スポーツ整体とは、スポーツ障害を予防するテクニック

最近では駅前に沢山のリラクゼーションサロンがあります。

スポーツを長年続けているスポーツ愛好家の方や、
競技スポーツに人生をかけている人達にとって、
体の状態は常に気になるものです。

長くスポーツを継続したい
怪我を予防したい
もっとうまくなりたい
勝ちたい

などスポーツ愛好家やアスリートは
常に目標を持って日々の練習やトレーニング励んでいます。

そんな方々が、体のメンテナンスを受けるために
駅前のリラクゼーションサロンに行くでしょうか?

行ったとしても疲れた筋肉をほぐしてもらうだけではないでしょうか?

そんなスポーツ愛好家や、アスリートの体を調整する技術が

スポーツ整体』です。

スポーツ整体はアスリートの体を調整する

アスリートが最も恐れることが怪我です。

怪我をしてしまうと、酷いと競技生活には戻れなくなる場合があります。
だから体の事は常日頃から注意をしています。

食事面や睡眠も
トップアスリートになればなるほど気を使っています。

体のメンテナンスも、専属トレーナーと契約し
当たり前のように日々行っています。

では一般のスポーツ愛好家の方はどうか?

まだまだ練習のみで
体のお手入れなどはほとんどされていない方が多いのではないでしょうか?

長年、アスリートだけではなく
スポーツ愛好家の方もサポートしていますが、
体のお手入れはどうすれば良いのか?
誰に相談すれば良いのか?わからない。
などのご質問をいただきます。

そうです。

そんなアスリートやスポーツ愛好家の体のお手入れをするのがスポーツ整体です。

スポーツ整体とリラクゼーション系整体との違い

では、リラクゼーション系の技術と、
スポーツ整体の技術では何が違うのか?

授業では下記のように伝えています。

  1. リラクゼーション的な癒しのテクニック
  2. 痛みをコントロールするテクニック
  3. スポーツ障害を予防するテクニック

この3つのテクニックがスポーツ整体の技術です。

ではこの3つのテクニックご説明します。

1、リラクゼーション的な癒しのテクニック
練習や試合、大会等で疲れた筋肉等をほぐし、
ダメージを出来るだけ早く回復させるテクニック

2、痛みをコントロールするテクニック
アスリートにとって怪我は最悪です。
出来るだけ痛みが出た場合も、
早めの処置で、練習に復帰できるよう
筋肉は関節の調整を行う。

3、スポーツ障害を予防するテクニック
コラム『スポーツコンディショニングバイブル
でも説明していますが、
スポーツ障害の原因を追究し、
取り除くテクニック

スポーツ整体では身体を診る力が必要

上記でまとめたように、
リラクゼーション系のテクニックと、
スポーツ整体の大きな違いは

『身体を診る力』

です。

体の事だけではなく、
怪我の事、競技特性なども理解し、
アスリートから怪我をできるだけ予防するための技術が
スポーツ整体です。

病院でも同じです。

整形外科とスポーツ整形外科があるのと同じで、
整体とスポーツ整体があり、
アスリートの身体の調整は、
やはり専門家に診せるべきだと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です