アスリートをサポートする仕事、スポーツコンディショニングトレーナー

アスリートをサポートする仕事に就く!

学生時代スポーツをしていた人にとっては、
一度ぐらい夢見た事はあるのではないでしょうか?

最近の小中学生のアスリートに聞くと、
何人かは将来はアスリートをサポートする仕事に就きたいと夢を語ってくれます。

長年、いろいろな競技やチーム、選手をサポートしてきましたが、
やはりアスリートをサポートする仕事ってやりがいがありますよ。

でも日本ではまだまだ確立されていないことが多く、
スクール説明会に参加される方の数%の方が
トレーナーとして、一生やっていけるのでしょうか?」と
不安がられる方がいらっしゃいます。

その時はいつもこう言います。
自分がやりたいと思い続けて努力していれば、必ず大丈夫ですよ。」
しかしそこの付け加えている事があります。
アスリートのレベルを気にしないこと!

僕も大学を出て6年間、サラリーマンとして会社勤めをしてきました。
しかし30歳を前にして、これでは自分の人生、本当にいいのだろうか?
やはりスポーツの世界で活躍出来る仕事がしたいと思い、退職し、
上京してきました。

そうです、トレーナー、それもトップアスリートをサポートしたいと。。。

長年、周りの人の協力もあって、
ずっと高いレベルのアスリートをサポートしてきましたが、
2002年を境に、ここ10数年は学生アスリートのサポートを行うようになりました。

特にここ7,8年は小中学生、3年ほど前はキッズのサポートを中心に行うようになりました。
キッズ・ジュニアをサポートするようになって感じるのが、
やはりこの子供の時期からしっかりトレーナーとして運動能力を高めたり、
怪我のメンテナンス、成長期の身体や心のサポートをして行く必要だといつも感じます。

高いレベルのアスリートをサポートするのも大切かもしれないし、
そこが夢のレベルなのかもしれません。

しかしアスリートとしてはキッズやジュニアも同じことだと思います。

将来のトップアスリートを育成するのも悪くはないはずです。

キッズ・ジュニアアスリートのサポート

別のコラムでも書かせていただきましたが、
(過去のコラム『本当にサポートすべきはJr.アスリート
これからの日本も、2020年の東京五輪に向けて
スポーツの環境も大きく変わることでしょう。

その2020年、日本を代表するアスリートは、
今は競技にもよりますが、小学生から高校生ぐらいだと思います。

これからは益々ジュニアサポートの環境が整わなければ、
日本で開催の五輪で無様な結果になる可能性があります。

そんなアスリートのサポートを今から行えるように資格を取得すれば、
6年後の当東京五輪では、もしかすると代表に選ばれているかも???

そんな夢のような話も、夢でもなくなるかも?

まだまだキッズやジュニアのスポーツ環境に、
我々のようなトレーナーの存在は余り聞きません。

怪我をしたときの対処や、成長期にはトレーニングが必要になってくるにも関わらず
誰がトレーニングを指導しているのでしょうか?

 

どのようなトレーナーが必要になってくるのか?

今の少年・少女のスポーツチームや団体の練習を見てください。
まだまだ昔ながらの根性論です。

「走れーーーー!」
「集中~~~~!」
「頑張れ~~~!」

根性、努力、忍耐などの言葉が指導者や父兄の方から
声が飛び交っています。(笑)

練習内容も見ても、
ほとんどの場合が技術練習で、
体力作りとして、走り回らせたり、
腹筋、背筋、腕立て伏せです。

ストレッチ一つにおいても
ほとんど正確にできていません。

ジュニア期、特に小学5年生から、中学2,3年生
いわゆる成長期に入る子供たちは、
身体が変化し始めます。

特に身長は1年間で10数センチも伸びる時期があります。
そのタイミングで身体をしっかり保護できるような
筋力をつける必要があるのですが、
皆、同じような腹筋や背筋、腕立て伏せです。

今流行りの体幹トレーニングを取り入れているところも増えていますが、
意味が分かっていないので効果が期待できそうにありません。

それに練習漬けによる身体の疲労。

これでは壊れるのを待っているようなもの。

こんな時に我々のようなトレーナーさんが、
きっちりとしたトレーニングメニューで身体を強化したり、
疲れた身体をほぐすようにすると、
怪我のリスクは低くなりますし、
運動パフォーマンスは上がるでしょう!

そんなトレーナーが、全国にいて、
小学生時代からしっかりサポートできる環境が整えば、
将来の日本のスポーツも、より世界レベルになるでしょう。

まだまだ環境は整っていませんが、
ゆくゆくはスポーツコンディショニング(メンテナンスやトレーニング)を
受けたい全国の方と、
全国にいらっしゃるトレーナーになりたいと言う方を
マッチングさせれば双方にとって良いことだと考えています。

スポーツコンディショニングを受けたい方と、
スポーツコンディショニングトレーナーになりたい方。

我々はシステムを構築し、
全国にキッズやジュニアアスリートからサポートできる
スポーツコンディショニングトレーナーの育成を行い、
同時進行で、スポーツコンディショニングを受けたい方へ情報をご提供し、
更に近くのトレーナーをご紹介する環境を整えようと思っています。

サポートしている子供が、
将来、トップアスリートになることを夢見て、
我々も努力し続けたいと思います。

そんなトレーナーを目指しませんか?

→関連コラム
『スポーツコンディショニングバイブル』
『トレーナーとして必要なこと(原因と結果の法則)』

我々がお勧めするトレーナーとは↓↓
contact03

資料請求

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です