全国からスポーツトレーナーを目指して学びに来られる理由!

こんにちは。
レエールSCTS代表の廣谷です。

先日、1年前に卒業され、スポーツ整体師、NSCA公認パーソナルトレーナーの資格を取得され、現場で活躍をされている卒業生(スポーツコンディショニングトレーナーコース卒)が、スクールに遊びに来てくれたので、色々と在校生に卒業生としてのアドバイスを頂きました。

 

Q1,このスクールを選んだきっかけは?

 

 NSCAの試験に合格できるようなスクールを探していた時に偶然ホームページを見つけ、資格試験対策だけでなく、スポーツ整体も同時に学べるようでしたので、自分の直感を信じ、ここだ!と思ったことがきっかけです。根拠はありませんが、このスクールに入れば自分の将来が良い方向にいくのではないかとビビビときました。少人数制なのもいいなと思ったポイントです。

 

 

Q2,このスクールで学んでよかった点は?

 

NSCA対策はもちろんのこと、整体も同時に学べたことが大きかったです。トレーナーと名乗ることは簡単ですが、その中で差別化を図っていくにはやはりトレーニング指導だけでなく、メンテナンスができることも重要であると思ったので、半年という短い期間ではありましたが今の自分自身の活動で引き出しを増やすことができているのはこのスクールで学んだことがあってのことだと思っています。

 

また、NSCA対策の授業ではありましたが、試験のためだけではなく、現場で活かせるような知識もたくさん学べたので、ここで学んだ全ては今の自分にとって何一つ無駄なことはありません。

 

 

Q3,現場でプロとして活動し続けるために必要なことは?

 

コミュニケーション能力!

この一言につきます。

どんなに技術、知識があってもそのクライアントさんの心を掴むことができなければ継続していただくことは不可能です。

 

 

Q4,その他、これからトレーナーを目指す人たちへメッセージを

 

日本においてトレーナーという職業は認知度が高まってきているとはいえまだまだ浸透しているとは言えません。

しかし、これからトレーナーという職業はますます必要とされてくると思います。

身体におけるスペシャリストであり、トレーニングから食事に至るまで、トレーナーとしてできることはかなりあります。その中で自分自身がどの分野で強みを生かせるのかを見極め行動していくかで今後トレーナーとして飛躍できるかが変わってくると思います。このスクールを卒業してからがトレーナーとしてのスタートになります。トレーナーとしてどれだけ大量行動できるか。知識を多くインプットしているだけが素晴らしいトレーナーではありません。考える前にまずは大量行動してみましょう。トライ&エラーを繰り返しながらトレーナーとして日々成長していけると思います。

頑張って下さい!

 

パーソナルトレーナーコースの詳細

 

パーソナルトレーナー、スポーツ整体両方がが学べる
スポーツコンディショニングトレーナーコース