© スポーツコンディショニングNEWS All rights reserved.

20155/10

整体師の資格を取得するための3つのポイント

整体師の資格を取得し、プロの整体師になりたい!

でも本当になれるのか?
一生、整体師でやっていけるのか?

不安が先走り、結局諦めてしまう人がほとんど。

これは整体師の資格だけではありません。
鍼灸や柔道整復師などの学校にも、同じようなことが言えます。

昔は終身雇用という考えが当たり前で、1度入った会社にしがみついてで定年まで頑張ると言う人が多かったのですが、 会社からリストラされたり、ストレスや激務で病気になってしまったり等で、会社を辞めさせられたり、辞めたりしている人が増えています。

その後は、自分のやりたいことを仕事にする為に整体師の資格を取得する人が増えています。

ちなみに僕も脱サラ組です。
6年務めていた会社を退職し、31歳で整体師の資格取得を目指しました。

会社が嫌になったいうより、アスリートをサポートする仕事に就きたいと思うようになったので、迷いもなく退職しました。

しかし、皆さんがやりたい仕事に出会えるか?
出会えたとしても、転職する勇気がなかったり、すでに家庭を持っていたりで転職を諦めたり、
収入が減るのでは?という不安で行動できなかったりする人の方が多いのではないでしょうか?

ではどうすれば整体師になれるのか?
どのような資格を取得すればよいのか?

では整体師の資格を取得して、プロの整体師として活躍できるようにポイントをまとめてみました。

プロの整体師になるためのポイント

  1. コミュニケーション力を高める
  2. 身体を診る力を高める
  3. 現場で学ぶ

もちろん、解剖学や運動生理学など、
専門的な知識は当たり前ですが必要です。

専門的な知識があったとしても、
やはり人をサポートする仕事です。

機械を作っているのではありません!

一生、整体師として活躍できるように
20年経験してきたことをお伝えします!

プロの整体師になるための3つのポイント

①コミュニケーション力

技術や知識も大事ですが、コミュニケーション力を高めることも、
同じように重要な要素です。

もしかすると、コミュニケーション力が一番大事な要素かもしれません!

ではコミュニケーション力って何?

「聞く力」と「話す力」です。

整体師としては、クライアントさんの症状等を聞く問診に当たります。
案外、何を聞けばよいのか?わからないですよね。

それと施術も終わって最後に説明することが話す力だと考えています。

どんな説明をすればよいのか?
何を話せばよいのか?

マニュアル通りの問診や説明では、クライアントさんが満足をしてくれるはずがありません。

②身体を診る力

クライアントさんの身体は、皆さん違います。
症状も違いますし、同じような症状でも原因が違います。

だから施術方法はマニュアル化しにくいのです。

プロの整体師になるためには、クライアントさんの身体を診る力を高める必要があります。

では身体を診る力とは何か?

「静的アライメント不良」と「動的アライメント不良」を見抜けるか?

静的アライメントのチェックは、立位で行い、
右肩が上がっているとか、左の腰が前方に行っているなど。

動的アライメントは、前屈、後屈、側屈、回旋等での身体の動きをチェックし、
正しくない動きをチェックすることです。

③現場で学ぶ

問診がで来て、施術がで来ても、では満足してもらえるのか?

そんな簡単じゃないはずです。

色々な質問を受けたり、思ったほどの効果が出なかったりと、
現場は想定外な事ばかりです。

そんな時にそばにいて、質問できたり、アドバイスができる存在の人がいると成長が早いです。

ちなみに僕は整体スクールを卒業してから2年半、師匠整体院で指導を受けました。
それがなかったら、やはりわからないままでつぶれてしまっていたと思います。

現場で学ぶ。。。重要です!

まとめ

これは他でも言える事ですが、やはり資格を取得しても、
なかなかプロとして活躍するには厳しくなります。

整体師の世界も同じです。

整体師の資格を取得し、整体スクールを卒業したとしても、
プロで活躍出来るという訳ではありません。

だから簡単に答えを出すことが出来るリラクゼーション業界に入ってしまうのでしょう。

我々はリラクゼーションとは違います!
だから当スクールでは出来るだけプロの整体師として活躍できるような資格を発行し、
プロとして恥ずかしくない教育を行っています。

そこには時間もかかりますし、それなりの覚悟も必要です。

スクール生にはよく言っているのですが、
「現場でわからないことが出れば進歩です。
わからないことがわからないより、わからないことがわかったことが成長です。」
「怖がる必要はありません!」と。

でもその現場でわからない時に、わからないと言える環境と、
わからせてくれる仲間や先輩がいること。

 

最後に。

何故、あなたは整体師を目指そうとしたのですか?

安定した就職先?
給与面が高いから?
好きな事だから?

 

いやいや違うはずです。

人を喜ばせたいからでしょ。

人が喜んでいる姿を見るのが嬉しいからでしょ。

整体師だからこそ味わえる、
クライアントさんの笑顔を見ての喜び。

色々な経験を元に、
プロの整体師を育成しております。
ご興味がある方はコチラをご覧ください。

スポーツ整体師コースの詳細

 

スポーツ整体師の資格取得をお考えの方はこちら↓
contact02

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

20143/22

整体の学校を選ぶ前に知っておきたい事

整体師になりたい。 でも整体師として学校で学んだだけでは、プロになれないのではないか? 学校説明会、メール等でのお問い合わせに、 卒…

20148/2

整体師になりたい、パーソナルトレーナーになりたい人のためのスクール説明会

整体師になりたい!パーソナルトレーナーになりたい! だから学校に通いたいと思っていても、 どの学校やスクールが良いのかイマイチわかりませ…

20143/6

プロになるために、現場で学べ!

当スクールの最大の特徴でもある現場での研修制度。 スポーツ整体師としては、サロンやラボ、パーソナルトレーナーとしては、ラボやスタジオ、…

20142/15

整体師の資格を取得するためのスクール選び・・ちょっと待った!

レエールSCTS代表の廣谷です。 私は大学を卒業後、6年間サラリーマンを経て、 整体師の道を歩み始めました。 しかし、最初、都内の…

20143/10

プロの整体師になるためには

プロの整体師、トレーナーになるために! ①少人数制 ②現場での指導 この2点が、当スクールの大きな特徴と言えるかもしれませ…

ページ上部へ戻る