なぜ、スポーツ整体師を学んだ人が、すぐに現場で通用するようになるのか?

こんにちは。
レエールSCTS代表の廣谷です。

スクール説明会等でも、
「スポーツ整体師として、一生やっていけるのでしょうか?」
「スポーツ整体師を自分も身につけることが出来るのでしょうか?」

など、技術習得についての不安をご相談される方もいらっしゃいます。

 

折角、スポーツ整体師を目指そうと思っても、
自分はプロのスポーツ整体師になれるのか?
なれるようならなりたいけど、なれないようならあきらめる。

極端に言うと、スクールを選ぶ前に判断をされてしまうことがあります。

 

どんな資格でも同じですが、
学んで結果が出せる人と、出せない人がいます。

 

どうしたら学んでいる人、すべてが答えが出せるスポーツ整体師のなれるのか?・・・・

 

長年、スポーツ整体を育成してきた経験から、
2つの事柄に気が付きました。

  • わからない事を、わからない時に聞く
  • クライアントさんをフレームワークに当てはめて施術をする

当たり前のように感じると思いますが、
その当たり前をしっかり教えていくことが簡単なようで簡単でないと気が付きました。

 

人には少し得手不得手があるかも知れませんが、
スポーツ整体の授業では、常にわからないことは
わからない時に聞いてくださいと伝えています。

また、どんなに技術が上手くなったとしても、
クライアントさんの体がわからなければ、
どの技術で施せばいいのかわかりません。

だから問診とボディチェック(動作分析)を使って、
カテゴリーに分類をしてもらい、
その結果をフレームワークに当てはめ、
どの技術で、どこを施術すればよいのかを判断できるようにしています。

 

なので、得手不得手があったとしても、
そのフレームワークに沿って、
カテゴリー分類をし、
カテゴリーに合った技術をを使いなさいと指導しています。

少し説明をします。

 

 

わからないことを聞く

’’わからないことを聞く’’

一見すると当たり前ですが、
学び始めた人に「わからないことはありませんか?」と聞くと

 

ほとんどの人が「ないで~~~す。」と答えます。

 

わからないことがないのではなく、
わからないことがわからない、
いわゆるわからないことに気が付いていないということです。

スクールでどんなに解剖を学んでも、
実技のテクニックを学んでも、
実際に、現場でクライアントさんの体をケアする際は、
学んだとおりだとは言い切れません。

同じような症状でも、
年齢が違う、体型が違う、性別が違うなど、
一人一人の症状や、状況が違いますので、

習った知識や技術が通用するかどうかはわからないのが本音です。

 

その時が、一番教えてほしい、知りたいときなのです!
でもすでにスクールを卒業していれば、
わざわざ学校に行って、講師に聞きますか?

聞く人もいれば、聞かずに自分で調べる人もいるでしょう。

 

しかし、なんでも同じだと思いますが

成功するためには、成功者に聞く

これは成功の法則の原則です。

 

聞きたいときに聞ける環境が成功の秘訣

じゃあ、スクール在学中なら、
すぐに講師に聞くことができても、
卒業してからは聞きにくくなるのが当たり前かもしれません。

 

サラリーマンから脱サラにして、この世界に飛び込みましたが、
スクールで学んだことよりも、
現場で師匠に指導をいただき、
わからないことが聞ける環境で、
経験を積ませていただけたことは、
本当に力になりました。

 

わからない時に、わからないをそのままにせず、聞く環境、
知る環境、学ぶ環境があったからこそ、いろいろな症状、
いろいろな状況での対応力を身につけることができました。

本当に、本当に師匠には感謝しています。
20数年も、まだこれからも整体師としてやり続けていけるのは、
やはり師匠が、現場で指導をしてくれたおかげだと思っています。

 

では在学中も含めて、
卒業してからもわからないことがあれば、
どうやって聞くように環境を整えればよいのか?

 

メール、電話、SNSなどで簡単に連絡が取れる時代になりました。
でも実際、卒業後に聞いてくる人はごくわずかです。

 

もっと聞きやすい環境を作らないと・・・・・

フレームワークに当てはめて施術をする

それともう一つ、

”クライアントさんをフレームワークに当てはめて施術をする”

一見、マニュアル化すればよいのか?
と思われますが、技術をマニュアル化したとしても、
クライアントさんの体や症状が全く同じとは言い切れません!

だからクライアントさんの状態をマニュアル化できれば、
誰もが同じような施術結果が出せるのでは?・・・・

 

これだけたくさんある症状を、どうやってマニュアル化するのか・・・・・

 

わかった!

 

 

ということで、クライアントさんの症状を、
フレームワークに当てはめ、
その結果次第で、この技術を使えばいいのだ!がわかれば
誰もが同じような結果が出せると確信しました。

 

それが一つ、「痛みのコンディショニング」です。

  1. その痛みは、スポーツ外傷?スポーツ障害?
  2. 急性期?それとも急性期以外?
  3. スポーツ障害なら、どの動きでどこが痛むか?
  4. その動きはどの関節が動いているのか?
  5. その動かしたときに動きで伸ばされる筋肉群は?
  6. その筋肉群にはどんな筋肉があるの?
  7. その筋肉の起始と停止は?
  8. 単関節筋?多関節筋?

このようなことがフレームワークです。
問診とボディチェックで、どこが痛みの原因かを特定することが出来、
その場合、どこを、どのテクニックで施せばいいのかがわかれば、
誰もが同じような結果が出せるはずです。

 

2018年、スポーツ整体の学び方が変わります。

2018年秋までには、
スポーツ整体の学びの環境を整える準備をしています。(2018年6月現在)

 

ん?どういうこと?
と思われるでしょう。

 

たくさんの人からもリクエストがありましたが、
スポーツ整体を通信講座化のために、
現在、講座を作成しています。

 

通信講座?

 

でもただただ、動画を観て学ぶというレベルではありません!

動画&オンライン勉強会

 

オンライン勉強会????

 

そうです、オンライン勉強会です。

当スクールは2018年4月より、
インターネットを使って、オンラインでのセミナーや、
勉強会、講座をスタートさせました!

 

まず最初にスタートさせたのが、
『パーソナルトレーナーオンラインコース』

通学コースの土日クラスを、
インターネットを通して
ライブ放送をしており、
メンバー専用サイトで、
いつでも視聴もできるようなコースをスタートさせました!

 

今回のスポーツ整体コースも、動画&オンラインコース(仮称)
もスタートさせる準備を行っており、
2018年秋の開講を目指しております!

 

講座では、スポーツ整体メンバーサイトで、
技術、知識などの動画を見放題ですが、
定期的なオンライン勉強会等で、
わからないこと、細かい部分などをお伝えしようと思います。

 

しかも、一生(少し大袈裟ですね)
現場で活動するようになっても、
独立、開業してからも
学びたい人は学び続けるように、
講座の中身は、どんどんボリュームアップし、
定期的なオンライン勉強会を開催し、
プロで活動し続けるまで、
しっかりサポートできる環境を作ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です