NSCA公認のパーソナルトレーナーに半年間でなる方法を教えます。

最近では「パーソナルトレーナーになりたい!」と思う人が多くなってきました。

それだけ周りで需要が出てきたのか、それとも2020年東京五輪に向けて、
アスリートをサポートする仕事に就きたいからか。。。。

でも本当に人気の職業の一つだと思います。

当スクールのパーソナルトレーナーコース、スポーツ整体とパーソナルトレーナーの
両方が学べるスポーツコンディショニングトレーナーコースに、
たくさんの受講生がトレーナーを目指して頑張っています。

それも横浜や東京からではなく北は北海道から、南は九州から数年間、
この横浜市青葉区にある当スクールにわざわざ引越しをしてスクールで学んだあとは現場で学び、
最終的には地元でトレーナーとして活動したいと考えています。

当スクールでは、パーソナルトレーナーでも世界の最高峰であるNSCA公認のパーソナルトレーナー
を半年間で取得させる独自のプログラムで受験していただき、合格へと導いています。

 

でも半年間で、本当にあの難関であるNSCAに合格するのか?

このサイトでもご説明をさせていただいておりますが、
通学コースですと週2日(1日約5時間)の半年間学んでいただくだけで
NSCA公認の資格試験での合格率は95%です。たった半年間だけで全く知識がない人でもですよ。

では何故、半年間で合格するのか???

簡単です。合格する秘訣を知っているからです。

試験対策に自信があるからです。

それだけではありません。
資格を取得したからパーソナルトレーナーとして一生活動できるのか?
皆さんの大きな不安材料です。

当スクールのパーソナルトレーナーの授業では、
NSCAの試験に合格するだけが目的ではなく、
現場でプロとして活躍できるように3つの特徴があります。

  1. 実技の授業にも力を入れています。
  2. 姿勢分析法を用い、トレーニングメニューを作成する技法を教えています。
  3. 取得後、現場で学びながら働くこともできます。

 

パーソナルトレーナーの資格取得するためには・・・

学生の時ほど時間が取れない。
働きながらしか資格が取得できない。
でもNSCA-CPTは取得したい。という方がほとんどです。

だからこそ半年間で取得できるようにこだわっています。
NSCAの試験は毎年、東京の会場で4月中旬と10月中旬の2回あります。

その試験を受けるためには、
NSCAジャパンに願書を提出しなければなりません。

NSCAジャパンサイトはこちら

ではこれからNSCA-CPTの資格を取得するための手順をお教えします。

①NSCAジャパンサイトから試験の願書をダウンロード

願書はこちらからダウンロードしてください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

②ご卒業された学校から卒業証明書(高校、専門学校、大学等)を取り寄せる

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

③当スクールの資料等をご請求

当スクールの資料のご請求はこちら

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

④NSCAジャパンに願書をご提出

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

⑤当スクールへ、入学願書のご提出

 

NSCAへの願書提出の締め切りはNSCAジャパンサイトをご参照ください。

当スクールのパーソナルトレーナーコースは、
このNSCAの試験に合わせてクラスをスターとさせています。

なので、毎年4月中旬より10月中旬まで、
10月の中旬より翌年の4月中旬までの半年間です。

それも週2日間です。

だから働きながらでも学ぶことができます
全く知識がなくても、少人数制ですので、
細かい指導が出来るのでご安心ください。

だから半年で合格できるのです!

 

114.160.165.219

contact01

サイトや資料ではわかりづらい部分もあるでしょう。

随時、スクール説明会を行っており、
希望者は授業の見学や、体験も可能ですので
お申込みください。

現場を見ていただけるとよくわかるはずですから。
60.40.21.13

 

この記事を読めれている人は、下記のコラムも読まれています。

◎半年で最高峰のNSCA公認のパーソナルトレーナーに育て上げます!

◎パーソナルトレーナーの資格だけではなく、スポーツ整体の資格も同時に取得

◎働きながらパーソナルトレーナーの資格を取得したい

◎トレーナー、整体師になる為の3つのポイント!

◎パーソナルトレーナーとしての資格NSCA-CPT

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です