NSCA公認パーソナルトレーナーの資格を独学で取得する

パーソナルトレーナーを目指す人なら、誰もが一度は難関のNSCAの資格取得を考えると思います。

しかし、学ぶスクールや学校が少ない、独学では自信がないという方々が諦めて他のパーソナルトレーナーの資格を取得されたのではないでしょうか?

なんとか独学でNSCA-CPT(NSCA公認パーソナルトレーナー)の資格を取得したいと考えられている人のサポートが出来ればと思っております。

NSCA公認パーソナルトレーナーの資格取得は独学では難しいのか?

NSCAの資格試験に、独学で受験された方の合格率は5~6割と言われています。
ここ数年は、試験問題も厳しくなり、もしかするともう少し数字的には厳しくなっているかも知れません。

何故なら出題傾向も幅広くなってきていますし、『パーソナルトレーナーの基礎知識』の中以外からも出題されています。
しっかり理解する必要があると思います。

ただ、期間を長く1年、2年と勉強すれば合格率は上がる可能性はあります。
でも可能性だけかも知れません。
一度、ダメもとで受験し、出題の傾向を知ると、再チャレンジが楽になる可能性もあります。

でも資格を取得するためには短期で合格したいと考える方も多いと思います。

当スクールは週2日の半年間で、NSCAの資格試験にほぼほぼ皆さん合格をさせていますので、横浜市青葉区にあるスクールに通える方は、通ってくださいと伝えています。

しかし、通える方の方が少ないと思います。

スクールへのお問い合わせにも
「どんな勉強をすればいいのか?」などのご質問をいただきます。

たしかに『NSCA パーソナルトレーナーのための基礎知識』を学んでおけば大丈夫!というレベルではないように思います。
2年も、3年も学ぶ期間があるのなら独学でも資格取得が可能かもしれません。
しかし、そんな時間がない人にはあまり独学はお勧めできません。

しかし・・・・・。

NSCAの資格試験を独学で合格するためのお手伝い

同じ勉強をするのなら、やはり合格の確率が上がる勉強方法の方が勉強しがいがあると思います。

ここで当スクールの週2日の半年間で何故、難易度の高いNSCA-CPTを高い確率で合格させているのか?

NSCAの試験問題を長年分析しているからです。

ただ単にテキストに沿って教えているのではありません。
試験問題を分析し、出題傾向を把握し、オリジナルのテキスト作成しています。

それに基づいて週2日の半年間教えております。
だから全く知識がない方でも、半年間で合格をされています。

いわゆる合格のコツを知っていると言うことです。

合格のコツを知れば、自分で努力してマスターすれば、自分も合格すると思うのではないでしょうか?

NSCAのテキスト『パーソナルトレーナーのための基礎知識』はPart1~Part6まであり、全25章で構成されており、試験はこの中から出題されると言うことです。

だからコツコツと独学をしようと考える方もいらっしゃるとは思いますが、余りにもページ数が多いテキストに、まずは躊躇する人の方が多いように思われます。

まして全くの初心者の方なら特に。

NSCA公認パーソナルトレーナーの資格試験独学勉強法

独学にプラスして当スクールのパーソナルトレーナー動画通信講座をご購入いただくと。

  1. まずは『パーソナルトレーナーのための基礎知識』(別売)を読んでみる
  2. オリジナルテキスト(DVDでの解説もあり)で更に学ぶ
  3. トレーニングの実技や解剖学(付属のDVDを観る)も併せて学ぶ
  4. 試験問題(付属)でテストしてみる
  5. わからなかったところ、間違ったところを再度学ぶ

ある程度、自信がついたところでNSCAの試験の申込みを行う。

2016年4月より、NSCAの資格試験は毎日、全国で受験できるようになりましたので、自分が大丈夫だと思えるようになってから試験を申し込むことが出来るようになりました。

これでかなりの合格へ近づくと思います。
ただ努力することには変わりはありませんので。。。。

当スクールの動画(DVD)通信講座も、Part1~Part6まで分かれており、特に試験に出やすい箇所を重点的に、オリジナルテキストと、その解説DVDにまとめ上げています。

通学コースでの指導法は、Part1から教えているではなく、わかりやすいところから教えていますので、動画(DVD)も各Part毎にまとめています。

ただDVDを観ながらテキストを読んだとしても、果たして理解できているのか?と不安になられると思いますので、オリジナル問題集がありますので、問題集で理解度をチェックし、理解できていない箇所は、再度学んでいただくようにすれば良いと思います。

NSCA-CPTの資格試験では実技テストはありません。

しかし実技に関しての問題は多数出題されますし、実技がイメージできなければ問題を解くことが出来ないだけではなく、資格を取得した後、現場で指導できなければ資格を取得した意味がなくなります。

だから付属の実技(トレーニング)のDVDを観ながら、実技も学んでいく必要があります。

NSCAの資格試験が変わった!

2016年4月からNSCAの資格試験が変更になりました。

NSCAの資格試験の詳細はコチラ

以前は決められた日程と会場で試験を受けていましたが、2016年4月からは試験形式がコンピューターベースになったようなので、固定の試験日、試験会場ではなくなりました。

通学コースは東京の会場に合わせて4月から半年間学んで10月に受験、10月から半年間学んで翌年4月に受験でしたので、通学コースは今でもその流れに合わせて4月からの春クラスと、10月からの秋クラスの年2回の開催です。

NSCAの資格試験も変更になり、まさに独学で受験する人にも有利になりました。
それに全国で受験することが可能になりましたので、地方でお住まいの方はわざわざ他府県に出向いて受験する必要がなくなりました。

さあ、今までと資格試験が変わりましたので、夢のNSCA公認パーソナルトレーナーを目指してみませんか?

 

パーソナルトレーナー動画通信講座の詳細はコチラ↓
2016-09-241