© スポーツコンディショニングNEWS All rights reserved.

アーカイブ:2014年 3月

地方でスポーツトレーナーとして活躍する3つのポイント!

2020年東京でのオリンピック開催が決定したからか、 最近はさらに地方都市にお住まいの方々のご入学や、 資料のご請求が多くなってきました…

働きながら短期間でスポーツトレーナーの資格を取得できるスクール

「働きながら学びたいのですが、出来るだけ短期間でスポーツトレーナーの資格を取得したいのですが?・・・」 多く頂くご質問です。 現在、…

20143/22

整体の学校を選ぶ前に知っておきたい事

整体師になりたい。 でも整体師として学校で学んだだけでは、プロになれないのではないか? 学校説明会、メール等でのお問い合わせに、 卒…

スポーツトレーナーとしてジュニアアスリートをサポートする3つの理由

こんにちは、レエールSCTS代表の廣谷です。 長年、トレーナーとして、色々なレベルの選手やチームをサポートしてきましたが、 本当にト…

マッサージでもない、整体でもない技術?!

長年、筋肉をほぐすテクニックと、関節を調整するテクニックだけで、一般人からアスリートのスポーツ障害までメンテナンスを行ってきましたが、 …

スポーツ障害の原因を追求する!

スポーツ時に繰り返しのストレスで腰や肩や膝が痛くなるスポーツ障害。 痛くなれば本当に練習を休むだけでいいの?湿布薬を貼るだけでいいの? …

スポーツ整体とは、スポーツ障害を予防するテクニック

最近では駅前に沢山のリラクゼーションサロンがあります。 スポーツを長年続けているスポーツ愛好家の方や、 競技スポーツに人生をかけてい…

20143/10

半年でNSCA-CPTの資格を取得!それも週2日間で!

パーソナルトレーナーになりたい! しかも最高峰のNSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)に。 という少しマニアック(笑)…

20143/10

プロの整体師になるためには

プロの整体師、トレーナーになるために! ①少人数制 ②現場での指導 この2点が、当スクールの大きな特徴と言えるかもしれませ…

アスリートをサポートする仕事、スポーツコンディショニングトレーナー

アスリートをサポートする仕事に就く! 学生時代スポーツをしていた人にとっては、 一度ぐらい夢見た事はあるのではないでしょうか? 最…

20143/6

不安か不満、どちらの人生を選びますか?

整体師やパーソナルトレーナーになりたい! でも現実を考えると勇気がない。 もしくは将来なりたいと思っていても、 今の仕事を辞めてスクー…

20143/6

プロになるために、現場で学べ!

当スクールの最大の特徴でもある現場での研修制度。 スポーツ整体師としては、サロンやラボ、パーソナルトレーナーとしては、ラボやスタジオ、…

プロのトレーナーになるためのたった3つのポイント

半年間、NSCA-CPTを目指して学んで資格を取得しても、1年間、スポーツ整体師を目指して資格を取得しても、半年間、メンタルトレーナーを目指…

ページ上部へ戻る