パーソナルトレーナーの資格NSCA-CPTを通信講座で取得

パーソナルトレーナー[NSCA-CPT] の資格を通信講座で取得

パーソナルトレーナーの資格、しかも最高峰のNSCA-CPTの資格が通信講座で取得できるようになりました!

2006年より10数年間、通学コースのみで指導してきましたが、徐々に全国からご入学をされるようになりました。

やはり一時的にでも横浜市青葉区にある当スクールに通える人は一部だと思っています。
だから通信で教育し、NSCAの資格試験に合格していただこうと通信講座を開講し、動画(DVD)でオリジナルテキストとオリジナル試験対策問題集を学んでいただけるようしました。

(2018年にはパーソナルトレーナー動画通信講座はオンラインでのサポートもスタートする予定です。)

ただ、通学コースも同じですが、NSCAの資格を取得しただけでは意味がないかもしれません。
だから取得がゴールではなく、プロのパーソナルトレーナーになるための教育もこれからは力を入れていく予定です。

通学コースでは「スポーツ整体」も同時に学べますので、
今後はスポーツ整体も学べるように、現在は動画を作成中です。

それ以外にも、NSCAの資格試験は実技がありません。
でも現場では実技指導が必要です。

だからNSCAの資格を取得で終わりではなく、さらに現場で指導できるようなコンテンツを用意する予定です。

 

それよりもまずは通信講座で、難関のNSCAを取得させることです!

 

ちなみにですが、通学コースのNSCAの合格率ですが約96%
(ここ数年だけで言うと100%の合格率です。)

しかも週2日(1日約5時間)の半年間学んでの受験です。
この実績には自信があります。
全く知識や経験がない方でも半年間で合格をしています!

 

それには訳があります。

 

NSCAの試験対策のオリジナルテキストとNSCA-CPT試験対策問題集を作成し、それに基づいて指導してるからです。
NSCAの試験が出ると言われている『パーソナルトレーナーのための基礎知識』を独学で学んだとしても、合格率5~6割と言われています。

 

ここが大きなポイントです!

 

動画通信講座では、そのオリジナルテキストや、問題集を使い、DVDで解説をしています。
またわからないところはメールで聞くこともできますし、2018年にはオンラインで質疑応答が出来るようにシステムを構築中です。

詳しくはコチラ
パーソナルトレーナー動画通信講座サイト

でもNSCA公認パーソナルトレーナーの資格を取得しても、果たして仕事はあるの?
って悩まれている人も多いはず。

だからこそ、今後はトレーナーのサポートを受けたい人も全国にはたくさんいますので、受けたい人を学んだ人たちに紹介するサービスも立ち上げる予定です。

 

そこで少しパーソナルトレーナーのサポートを受けたい人はどういう人なのか?ご説明をしていきたいと思います。

結局、資格は全て同じだと思いますが、NSCA公認パーソナルトレーナーの資格を、通信講座で取得するためには、取得後、仕事として活動できなければ、あえて難しい資格を取得しようと思わないはずです。

だから当スクールでは、受けたい人も集客し、ご紹介をしていこうとシステムを構築中です。

ますますパーソナルトレーナーの需要は高まる?!

オリンピックやワールドカップ、世界選手権など、スポーツの世界では、日本選手が世界で大活躍をしてくれています。
それに2019年にはラグビーのW杯、2020年にはオリンピックが日本で開催されることが決定し、 ますますトレーナーの需要は上がってきています。

それに加え、ここ数年前から女優さん、モデルさんがTVや雑誌、SNS等で、パーソナルトレーナーさんからトレーニング指導を受けているという情報を流しています。

だからここ数年で、「パーソナルトレーナー」や「パーソナルトレーニング」という言葉が認識されてきました。

 

スポーツの世界ではトレーニングは当たり前、それも小中学生のジュニアアスリートのレベルから必要だと感じている人が増えています。

一昔前から『体幹トレーニング』と言う言葉は、もうほとんどの人が知っています。
しかし、まだまだ体幹トレーニングってどんなものなのか?
そもそもトレーニングって何をどれぐらいやればいいのか?
はまだまだ分かっていません。

コーチや指導者も、トレーニングを学んできた訳ではありませんから、まだまだ昔の根性論で指導をしているレベルです。

必要だと思ってインターネットで情報を手に入れようとしたり、本屋さんに行ってトレーニングの本やDVDを購入したりしていますが、大抵の人が理論がわからないので見様見真似で終わってしまっているのです。

だからどんどん全国の人がNSCA公認パーソナルトレーナーの資格を取得されて、そういった必要だと思っている人たちのトレーニングサポートをしていく人は多くなっていくでしょう。

でもまだパーソナルトレーナーが活動されているのは都市部集中型で、 地方都市でもジュニアアスリートをはじめ、 トップを目指しているアスリートはたくさんいます。


↑当スクール代表がサポート(函館)するジュニアアスリート

でもまだまだその環境は首都圏や大阪、名古屋、福岡など限られた地域のみで、 全国レベルではないように思います。

それはアスリートの環境だけではありません。

日本も高齢化問題、健康保険等の問題で、 行政もこれからは高齢者の運動指導に力を入れています。

高齢者だけではなく、 主婦やOLの姿勢改善,サラリーマンのメタボ予防や、ロコモ対策など、 成長期の子どもたちへのトレーニング指導が必要不可欠になってくると思います。

しかし、色々な年代の人達にトレーニング、運動指導を行える立場、ポジションの人が少ないのでどうすればいいのか、どこの誰に聞けばいいのかわかっていません。

病院?接骨院?スポーツクラブ?学校?

まだまだ適切なトレーニング・運動指導を行える環境は整っていません。

だからこそ、パーソナルトレーナーとしての職域を広げ、 運動・トレーニング指導が出来る人たちを育成しようと思い、 2006年横浜市青葉区に『レエール スポーツコンディショニングトレーナーズ スクール』を開講いたしました。

スクールを開校してNSCAの合格率も9割を超えています。
その経験を動画での通信講座にまとめました。

自宅でパーソナルレーナーを目指す!

169ac5aea2e0b653a94298f28572df4c_s

学ぶ環境が少なく、特に当スクールが育成するスポーツコンディショニングトレーナーは、 パーソナルトレーナーの資格と、スポーツ整体の資格を取得させるスクールですが、 通信コースでは、まずはパーソナルトレーナーの資格を取得していただくためのコースをスタートさせました。

今後は「スポーツ整体」の知識、「スポーツコンディショニング」の理論も通信講座で学べるように展開していく予定です。

しかもパーソナルトレーナーの最高峰と言われているNSCA公認のパーソナルトレーナーの資格を取得させることを目的とした通信講座です。

NSCAの資格試験に合わせ『パーソナルトレーナーのための基礎知識』から試験対策用にオリジナルテキストを作成し、その講義をDVDにまとめました。

オリジナルテキストは、通学コースでも使用しているテキストを、 新たに通信コースようにアレンジし、 さらに試験対策問題集や、実技DVD,解剖学DVDもセットにして 全く知識がない方でも学べるような内容にしました。

通信コースの詳細はコチラ

2910012498000
通信コースで使用するDVDとオリジナルテキスト
オリジナル試験対策問題集、解剖学、実技DVD

 

ちなみに当スクールの通学コースのNSCA-CPTの資格試験の合格率は約95%です。
2016年の合格率は100%です。

153_221_245_150

その通学コースで使用しているオリジナルテキストを通信講座用に編集し、 動画(DVD)を観ながら学習するシステムです。

しかもパーソナルトレーナーの資格で最も難易度が高いと言われているNSCAの資格試験向けの通信講座です。

何故、NSAC-CPTを皆が目指すのか?

384182e2a156d34a26a54a13a1d1460e_s

スポーツクラブにもパーソナルトレーナーはたくさんいます。
自称パーソナルトレーナー、なんちゃってパーソナルトレーナーはたくさんいます。
でも本格的にパーソナルトレーナーとして活躍したい人たちはNSCAを目指す人が多いです。

では何故NSCAを目指すのでしょうか?

NSCAはアメリカのトレーナーの団体です。会員数は世界で一番多く、 世界規模のライセンスです。特にアメリカでは野球、バスケッッとボール、 アメリカンフットボールなどのメジャープロ競技の組織のフォローをしていますので、 アメリカのスポーツ医学の知識が豊富に入ってくるため、 他のパーソナルトレーナーのライセンスよりも数倍もアスリートをサポートする上では専門的です。

もちろんアスリートだけではなく高齢者のサポートや一般人の健康管理のための 知識も充実しているため、パーソナルトレーナーとして色々なクライアントさんを サポートすることができる知識を持てるので人気の一つでもあります。

日本でもパーソナルトレーナーの求人数はかなり増えています。

トレーナーが見る求人サイトを見ればよく分かりますが、 パーソナルトレーナーを募集される企業を見るとやはりNSCAーCPTが採用条件に なっているものがほとんどです。

だからプロとして活動するためにはNSCAが必要だと 思っている人が多いと思います。

しかし、NSCAの資格試験は難しいです。

スポーツトレーナー育成するクールでさえも 合格率が低いので、避けている専門学校が多く、 学べるところが少ないのが現状です。

だからこそ通信コースを作り、 沢山の人達がNSCA-CPTの資格を取得し、 沢山の人達を健康へと導いて欲しいと思います。

今後は『スポーツ整体』の通信コースもスタートさせたいと思います。
まずはスポーツトレーナーとして必要なNSCA公認パーソナルトレーナーを目指してください!

パーソナルトレーナー通信講座のお申し込みはコチラのサイトをご覧ください

関連コラム:これから求められるスポーツトレーナー像

 

パーソナルトレーナー動画通信コース
の申込はコチラ↓

スポーツ整体コースの詳細はコチラ↓
contact02

パーソナルトレーナー+スポーツ整体の両方が学べるコース
詳細はコチラ↓
contact03