけどダメだった、 子供の将来のためになどではなかったですか?

現場でパーソナルトレーナーとして活動するとよくわかると思いますが、 クライアントさんがパーソナルトレーナーからトレーニング指導を 受けたい理由があります。
まして、お金をお支払してでも受けたいと思い理由があります。

その代金に見合った結果が出なければ、 二度とそのパーソナルトレーナーからトレーニング指導は受けることはないはずです。

だからレベルの高い、知識が広くて深いトレーナーを目指さないと、 現場では通用しなくなります。

だから我々は、広く深い専門的な知識が学べるNSCA-CPTをお勧めしているのです。
世界が認めるパーソナルトレーナーがNSCA-CPTだと思っています。

このコラムも是非読んでおいてください。
スクールでの学び方にも違いがありますから
『何故、パーソナルトレーナーの資格を取得してもプロとして活躍できないのか?』

最高峰のパーソナルトレーナーを、あなたも目指しましょう!

 

パーソナルトレーナーコースの詳細はコチラ

パーソナルトレーナーの資格だけではご不安な方へ

当スクールは元々パーソナルトレーナーの育成と、 スポーツ整体師の育成を行っております。

NSCAの知識や技術は大切ですが、 もう一つの武器を持つとすると、 やはり治療系、施術系なのではないでしょうか?

腰が痛い、膝が痛い、肩が痛いという クライアントさんが来た場合、どうしますか?

痛み部位を何とかして欲しいと言われても、 トレーニングはできないしなあ。。。。。

そんなクライアントさんのをサポートするためにも、 トレーニング指導だけではなく、メンテナンス系の 技術も同時に取得してはいかがですか?

当スクールの一番の人気コース
スポーツコンディショニングトレーナーコースをお勧めします!

→関連コラム『スポーツコンディショニンバイブル』
→関連コラム『今後はコンディショニングトレーナーが必要になる理由』

 

パーソナルトレーナーだけではなく、
併せてスポーツ整体の資格も取得できるコース
スポーツコンディショニングトレーナーコースの詳細はコチラ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です