半年で難易度の高いNSCA公認のパーソナルトレーナーになれる!

パーソナルトレーナーになれる!
しかも難易度の高いNSCA公認のパーソナルトレーナーを半年間で!・・・・

でも実際はNSCAの資格を取得したくても、余り専門学校やスクールで教えているところもまだまだ少なく、 独学で取得しようと考えてしまうのも無理はないと思います。

しかし、そのNSCAの資格が、週2日の半年間で取得できるとしたらどう思いますか?
しかも合格率は90%以上です。
(*2016年は全員合格をしています。)

ほとんどの人が合格です。

たった2日間の半年でNSCAの資格を取得する

当スクールではNSCAの試験対策用のオリジナルテキストを作成し、 それに基づいて、週2日の半年間で受験していただいています。

ましてここ数年は皆さん、半年で合格率が95%です。
2016年に限っては、全員が1回(半年)で合格をしています。

でも本当に週2日の半年間で資格が取得できるの?
全く知識もない自分でも大丈夫なの?

誰もがそういう不安になるはずです。

では何故、週2日の半年でNSCA-CPTの資格試験に合格できるのでしょうか?
その前にNSCAの資格試験についてご説明をします。

NSCAの資格試験が変更になった!

まずは認定試験の事ですが2016年4月より、NSCAの認定資格試験が変更になりました。

毎年、東京の会場では4月の中旬と10月の中旬にNSCA公認の認定資格試験があり、 毎 回、当スクール生も、半年間学び資格取得のために受験していただいていましたが、2016年よりコンピューターベースでいつでもどこでも認定資格試験を受けることが出来るようになりました。
スクールの期間が終わればご自分のご都合の良い日程で受験すると言うことです。

詳細はこちら
https://www.nsca-japan.or.jp/04_certif/schedule.html

確かにNSCA公認のパーソナルトレーナーの資格は、難易度が高い資格試験です。
難易度が高いと言うか、非常に出題にクセがあります。

だから半年で本当に資格取得できるの?と思われがちですが、 そこは自信を持って大丈夫と言 えます!
あまり自信をもって大丈夫と言うと 疑われてしまうかもしれませんね。

ただし週2日を半年間、 きちんと学びに来て下さい。
復習も忘れずに!
これだけはお願いします。

それと、NSCAの資格試験を受けるにあたって、 条件があります。

  1. 満18歳以上で、高校以上を卒業していること
  2. NSCAジャパンに入会していること
  3. 有効なCPR/AEDの認定を保持していること

以上3点です。

詳しくはコチラ
http://www.nsca-japan.or.jp/04_certif/aboutcpt.html#jouken

週2日の半年間でNSCAの資格試験に合格する理由

≪NSCAの資格試験に合格する理由≫

  1. 試験対策のオリジナルテキストで学ぶ
  2. 少人数で学ぶ
  3. 繰り返しのオリジナル問題集で学ぶ

高校や大学受験でも同じだと思いますが、 参考書を最初から最後までを学び、 理解すること が大事だと思いますが、 やはり学校によって、出題の傾向がありますよね。

大学の入試を経験した方なら理解しやすと思いますが、 書店で大学別の問題集、いわゆる 赤本があり、 志望校の過去に出題された問題をまとめられているので、 必ずと言っていいほ ど、参考書だけでなく 赤本も同時に勉強したのではないでしょうか?

NSCA-CPTの資格試験も同じなのです。

只今、PTコース入学受付中!!

NSCAの資格を取得する為の【試験対策虎の巻】?!

スクール見学に来ていただくとよくわかると思いますが、 当スクールはNSCAの試験対策が 大きな特徴ですが、 NSCAの試験に出題された過去問の傾向を把握し、まとめ上げたもの をテキストに使っているので、 合格率がアップするのです。

当スクールの特徴をご説明をしましょう。

試験はNSCAジャパンから発行されている 『パーソナルトレーナーのための基礎知識』から出題されます。

NSCA-TEXT
2014年9月現在では第2版から出題されています。

そのテキストは第1章から第25章まであり、 これを本当に一人で勉強し、試験で闘えるのか?
疑問に思えます。

でもここで一つ落とし穴があります

車の免許証を取得された方はご存知だと思いますが、 試験に向けての虎の巻(今でもあるの かわからないですが・・・・) があり虎の巻を勉強さえしていれば合格間違いないでした。

さすが虎の巻って思った方も大勢いらっしゃるでしょう。

NSCAの試験も同じです。

仮にテキストを丸暗記できたとしても 合格率は5~6割だといわれています。
だから受験対策が必要ですので、 虎の巻が必要なのです。

通信用のオリジナルテキストですが、当スクールの虎の巻です

だから作っちゃいました!(笑)

ここが大きな特徴です。
簡単には作れません。

担当トレーナーが、10数年かけて作り上げた虎の巻、 この虎の巻で勉強をして いくので出題の傾向がよくわかります。(ちなみにオリジナルテキストは、毎年試験に合わせてバージョンアップしています。)

しかも少人数制で。

一クラス6名までで教えていますので、 スクール生がどの部分が理解できていないのか?
どの問題に時間がかかるのか?

少人数制だから生徒さんが見えるのです。
誰が理解できていて、誰が理解していないのか?

欠席した人のフォローも、 少人数制だから出来るのです。

全く知識がない人もチャレンジされるので、 そんな人にも半年で合格していただきたいから 少人数制なのです!

只今、PTコース入学受付中!!

 

NSCAの資格試験合格への近道は、試験を知るべし

NSCAの試験の傾向を知らなくて、合格はあり得ません!
だから独学での受験は余りお薦めしていません。

ここでNSCAの試験当日について ご説明をさせていただきます。

NSCAジャパンのサイトをご覧いただくと、 試験の詳細が書かれてあります。
http://www.nsca-japan.or.jp/04_certif/aboutcpt.html#jouken

ビデオ問題も入れて140問で、試験時間は3時間です。
3つの選択肢から一つを選ぶマークシート方式ですので、 わからなければ、どれかにチェッ クをすればよいと 思われる人も多いですが、 そんな簡単なものではないですよ。(当たり 前ですが)

3時間で140問。 マークシート方式であったとしても、 時間に余裕があるわけではなく、 問題を解くのにぎりぎりまでかかってしまいがちです。

ある意味時間との勝負でもあります。

ここで大きな差が。。。。

当スクールで学ばれた場合、 先ほども述べましたが、 受験対策用の虎の巻があります。

ましてその虎の巻からの問題を、 授業中に何度も何度も試験しています。

出題傾向に慣れてしまっているので その分、 問題を解く時間が短縮され、最終的には
全部問題を解いた後も 見直しをする余裕ができます。

只今、PTコース入学受付中!!

 

クラスは週2日の半年間!

当スクールの大きな特徴の2つ目です。

当スクールは働きながら資格取得を目指している方を 対象としたカリキュラムです。
(もちろんフリーの方もいらっしゃいますが…〉

働きながら資格を取得し、 取得後は、プロのパーソナルトレーナーに!
と考えている方々ばかりです。

だからできるだけ最短で、なおかつ仕事に支障が出ない程度で。。。

それが週2日の半年間なのでは?と考えております。

やはり休みに時間を削って学びに来られるので、 できるだけ短い期間にしてあげないと 体力的にも、時間的にも、交通費等もかかりますので 金銭的にも負担がかかってしまいます。

だから出来るだけ負担を減らす努力を 我々は行っております。

やはり1年や1年半かかってしまうと、 途中で挫折し、結局は無駄になってしまいます。

しかも資格を取得したとしても、それで終わりではないですよね。

現場でプロになるための勉強、修行があり、 はれてプロのパーソナルトレーナーになります。

だから週2日の半年間にこだわり 半年後にはNSCA-CPTに育て上げています。

先程も言いましたが、 週2日の半年間学んだとしても、現場で一生パーソナルトレーナーとして 働き続けることが目標なのではないでしょうか?

でもほとんどが資格取得で終わっています。
プロになれないまま、プロとして長年活動できなくなり、 せっかく取得したNSCA=CPTも無駄になってしまう人が
大勢います。

そんな方のために、そんな人にならないために このコラムもお読みください。

パーソナルトレーナーの資格を取得したから終わりではありません!

どんな資格も同じですが、そこからが本当の意味でしっかり学ばないと、 結局は資格が無駄になってしまいます。
でも、我々はプロにさせるためのノウハウがあります。

それは長年、パーソナルトレーナーを育て上げたのと、 現場で活躍するスタッフが、スクールの講師を務めているから、 現場のクライアントさんのニーズがわかっているからです。

是非、このコラムもお読みください。

『何故、パーソナルトレーナーの資格を取得してもプロとして活躍できないのか?』

114.160.165.219

NSCA対策の学校やスクールは、 日本でも数校あるみたいですが、 本当に半年間で合格できていますか?

ここは確認してもらいたい重要な要素です。

NSCA-CPTの受験料は45200円です

(2014年6月現在) 試験だけで45200円ですよ

少しお高くないですか?

不合格だった場合、半年後にもう1回受験すると90400円です。

もちろんそれ以外の費用もかかります。
それを2回も3回も受けて合格でも、心は痛いですよね。(笑)

プラスお金では買えない時間が無駄になっています。

だから当スクールは、1回で合格させています
それも最短の半年で。

万が一、不合格だった場合は、 もちろん無料で再受講が可能なようにしていますが、 過去に1名だけでした。

当スクールの考えとして、転職してパーソナルトレーナーになりたい
でもNSCAは難しいと思うので、 簡単に取れる資格にしようか迷ってしまう。

お金にも時間にも余裕などない。
でもパーソナルトレーナーになりたい。
それも最高レベルのNSCA-CPTに。

そんな方々のためのスクールです。
他のスクールにはない独自の教育で、 沢山のパーソナルトレーナーを育て 上げています。

それだけではありません。
資格を取得してもプロとして活躍できなければ意味がありません。

スクール選びも大きなポイントになります。
そんな人のためにこのコラムもお読みください。

『パーソナルトレーナーになりたい人のためのスクール説明会』

まずはスクールを見に来てください。
その違いはすぐにわかりますから。

スクール見学、説明会は随時行っております。 まずはご見学を!

絶対お勧めコラム『スポーツコンディショニンバイブル』

60.40.21.13

パーソナルトレーナーコースの詳細はコチラ

contact01

資料請求

 

全国の人がNSCA公認パーソナルトレーナーを目指せるように!

当スクールには北は北海道、南は九州から毎年ご入学されてきます。

でもこの横浜市青葉区にあるスクールに通える人は本当に一握りだ思っています。
そこでこの虎の巻を工夫して通信コースもスタートさせました。

パーソナルトレーナー通信コースの詳細はコチラ

153_221_245_150

お蔭様で、全国の人がNSCA-CPTに向けて通信コースで頑張っておられます。
通学コースよりも時間はかかりますが、
しっかりとアドバイスを行っていますので、
これから益々色々な地域に、当スクールのご卒業生の活躍が見られると思います。

ただ通信でNSCAに合格させるだけでは終わりません。

全国で我々が育てたトレーナーのサポートを必要とする人たちに集まっていただき、
ご卒業生がプロで長く活動できるようにマッチングしたいと考えています。

ここ数年、北海道の函館に行って、
ジュニアアスリートのサポートを行っていますが、
地方都市にも全国を目差す優秀な選手がいます。

これは函館に限ったことではないと思います。
ジュニアアスリートからきっちりサポートできるようになれば、
色々な街で活躍することは難しいと思いません。

むしろ首都圏で活動するよりライバルがいない分活動しやすいです。
それを函館で感じるようになりました。

通学コースの通う地方からのスクール生も、
数年後には地元で開業したいと夢見て入学してくれています。

数年後にはそれが叶うように技術や知識はもちろんのこと、
経営的なことも含めて指導し、
併設のサロンラボスタジオで経験していただいています。

当スクール併設の施設 サロン『カイロ&アロマ レエール』
ラボ『レエール スポーツコンディショニングラボ』
       スタジオ『コンディショニングスタジオ サンテ・ソレール』

もっともっと日本もアメリカのように、
トレーナーのサポートをジュニアの時代から受けれるような環境を作り、
もっともっと世界で活躍して欲しいと思っています。

そのためにはトレーナーの質を上げる

これが必要になってくると思います。
これから益々需要があるトレーナーを今から目差しませんか?

そのためにはまずはレベルの高いNSCAの資格が必要です。
しっかりとした知識や技術をマスターすることから始まりです。

そんな大きな夢に挑戦しようと思っている人、我々が育てます。

=====お知らせ=====
NSCA試験対策動画通信講座の申し込みはコチラ

パーソナルトレーナーコースの詳細はコチラ↓
contact01

 

当スクールは、パーソナルトレーナーの育成だけではなく、
スポーツ整体師の育成にも力を入れています。
スポーツ整体師コースの詳細はコチラ↓
contact02

パーソナルトレーナーとスポーツ整体師の両方同時に学べるコース
スポーツコンディショニングトレーナーコースの詳細はコチラ↓ 当校一番人気のコースです。
contact03

とにかくスクール見てみたい 詳しい説明を聞きたいという方はコチラ↓↓↓↓
60.40.21.13

 

パーソナルトレーナーコースの募集について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です