スポーツコンディショニングトレーナーコースの詳細

まだ聞きなれないスポーツコンディショニングトレーナー。
しかし「スポーツコンディショング」と言う言葉は、少しずつ知られています。

スポーツコンディショングとは何か?

「コンディショニング」と言う言葉は、調整や調節などという意味で使います。
では「スポーツコンディショング」というのはどういう意味で使用しているのか?

アスリート、スポーツ愛好家のための体や心の調整を「スポーツコンディショング」と呼びます。

その調整するスポーツトレーナーがスポーツコンディショニングトレーナーで、当スクールでは「パーソナルトレーナー」、「スポーツ整体師」の資格を取得する人たちの事です。

スポーツコンディショニングトレーナーは、 トレーニング系とメンテナンス系の技術と知識を兼ね揃えたトレーナーです。

トレーニング系の技術は『NSCA公認パーソナルトレーナー』、 メンテナンス系は『スポーツ整体師』 を目指すスクールのコースです。

スポーツコンディショニングトレーナーの強み

まずは『スポーツコンディショニングバイブル』をお読みください。

メンテナンスとトレーニングが出来るトレーナーが 何故必要なのはご理解いただけると思います。

整体やマッサージだけではダメ、 ストレッチやトレーニングだけではダメな症状があります。

特に繰り返しのストレスで痛みが出来ているようなスポーツ障害のケースには メンテナンスとトレーニングが必要な場合がほとんどです。

スポーツ障害の原因は、不良姿勢でのオーバーワークが考えられます。

不良姿勢は静的・動的アライメント不良という意味で、 要は姿勢が悪いままスポーツを続けている方痛みが出るのです。

その痛みを取るのは安静だけでは不十分です!

それは何故かというと、 静的・動的アライメント不良の原因は、 強張った筋と弱くなった筋があり、 強張った筋肉の方に、強い方の筋肉の方に身体は引っ張られ姿勢が崩れてくるのです。

だからそれをメンテナンスとトレーニングで修正するのです。

それがスポーツコンディショニングトレーナーの役割です。

今後は更にメンテナンスとトレーニング指導が出来るトレーナーが必要になってきます。

関連コラム
今後はコンディショニングトレーナーが必要になる理由

またジュニアアスリートのサポートから行える技術も指導しておりますので、 幅広い人達のサポートをすることが出来ます。

 

スポーツコンディショニングトレーナーコースの詳細

コース内容

パーソナルトレーナー+スポーツ整体師

パーソナルトレーナー、スポーツ整体師の技術や資格を取得するコース

コースの種類

  • スポーツコンディショニングトレーナー半年コース
  • スポーツコンディショニングトレーナー1年コース

料金

  • SCトレーナー半年コース 66万円(税別)
  • SCトレーナー1年コース 86万円(税別)

半年コースと、1年コースの違いは、
スポーツ整体の期間です。

半年コースは半年間、1年コースは1年間学ぶカリキュラムです。

パーソナルトレーナーの授業は、
4月からと10月から始まり週2日の半年間学ぶカリキュラムです。

ご入学時期

スポーツ整体とパーソナルトレーナーの授業のスタイルが違うので、
ご入学時期が違う場合もございます。

  • パーソナルトレーナー

毎年4月からと10月からの週2日を半年間学びます。

  • スポーツ整体

期間内であれば、いつでも授業に参加できます。

パーソナルトレーナー、スポーツ整体の両方が学べる
このスポーツコンディショニングトレーナーコースは、
授業によっては先にスポーツ整体か、パーソナルトレーナーの授業をだけを受講できます。

例1)
3月1日に1年コースにご入学の場合

スポーツ整体:3月1日から翌年の2月末まで(1年間)
パーソナルトレーナー:4月から10月まで(半年間)

例2)
7月15日に半年コースにご入学の場合

スポーツ整体:7月15日から翌年の1月14日まで(半年間)
パーソナルトレーナー:10月から翌年4月まで(半年間)

スポーツ整体とパーソナルトレーナーの授業スタイルか違うため、
パーソナルトレーナーの授業に合わせて両方同時にスタートすることもできますし、
先にパーソナルトレーナー、途中からスポーツ整体の授業をスタートさせることも可能です。

スポーツ整体の授業は、随時スタートすることが出来ますが、
パーソナルトレーナーの授業は、全員同じ4月からと10月からのスタートとなります。

▽その他のコース▽
パーソナルトレーナーコースの詳細

スポーツ整体コースの詳細