整体の学校を選ぶ前に知っておきたい事

整体師になりたい。
でも整体師として学校で学んだだけでは、プロになれないのではないか?

学校説明会、メール等でのお問い合わせに、 卒業後の不安や、卒業後の就職先を教えて欲しいというご質問が、
学校説明会等に参加された方から多く出ます。

当校の考え方として、やはり技術や知識を身につけただけではプロとして活動していくには難しいと思います。
これは整体だけではありません。
もう一つのパーソナルトレーナーコースも同様です。

ではどうすればプロの整体師として活躍できるのでしょうか?

ちなみに私は、整体の学校で学んだだけで、 20年もプロとして活躍できたとは思っていません。

私は2年半、現場で師匠に指導していただき、 様々なご指導を受けてこられたからだと思っています。

クライアントさんの症状は、一人一人が違っています。
年齢も、体型も、性別も違います。

整体学校で学ぶようなマニュアル的なテクニックで、 色々な人たちのメンテナンスが出来るはずがありません。

わからないことが、現場に行くと沢山出てきます。
わからないことがわかるのが現場だと思っています。

だから当整体学校では、現場実習に力を入れています

◆当整体学校の現場への3つのこだわり◆

  1. 講師が現場で施術している
  2. 現場がそばにある
  3. 卒業後も含めて現場で学ぶことが出来る

講師が現場で施術している

私が最初入学した整体学校の講師は、 元々は現場で施術をされていたかもしれませんが、 講師をされている時は、施術を行っていませんでした。

いわゆる教えることが専門の講師です。

もしかすると、その講師は施術の技術が低く、
講師として教えるのが上手いだけなのかもしれません。

それでは正しい技術を学ぶことが出来ません。

だからこそ、当整体学校の講師は、現場で施術も行っている現役整体師でもあります。

現場がそばにある

当整体学校は、サロンとスポーツコンディショニングラボが併設されているので、講師は皆、授業以外はクライアントさんの施術や、トレーニング指導を行っています。

だから生徒さんも、現場で講師や卒業生が、どのような施術を行っているのか見ることが出来ます。

卒業後も含めて現場で学ぶことが出来る

現場が併設されているので、授業がない時間等に、現場で研修生として学ぶことが出来ます。授業以外にも、現場で講師や卒業生(スタッフ)から学ぶこともできますし、 色々と質問をすることが出来ますし、ご卒業後も1年でも、2年でも学び続けることもできます。

まとめ

当整体学校の大きな特徴でもありますが、 併設のサロンスポーツコンディショニングラボコンディショニングスタジオがあります。

授業でマニュアル化されたものだけではなく、現場で講師陣がどのようにクライアントさんに接しているかは、やはり現場を見ていただいた方が勉強になると思っております。だから希望者にはまずは各店舗の店長等との面接があり、それをクリアした方から現場で指導を行います。
厳しい言い方をすると、誰もが現場で学べるのではなく、やはりプロにふさわしい方から現場で指導をしていきます。
ふさわしくなくてもサービス業としての知識やマナーなどを教えていき、 現場で学べるように教育も行っております。

我々は専門職ですが、やはりサービス業の一環なので、接客業としての知識や技術も学んでいただいております。

現場で学ばれた方は、現場でデビューをしていただいております。
スポーツ整体師を希望される方ですと、サロンのリラクゼーション系のメニューからデビューしていただき、パーソナルトレーナーを希望される方は、NSCA-CPTを取得するまではスタジオでメインインストラクターのアシスタントでレッスンに参加していただいてりしています。
その中から評価が高かった生徒から次のステージでの研修を行いますので、徐々にプロとして活躍できる状態になっていきます。
半年や1年間学校で学ぶだけではなく、ご卒業後も現場で学びたい人はそのまま残っていただくことも可能ですので、プロになるために教育をしていきます。

ご卒業後の進路が気になる方が大勢いらっしゃいますが、プロになるためのバックアップは行っておりますので、あとはご本人が頑張るしかないと思います。その先の就職先はスポーツ整体師ですとやはり独立開業、パーソナルトレーナーですとフリーで活動している方が多いと思います。
プロになるために色々と不安な面が多々出てくると思いますが、1年と言わず、2年、3年と学んでプロとして活躍してみませんか?

プロになるためには、やはり現場で学ぶべき。

スポーツ整体コースの詳細はコチラ
contact02

 

この記事を読まれた方は、下記のコラムも読まれています。

◎整体師になりたい、パーソナルトレーナーになりたい人のためのスクール説明会

◎パーソナルトレーナーの資格だけではなく、スポーツ整体の資格も同時に取得

◎記憶に残る仕事・・・まさしくスポーツトレーナー

スポーツ整体と普通の整体の大きな違いはこれだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です