© スポーツコンディショニングNEWS All rights reserved.

スポーツトレーナーを広げていきたい理由

今では『スポーツトレーナー』というと、
誰もが聞いたことがある、知っていると言う人が増えました。

しかしどんな職業なのか?知らない人が多いのが残念に思います。

実際、どんな職業なのか?
我々が育成してるスポーツトレーナーとはどういったトレーナーなのか?
何故、そのようなトレーナーを育成しているのかをご説明させていただきたいと思います。

スポーツトレーナーとはどんな職業?

スポーツトレーナーと言っても、
やはり決まりがある訳ではないので、
各トレーナーによって、多少業務内容が違ってくると思います。

ただほとんどがトレーニング指導が出来たり、
怪我の処置やケアが出来たりすることが多いです。

我々がスクールで育成しているスポーツトレーナーは、
やはりメンテナンスとトレーニング指導が出来るトレーナー

もう少し詳しく言うと、
スポーツ整体師+(NSCA公認)パーソナルトレーナー
=スポーツコンディショニングトレーナー
の育成を行っています。

ただスポーツコンディショニングと言っても、
アスリートだけを対象としていません。

スクール生には高齢者の運動指導を希望していたり、
キッズの運動指導、主婦やOLを対象とした美容や健康指導など、
人それぞれのゴールがあります。

我々が目指すスポーツトレーナー像とは?

病院でできる事と出来ない事
学校の先生ができる事と出来ない事
指導者やコーチができる事と出来ない事
スポーツクラブができる事と出来ない事

があると思います。

その出来ない事が、すべて我々のトレーナーがカバーできるようなポジションを作り、卒業生が活動できるようにしています。

いわゆるまだ誰も、どこもできていない職種です。

病院、ドクターが出来ない事

  • 痛みがあっても、X線やMRI等で反応がない症状のケア
  • 一人の人の全身調整
  • パフォーマンスアップ など

指導者やコーチが出来ない事

  • 専門的なトレーニング指導
  • 怪我の処置や予防 など

学校では出来ない事

  • トレーニング指導
  • 個別での体育指導 など

スポーツクラブが出来ない事

  • 個別指導 など

もちろんすべての病院や学校やスポーツ団体の事ではありません。

ただ、病院では治らなかったスポーツ障害や、
厳しい練習、ハードなスケジュールでの体の酷使、
体育では全てが補えない運動能力など、
今の環境では不十分だと感じています。

これからはトレーナーと言う、新しいポジションの人達が活動し、
病院や学校、スポーツ団体等と連携を保ちながら
色々な人たちのサポートが出来るようにしていきたいです。

していきたいと言うより、そうなってくると思います。

だから我々はスポーツコンディショニングトレーナーを育成し、
沢山の人達のサポートをし、幸せにしてあげたいです。

これから益々少子化問題、高齢者問題など
今までの環境ではどうすることもできない時代に突入していますので、
中間的な役割のトレーナーと言う職種を広げていく必要があります。

だから我々もせめて全国の人に学んでいただきたくて
パーソナルトレーナーの動画通信講座をスタートし、
横浜市青葉区にあるスクールに通えない人たちの育成もスタートしました。

パーソナルトレーナー動画通信講座の詳細はコチラ

contact03

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

記憶に残る仕事・・・まさしくスポーツトレーナー

いやー、今日のW杯の日本戦は残念でしたね。 今日こそ負けられない試合で、朝早くから起きて、 テレビで応援していた人も多いでしょう。 …

アスリートが必要だと思うトレーナーはこんなスポーツトレーナー

前回、アスリートをサポートする仕事に就くまでの ポイントをご説明させていただきましたが、 読んでいただけたでしょうか? 読んでいな…

スポーツトレーナーとして子どもたちの体育力を高める

こんにちは。 レエールSCTS代表の廣谷です。 突然ですが、皆さんは小学生の頃、体育の授業は好きでしたか? …

アスリートをサポートする仕事~スポーツトレーナーの資格とは?~

2020年、東京オリンピックの開催が決まってからか、 アスリートをサポートする仕事に就きたい、 スポーツトレーナーになりたいという方が増えて…

大学バスケ部の試合で選手のサポートを行ってきました。

昨日、駒沢体育館で行われた大学バスケ部の大会で 選手のサポートを行ってきましたが、 選手のサポートをどのようにしているのかを見学させるた…

ページ上部へ戻る