地方でスポーツトレーナーとして活躍する3つのポイント!

2020年東京でのオリンピック開催が決定したからか、
最近はさらに地方都市にお住まいの方々のご入学や、
資料のご請求が多くなってきました。
そう言った方々からのお問い合わせで、
「スポーツトレーナーになりたいですが、
将来地元に帰ってトレーナーとして活動できるのでしょうか?」
という不安をお持ちの方が多いように思われます。

 

地方でスポーツトレーナーとして活躍する3つのポイント

スポーツトレーナーというと、どんなイメージを持ちますか?
スポーツクラブのインストラクター、サッカーや野球などのコーチ、
体操教室の先生など様々なイメージが出来るのかもしれません。

でも僕が言うスポーツトレーナーは、より専門的で、
他の人がやっていないようなトレーナーを目指すと、やはり日本全国、
どこでも活躍できると思っています。

そこで僕がご提案するスポーツトレーナーは、トレーニングメニューが組めて、
スポーツにおける怪我の処置や、姿勢やフォームなどを見て
修正できるトレーナーです。
まして小中学生をサポートできるトレーナー。

まとめますと、

  1. ターゲットを小中学生のアスリートに絞り込む!
  2. スポーツ障害のメンテナンスができる!
  3. 姿勢・フォームなどをみてトレーニングメニューが組める!

まず対象者を小中学生に絞るだけで、
誰もサポートをしていないことがほとんど。

小中学生を指導しているコーチや指導者は、
トレーニングのことや身体のことはあまりわかっていないし、
怪我をしても病院じゃ休めか辞めろしか言われないのが現状です。

でも我々はそのジュニア期、特に成長期の子供のサポートは、
本当に必要なことだと思っておりますが、
その環境はやはりあまり整っていません。

首都圏でさえも整っていないのですから、
地方都市になれば皆無に近い状態だと思います。

僕は生まれも育ちも大阪で、この世界に入るために東京出てきて、
横浜で約20年プロとして活動しています。

3年ほど前から、全く住んだこともない北海道の函館
というところに毎月5日間行って、ジュニアアスリートのサポートを続けています。
最近では全道大会に出場できたり、
全国大会に出場できるまで成長してくれるようになっています。

スポーツトレーナーという職業の目線を少し変えれば、
トレーナーとしていくらでも地方都市でも活躍できるのではないでしょうか。
その子供たちが将来、
トップアスリートまで成長する可能性だっていくらでもあります。

でも学ぶには近くにスクールがないとか、
セミナーや講習会がないと言われます。

確かにそうですね。

東京の次は大阪、名古屋にしても福岡にしても
スクールやセミナー、講習会は激減します。

だから我々も通信講座を始めたり、
今後は情報サイトを作成し、
なるべく学びやすくしていく予定です。

でも学んだだけではプロとしては活動できない。。。

これもそうですね。

資格を取得したから終わりではないです。
やはり現場でプロとして活動できないと
資格を取得する意味もありません。

今でも横浜にある当スクールには、
北海道、東北、関西、四国、九州と
ほぼ全国から学びに来られています。

これからは当スクールの卒業生を教育し、
地方でも学びやすい環境と、
トレーニングやメンテナンスを受けたいと言う方を集めて、
紹介できるようなシステムを作っていっています。

今はインターネットがあるので便利です。

受けたい人も大勢いる、
なりたい人も大勢いる、
その人達同士がめぐり合えば
お互いが良いことなので、受けたい人と、
なりたい人を結びつけるような情報サイトを作り上げる予定です。

その前に、当スクールで1年学び、
その後現場で3,4年学び、
地元に戻って開業したいと言う方、
是非、お手伝いをお願いします!

 

当スクールがお勧めするトレーナーコース
スポーツ整体+パーソナルトレーナー
=スポーツコンディショニングトレーナーコース↓
contact03

 

この記事を読まれた方は、下記のコラムも読まれています。

◎トレーナーとしての役割

◎将来は独立開業!!

◎スポーツトレーナーとしての資格

◎NSCA-CPTを通信講座で取得

◎パーソナルトレーナーとしての資格NSCA-CPT

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です