© スポーツコンディショニングNEWS All rights reserved.

パーソナルトレーナーは女性でも務まるのか?

こんにちは、レエール スポーツコンディショニングトレーナーズ スクール代表の廣谷です。

当スクールは横浜市青葉区に2006年に設立し、パーソナルトレーナー、スポーツ整体師の育成を行っており、年間30名ほど、延べ300人近くをNSCAの資格試験に合格させ、スポーツ整体の技術も併せて取得させ、プロとして卒業をさせています。

さて、最近では「女性でもパーソナルトレーナーとして活動できますか?」などのご質問をいただきます。
特にこの2~3年ぐらいは女性の入学希望者も増えています。

果たして女性はパーソナルトレーナーとして活動できるのか?

当スクールでは男性と女性の入学者の割合は6対4です。
40%の人達が女性で、年代も10代から40代と幅広く、20代後半から30代前半の女性の方が一番多くいらっしゃいます。

女性のスクール生では、ヨガやピラティスのインストラクターさんとして活動されている方が多く、次は普通のOLさん、スポーツクラブのスタッフ、全くお仕事をされていない主婦の方と多岐に渡っています。

当スクールは、併設にサロン『レエール』や『スポーツコンディショニングラボ』、『コンディショニングスタジオ サンテ・ソレール』などがありますが、卒業生の方をスタッフとして採用し、現場で活動されています。

現在、併設のサロンやラボのパーソナルトレーナーの女性の割合は75%で、ほとんどが女性パーソナルトレーナです。

ちなみに当スクールは、都内のパーソナルトレーニングスタジオさんと業務提携をしており、スクール生の派遣を行っております。

ここ最近は、男性のパーソナルトレーナーよりも、女性のパーソナルトレーナーの採用を考えられていますので、当スクールからも女性を中心にご紹介させていただいております。

何故、現場では女性のパーソナルトレーナーさんが人気なのか?

併設のサロンやラボの現場では、パーソナルトレーニング受ける方の9割が女性のクライアントさんで、女性のパーソナルトレーナーさんを希望される方が多くみられます。

これは私の憶測ですが、女性誌やテレビでも骨盤の歪みや猫背、O脚など姿勢改善のためにパーソナルトレーニングを受けるという情報が多くみられるため、一昔前よりも、女性がトレーニングの興味を持ちだしたからではないかと思います。

女性の方が男性に比べて美への意識も強く、熱心にトレーニング指導を受けていらっしゃいます。

それに自分の体形等をチェックされるので、男性だと少しためらう人も多いのではないでしょうか?

あとは逆に男性のパーソナルトレーナーだと、マッチョなイメージで、怖そう、きつそうなどハードなイメージに対して、女性のパーソナルトレーナーは優しそう、気が利きそうなど少しソフトなイメージなのではないでしょうか?

現場で人気の女性パーソナルトレーナーとは?

もちろん女性なら誰もが活躍できると言うほど甘くはありません。
当たり前ですが、しっかりとした知識や技術、マナーはもちろんのことですが、専門的な知識があるだけでは人気のパーソナルトレーナーにはなれません。

長年、女性パーソナルトレーナーを育成し、現場で活動させてきましたが、現場で人気の女性パーソナルトレーナーの人気の理由を挙げてみたいと思います。

  1. 笑顔がいい
  2. 優しさと厳しさを兼ね揃えている
  3. 専門的な知識
  4. 豊富なトレーニングメニュー
  5. 聞き上手
  6. のせ上手
  7. よく気が利く
  8. 声のトーン

などでしょう。

当スクールの女性スクール生は、働きながら学ばれている方がほとんどで、社会人としての知識やマナーも大切な要因だと思います。
OLさんとして会社勤めも経験し、一般的な常識も必要だと思います。

年齢には関係なし!

よく「○○才ですが、パーソナルトレーナーになるには遅すぎますか?」とのご質問をいただきます。
上記の事が普通に振舞えるためには、私自身としては「一度社会で色々な経験を積んでから、パーソナルトレーナーを目指された方が有利かも知れません。」とお伝えしています。

最近では60代や70代のの女性の方もパーソナルトレーニングを受けに来て頂ています。

若いから有利というのは、余り現場では感じません。
NSCAの資格を取得する際、少し年齢の差で覚えるスピードの差は感じますが。(笑)

私が思うには、年齢は感じません。
幅広いクライアントさんをサポートするためには、むしろ若いよりもそれなりに年齢を積み重ねられた方の方が、クライアントさんからは頼られることが多いともいます。

専門的な知識は必要

女性であっても専門的な知識は必要不可欠です。

トレーニングの知識はもちろんですが、体の知識、怪我や病気の知識など幅広い方々をサポートするためには、幅広く知識がないとサポートは厳しいと思います。

だから当スクールはNSCA公認のパーソナルトレーナーの資格試験に合格することを目的にしています。

週2日の半年間はみっちり学んでいただき、色々な知識をインプットしてもらっています。

今後は日本も高齢化問題が益々深刻になります。
中高年から高齢者への運動指導に、ますます注目が集まります。

そんな未来の日本のためにも、女性の力だ必要だと感じています。

女性だから無理、年齢が若くないから無理とパーソナルトレーナーを諦めている方、考え直した方が良いですよ。
益々女性パーソナルトレーナーさんの期待は高まりますから。

 

当スクールは女性パーソナルトレーナーの育成も行っております。
詳しくコチラ⇩⇩⇩

NSCAの資格は通信でも学べます。
動画通信サイトはコチラ⇩⇩⇩

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

パーソナルトレーナーの資格取得後の就職先

パーソナルトレーナーになりたい! でもそのの資格取得後の就職先が心配でパーソナルトレーナーの夢を諦めてしまう人も大勢いいると思います。 …

働きながら短期間でパーソナルトレーナーの資格を取得する

働きながらパーソナルトレーナーの資格を取得したい・・・・ パーソナルトレーナーの資格を取得し転職したい・・・・ …

パーソナルトレーナーの資格だけではなく、スポーツ整体の資格も同時に取得

当スクールの説明会に参加する方のご質問で多いのが、 「パーソナルトレーナーの資格だけでは不安」や、 「NSCA公認パーソナルトレーナーの…

パーソナルトレーナーの資格取得を知識がない状態から取得するコツ

スクールに、「NSCA後任パーソナルトレーナーの資格取得を考えていますが、 今までトレーニングの事や身体の知識は全くありませんが、合格は厳…

パーソナルトレーナーの資格を取得するだけだと物足りない??

「パーソナルトレーナーの資格だけで、一生大丈夫でしょうか?」 「NSCA-CPTの資格以外に、何か取得しておいた方が良いのでしょうか?」 …

ページ上部へ戻る