スポーツ整体+パーソナルトレーナー=・・・

少しずつだと思いますが、施術家・治療家さんがトレーニングの知識を学び始めており、
トレーナーさんが施術や治療の技術を学び始めています。

やはりトレーニングとメンテナンスの両面からクライアントさんをサポートしないと、
問題が解決してこないとわかってきたからでしょう。
それにこれからは両面のサポートができる人や環境が当たり前になってくると思います。

当校でも両方学べるコースがあります。

スポーツコンディショニングトレーナーコース

スポーツ整体とパーソナルトレーナー。
スクール生の9割以上がこのスポーツコンディショニングトレーナーコースを選ばれます。

それは何故か?

クライアントさんの痛いや辛い、パフォーマンスアップはほとんどの場合、
強張った筋と弱くなった筋があり、その両面をアプローチしていく必要があります。
例えば腰痛で整体院に言ったとします。
そこで先生に言われたことは、「腹筋や背筋が弱っている。強化してください。」と。

果たしてクライアントさんが自分にあったトレーニングメニューを組むことができるのでしょうか?
クライアントさんがアスリートであったとしても、
正しくトレーニングメニューを組める人のほうが珍しいのではないでしょうか。

パーソナルトレーナーさんにトレーニング指導を受けてみると、
硬くなった筋に対してはストレッチという形が多いですが、
本当にストレッチだけでやわらかくなるのでしょうか?

クライアントさんの症状にもよりますが、硬くなった筋や弱くなった筋が存在し、
両面からのサポートが必要になります。
だからわれわれ併設のスポーツコンディショニングラボでは、
メンテナンスができるスペースと、トレーニングができるスペースを両方を持ち、
姿勢分析というメニューで、クライアントさんの症状の原因を探り、
メンテナンスやトレーニングに活かしております。

そんな技術や知識をスクール教えているからこそ、両方を学びたくなるのかも知れません。

スポーツ整体師+パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)=スポーツコンディショニングトレーナー
今春からはこのフィジカルサポートだけではなく、メンタルサポートができるように
メンタルトレーナーコースやカウンセラーコースまで増やしましたので、
さらに広く専門的にサポートができるトレーナーを育成することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です